スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAXAM様 『神侠侶』についてのコメント

今日、MAXAMの「華流スペシャルサイト」の掲示板を覗いたら
ダイジェスト版についてのスレで、MAXAMさんが以下のようにコメントしていた。
「『神雕侠侶』は『射雕英雄伝』『天龍八部』と同じ仕様です。」

ってことは、完全版で日本語吹き替えと字幕の併用版!?ありがとう!

嬉しくって、後ろにいたサルに
「今度の“楊過(『神侠侶』の主人公)のお話”も、『射英雄伝』みたいに
ドラマの人が日本語で話してくれるって!」
と告げると、サルはニッタァーと笑い
「よかったぁ…!」とホッとした表情。

そうです。我が家の三仙達は皆小学生。
ドラクエ等のRPGで少しは鍛えているとはいえ、
話がややこしくなったり漢字が多いと
とても字幕では付いていけないのです。

こんな子供達がお話に集中できるのは
やはり日本語吹き替えで無いと無理です。
もちろん俳優の生の声が聞きたい方や
オリジナルの中国語のセリフの内容が知りたい方は
中国語版で日本語字幕スーパーが見たいというのもわかります。

そんな人達の両方の要望を満足させられる、字幕・吹き替え併用版。
しかも完全版なら何の文句もございません!

サル達三仙は「射英雄伝」が大好き。
その登場人物の一人・楊康の息子が続編では主人公だと聞いて
『神侠侶』をとても見たがっていたのです。
春の初めの頃、中国ではもう『神侠侶』の放送が始まっていると知ると、
「いいなぁ、中国…。」
とつぶやいていました。

なんだかさぁ、嬉しいよね。
息子がさぁ、妙な偏見を持たずに
素直に「いいなぁ」と言えること。
人間だからどの人にも長所と短所があって
その人間の集まっているのが組織だったり国だったり民族だったりするから
自ずとそれらにも長所と短所があって
個人にせよ、組織にせよ、その短所ばかりを見て偏見を持ったり
逆に長所ばかりを見て妄信するのは良くないと思っている私は
そのサルの一言がなんだか嬉しかったのです。

話は大きくそれましたが…。
ホントに「いいなぁ」と羨ましがっていた三仙には
このニュースは待ちに待っていた吉報でした。
あとは、NECOさんの動向次第です!ヨロシク!NECOさん!

comment

Secret

>銀妹へ
ザーサイ漬けてた中古なのぉ?
うぅぅ酒がザーサイ臭くなってしまうではないか…(爆)

>KOS妹へ
KOS妹のトコでもやらかしたのね、銀妹…(爆)

KOS妹へ

すまぬ、銀妹のもの凄いコメントに気を取られてしまった^^。

日本で言う韓流(恋愛ドラマ)と比べられてもねぇ。
そもそもジャンルが違うのですもの。
見る層だって違うと思うし。
ま、これからですよ^^。韓国武侠も出てきたことだし。

他所さま宅への銀姐姐のえっちぃカキコには笑えるKOS.でしたv-37

ぶほほ、すまんすまん。なんかKOS妹にも同じようなことを言われたことがあったのぉ(爆)

「乱花払穴手」ですな、わかりました!大姐
酒ガメはザーサイをつけておいた中古のを用意しました!

銀妹へ

うわぁ!!ウチのブログになんて書き込みを!?(爆)
いくら金庸老師が新聞の連載小説から身を立てたからって
こんなコメント欄にあの続きを書かなくても…(笑)。
私はともかく、銀妹Pのドラマにウチの三仙は絶対出演させまいと
ちかったどぅいちゃんでした(爆)。

私の点穴は桃花島仕込の「乱花払穴手」。
どうかね?タクレッド。この点穴は気持ちよかろう?
あ、酒ガメの用意は出来てる?銀妹♪(爆)

「洞庭玉豆○伝」の一部から抜粋

「ううっ何をする、点穴を解け!」
○乱姉妹たちは、どぅいちゃんに点穴され動けなくなったタクを見下ろしながらほくそえんでいる。
「ふ、旻妹の誘いにノコノコとやってくるとは、まだまだ修行が足らんようだな、レッドタク。さっ、早くこやつを裸にひん剥きな!銀妹 」
「ブラジャー!大姐」
阿銀は動けなくなったタクの多摩レンジャイコスプレ衣装を目にもとまらぬ早さで、ひっぱがしていった。
「さ、旻妹。こやつをよつんばいの格好にするんだ」
小旻は全裸のタクをワンワンスタイルにさせ、
「ふん、私の色香に簡単にひっかかるなんて、なんてザマだい」
と毒気を吐く。
「うぐぐ…」
屈辱的ポーズにさせられ、その上屈辱的言葉を吐かれたタクの身体は怒りに小刻みに震えている。
「さあてと、どうやって料理するかねえ…。KOS妹、カメラの用意はできてるね?フッフッフ」
洞庭湖湖畔に響き渡る○乱姉妹たちの不敵な笑い。
このあとどうなるレッドタク!次回、とぅいちゃんの「九淫白骨爪」炸裂!をお楽しみに!

どぅい姐~、携帯で見てる~?(爆)

神雕侠侶に関しては、とりあえず一安心ですね。

今日の、電車の帰りに隣のおじさんが読んでいたスポーツ新聞に“韓流に劣らぬ”みたいな文字が見えたので、絶対そうだと思い、盗み見たら、劉徳華(アンディ・ラウ)と書かれてました。あとは、字が小さ過ぎて見えなかったけど。。。
今は、いちいち韓流と比べられてしまうことが気になるけど、そんな比較がなくなるように、もっといい作品がたくさん入ってくるといいですね。

銀妹へ

携帯から「天地都在我心中」が流れる。
ブログにコメント投稿があった事を知らせるメールだ。
ふむ…この時間帯は…?銀妹に違いない!
と、思って見たらやっぱり銀妹だった^^。

ウチの三仙…そうっすかぁ?
ま、淫行大使になるなという事と、
プロデューサーになっても玉ニギニギしながら出演するなと
いう事は、母からよぉく言っておきましょう!(爆)

未来の友好大使に乾杯~!
何年後にかは、三仙ちゃんたちが武侠ドラマの俳優か制作者として中国にいる予感がいたしますだす。

fince兄へ

そう、良いものは「良い」、好きなものは「好き」と
素直に言えるのが一番です。言う方も聞く方も。




金庸自身、日本に対しては忸怩たる思いはあったが、戦後日本を訪れる度に日本が好きになった、とコメントしている。
作品の中でも、どっちが良くてどっちが悪い、みたいな書き方は殆どしてないしね。

きちんと読んで欲しいね。

sakasaiさんへ

NECOさん自体はまだ沈黙を守っていますが、
MAXAMさんが、こう言った以上良い方向に向かっているのでは?
と、期待度大ですよね^^。
早くNECOさんからも朗報が聞きたいなぁ。

NOBさんへ

これからの子供達が、どれだけ偏見を持たずに
アジアの人達と向き合えるかは私達大人の態度によると思うのです。
偏見を持った親がいる家庭で育った子供は
やはり偏見を持ってしまう事が多いですから。

自分自身も至らぬ点は多々あるのですが、
ココの所は我が子にもそう考えて欲しいと思い、
手本となりたいと思います。
とりあえず、身近な所で武侠から^^。(コジツケって言わないで^^)

武侠はアジアを救う! だよね。
NECOさんの武侠復活にハイテンションです。
イ~~ヤァ~~~!!

本当にそう思います。
先日の記事で日本に興味を持つ中国人と、中国に興味を持つ日本人という話題をしましたが、昔と比べればマシにはなっているものの、やはり未だに民族の違いや過去の歴史のしがらみに囚われつつけている方たちもいるわけで。

おそらくそういう方たちに今更何を言っても馬耳東風になると思いますが、そういった偏見を捨て、素直に互いの良い部分を見つけて分かり合えないものなのかと。

娯楽文化にそういった政治問題を持ち込まないで、素直に楽しめればいいのにな。難しいものですね。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。