『偽装者』鑑賞終了

『瑯琊榜』がものすごく面白かった事もあって、同じキャスト(スタッフ?)で作られた
『偽装者』も見てみる事にした。


<以下ネタバレ有り>



時代は『瑯琊榜』とはうって変わって日本軍が侵攻している頃の上海。
上海では日本軍と国民党と共産党がそれぞれ入り乱れてる。
で、明家の三兄弟が活躍するお話。

今回も胡歌が演じる明台が主役なんだけど個人的にはこのドラマの主役は
明家の大哥の明楼だと思う。ホントお疲れ様な人でした。
いつも先の先まで読んで計画を立てて途中で起こるいろんな事態に対処し
時には自ら動いてサポートする。
明台なんて大哥の手のひらで暴れる孫悟空のようなモンです。
外でも家でも気を抜けない状況。一番心を許している家族でさえ欺かなければ
ならない日常。そりゃあ頭痛もするよ。

阿誠も明台も大姐の下で愛情深く育てられたおかげでホントいい子に育ったけど
あんだけ兄弟無双が出来るほど優秀な人材になったのは大哥のおかげかもしれない。
阿誠なんか母親に虐待されてたわけですよ。今時の刑事ドラマなら歪んで犯罪者に
なってしまいそうな環境で育ったわけですよ。
それがあんなに立派に優しい立派な子になって…。
血の繋がってないこの三兄弟がとにかく全員優秀で精鋭で本当にすごい。

対する敵方の大日本帝国の軍部なんですが、
さすがに一昔前の香港映画に出てくる忍者みたいな喋り方はしませんでした(笑)。
「いなどぅまぎぢ(稲妻斬り)だ!」とか「ばかやどう!(馬鹿野郎)」とか
手に汗握るような喋り方はなく実に流暢に話しておられました(笑)。
南田洋子に中田英樹とか思わず吹いてしまうようなありがちな日本名で
明台も小野三郎クンに成りすましたりしてました。明台は日本語も上手かった!
もちろん吹き替えなんですがいやぁすっげぇ!ただし名古屋弁は学ばなかったようです。
大丈夫です!日本映画でも地方が舞台でもたいてい標準語で話してますから!(笑)
余談ですが『海難なんちゃら』って和歌山の太地が舞台の映画の予告編を
どきどきしながら見てみたら何のことはない標準語で話してました。
当時の和歌山弁なんかまんま再現してたら字幕必要になりそうなんで当然ですがw
(日本各地の大スクリーンで「でんぶでんぶ!」と叫ぶ姿をお見せしたかったw)

とにかく明家の大哥はすごい!カッコよくて知的で聡明で強い!



唯一惜しいのは『瑯琊榜』と比べられてしまう事かなぁ?
時期的に続けて見たのでどうしても比べてしまうんだよねー。
でも単体で考えたらものすごく面白いドラマでした!

comment

Secret

匿名のお方へ

はじめまして!

私が見た偽装者は中文音声中文字幕のモノでした。
残念だけど日本語版が出たという話はまだ聞いてません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪