TBテーマ「お勧めの本」 その2

え~と…もう一つあった…。お勧めの本。
「ビビを見た!」と「黒イヌ家具店」です。
著者はどちらも大海赫。
ハッキリ言って児童文学です。

でもね!ただの児童文学ではないんです!
シュールなんです。不条理な独特の世界観があるんです。
彼は本分だけでなく、挿絵も描いていますが
その挿絵もまた怖いんです。なんかおどろおどろしいんです。

「ビビを見た!」

目の見えない主人公はある日突然目が見えるようになります。
がしかし、同時に今まで目が見えていた人達全ての目が見えなくなり…。
街中が大混乱に落ちる中、急に目の見えなくなったママを連れて
主人公は電車に乗り込むのですが、その電車を追いかけて
謎の巨人が迫ってきます。
なぜ巨人は追いかけてくるのか?なぜ怒っているのか?
半ば絶望と焦燥の電車内で、
主人公はビビと出会います。

果たして主人公はママを守れるのか?
ビビッて一体何者なのか?

たしか著者の処女作と記憶していますが間違っていたらゴメンなさい。


「黒イヌ家具店」

小学校の時に読んで、
滅茶苦茶怖かったのを覚えています。
挿絵と描かれた世界観が怖かったんです。
お話自体も怖かったけど…。

主人公が椅子を買いに「黒イヌ家具店」にやってきます。
すごく人気のお店だそうで。
主人公はそこのお店で素晴らしい椅子を手に入れます。
まるで生きているような素晴らしい椅子…。

しかし、とある少年に出会った時から
主人公に巣食っていた妙な感覚が疑惑へと変わります。
生きているような椅子…。
消えた少年と出来上がったばかりの新しい椅子…。
まるで少年の華奢な足に似た脚を持つ小さな椅子…。

実はそこの家具店は人をサラって
地下で人を椅子に変えて、それを売っている恐ろしいお店だったのです。

恐ろしい事実を知った主人公に家具店の魔の手が伸びます。
交番に行っても、子供の言う事などお巡りさんはまともに聞いてくれません。

主人公はどうなるのか?
家具店によって変えられてしまった椅子達の運命は?


大人になって読み返してみましたが
シュールで不条理な大海ワールドは全く色あせていませんでした。
大人が読むに耐えうる逸品です。

comment

Secret

fince兄へ

ご忠告ありがたいのですが…。
自分が借りたついでに既に読み気かせてしまいました(笑)。

この作者はクリスチャンかな?と思う話もあるのですが、
とにかく不条理さでは他の追随を許さない強烈な個性を放っています。

江戸川乱歩の人間椅子みたいだねぇ。
人間って出会って衝撃を受けたものにかなり影響受けるからねぇ。

三仙達に変なモノ見せちゃ駄目よん。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪