スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しかった反動で…

9月の栃木県は上旬中旬と毎日毎日雨でした。
しかも仕事的にも忙しかったので曜日感覚も無くなってました。
やっと落ち着いた下旬に入り反動で映画を何本か借りて見てみました。

<以下ネタバレ有り>




『激戦』
これは気になってたドラマです。劇中の大会はボクシングなのかと思ったら
総合格闘技の話だったんですね。
張家輝(ニック・チョン)好きな私はそれだけで気になる映画ではあったんだけど
日本人として面白いなぁと思ったのはまず若い弟子が挑戦して敗れた後で
おっさんな師匠が出て行って勝つ、って展開。
日本の映画やドラマなら話の展開はまずこの逆パターンでいくでしょうね。
老いて見も心も枯れかけたおっさんの望みを若い(イケメン俳優な)弟子が
叶えてやる。みたいな。なんていうか興業的にもアイドル至上主義というか
若い方が良いに決まってるみたいな鉄板展開になりそう。

そんな先入観があったので中盤弟子が敗れた時は「あれ?でこれからどうなるの?」と
不思議に思ったんだけど、こっからおっさんが奮起。弟子の為というより
自分の為に立ち上がる事で間接的に弟子に背中を見せるというかまた再起の力を
与えるイケてるおっさん本来の魅力を描いていました。
戦い方もまた老獪というかちゃんと伏線張ってたんだwとニヤリと出来るモノでした。
『侠骨丹心』のラストとかでも見られるように武侠だったら師匠最強!みたいなノリは
普通に「そらそうやろww」と思える展開なんだけど現代劇で見るのはとても新鮮でした。
香港版『ロッキー』とか言われてて確かにそういう一面もあったけど
なんか心温まる好い映画でした。私は好きです、この映画。
でも本編ラストのラストは弟子をしばき倒してもいいと思いました(笑)。


『魔警』
これも張家輝が出てる映画。でも主人公は呉彦祖(ダニエル・ウー)。
完全にイッちゃってる警察官が主人公な映画でした。
これはねぇ、私的には見た後の爽快感はゼロですな。
ま、爽快感を求めて見る映画ではないのでいいんだけど(笑)。
サスペンスの要素もあるので細かいネタバレはしないけど
ラストで謎が解けてもちっとも喜べないし誰も幸せになってない。
見終わって「はい!次(の作品)!」と余韻にも浸りたくない映画でした。
サイコサスペンスとしては面白かったのかな?
いや、なんとなくそこは弱かった気がする…な映画でした。


『宗師』
蔡李佛拳の創始者(の1人):陳享(もう1人は張炎)のお話。
劇中では全てを習得して師匠に下山を許されるところから話は始まります。
で、ホント何年かぶりに郷里に帰ってみると家はなくなってるは(富豪の倉庫に
なってた)父親は死んでるは廃墟同然のところに母親が住んでるはで
街の様子もアヘンまみれになっていて横暴な外国人が幅を利かせている
そんな状態で、親戚のおじさん達が始めた郷土を母国を守ろうと運動に
身を投じていくわけです。
清朝の親王が主催した国際武術試合で勝ったために清朝にスカウトされるも
断ったために親王の逆鱗に触れ家族や身内が人質に取られるのを救いに
行くんだけど…。
毎回思うんだけどなんで親王とか殿下とかあんなに武術強いの?(笑)
ま、たいがい最後は主人公に負けるんだけどそれにしてもあんなに強いモンかなぁ?
暇だから?皇太子以外暇だから?(笑)にしても下手に打ち勝っちゃったら
殺されそうな環境で教える方も練習相手もそんなに当たり強く出来たのかしら?
『笑傲江湖』冒頭の林平之くらいがオチじゃないかと思うんだけど
毎回軽く中ボスは超える強さで出てくるよねぇ?

あとこういう映画見てふと日本の時代劇振り返ると日本じゃ「他流試合は御法度」って
禁止されてるのをよく見るけど武術全体の発展を考えた時にそれはどうなのかなぁ?
って思うことがあります。もちろん文化や政治的な意味で状況は違うから
どっちが良いとか悪いとかわからないけど。
私の勝手なイメージとしては、日本の武術(武道)ってストイックに己を精進する事に
重点置いてて周りとは隔絶した境地に達するために(精神的に)内に内にって感じで
本当に内の内まで潜っちゃうと周囲がどうであろうが自身はそれに影響されずブレない、
みたいなところを目指してて
中国の武術って鶴拳とか蛇拳とか太極拳とか自然と一体化する事に重点置いてて
外に外にって感じで本当に外の外まで広がっちゃうと己が空っぽ(虚ではなく)になって
空っぽだから何でも入る(けど空っぽ目指す)っていうブレなさを目指してるのかしら?

きっと本物の武術家の方が読んだら呆れて失笑しちゃうかもしれませんねw
見るに堪えないので一言と思う方は是非誤りを指摘してご教示ください。


『モンキーマジック』
甄子丹(ドニー・イェン)主演の西遊記。
豪華共演で周潤發(チョウ・ユンファ:玉帝)、郭富城(アーロン・クォック:牛魔王)、
何潤東(ピーター・ホー:二郎神)。   以上!

え?それだけかって?
あ、あー…『月下の恋歌』の東方不敗役の女優さんが鉄扇公主やってました。以上!


『道士下山』
これはDVDではなくNETで見ました。
ホンっと世間知らずな同士が下山を認められて見識を広めるために
下界の街に下りてくるんだけど…。
主人公の人の好い世間知らずな道士は王宝强(ワン・バオチャン)。
こっちも豪華共演。林雪(ラム・シュー)おじさんも出てます!
元華(ユン・ワー)おじさんも出てます!
林志玲(リン・チーリン)も出てます。
しかもこっちの郭富城はカッコよかったよぉ!(笑)
ただ張震(チャン・チェン)の登場の仕方はやめてほしかった!
白薔薇理髪店を思い出して吹いてしまったのだ!(笑)
無垢な心を持った若い道士が煩悩にまみれた俗世留学(的な)をして
山に帰っていくまでのお話です。善い所も悪い所も見て感じて体験して
山に帰る頃には一回りも二回りも成長しているのです。
送り出した師匠もきっと満足してくれるんじゃないかなぁ?
そんな映画でしたw これ地味に好い映画だと思います。

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。