スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シャングリラ』の後は、くじらさんと蛙♪

『シャングリラ』鑑賞のあとで、携帯で電話をかける。
「あ、くじらさん?今終わりましたぁ♪」
そう!くじらさんと落ち合う約束をしていたのです!



「はぁい!私は今、渋谷駅前の喫茶店にいます。
今から店を出るから…そうねぇ…渋谷ハチ公口の交番前に来て♪」
「了解!」

オーチャードホールを出た人の流れに混じり渋谷駅へと向かうどぅいちゃん。
しばらくしてハチ公口の交番前に到着。
周りを見回すがくじらさんとは初対面なので誰がくじらさんだかわからない。

「今、交番前に着いたよぉ。で、くじらさんは何処にいるの?」
「大丈夫♪私はどぅいちゃんがわかるから♪」

えぇ~~!?会った事もないのに何故私がわかるの!?
それからくじらさんに会うまでの数分間は私にとって初めての不思議な体験でした。
人と会うのに、相手は私を知っていて私は相手を知らないんだよ?
くじらさんは何処から現れる?
右からか?左からか?正面からか?背後からか?はたまた上からか?(笑)
周囲の女性を全員くじらさんかも知れないとチラチラ見回す。

よくサスペンスモノの映画やドラマで、
“自分を狙う謎の人物を追っていて雑踏の中で周囲を見回す主人公…”
なぁ~んていう場合の主人公の心情はこんな感じだったのかなぁ?なんて
思いながら彼女を待っておりました。
もちろんくじらさんは私を狙っているわけではなく、一緒にお茶する予定なんですけどね♪

ほどなく一人の女性がにこやかに手を上げて近づいてきました。
おぉ!くじらさん!はじめまして!
でも、会ってしまうともう、はじめましてって気がしない…(笑)。

「さて、これからどうしようか?」
「くじらさん、私のわがまま聞いてくれる?」
「え?いいよ。」
「あのね、東京に来たら行きたかった店があるんだけれど…」
「そうなの?」
「あの…蠍とか…食べるの平気?」
「…?うはは!大丈夫だよ!」
「ほんとう?アリガト♪じゃあ、それ食べに行こう!」

というわけで、蠍を食べに池袋へ(笑)。
携帯のナビで店の場所を確認しながら歩いているとくじらさんが声をかける。

「見て!蒙古火鍋だって♪そそるねぇ?」
「おぉ!!ホントだ!そそられるぅ!!」

なんと、蠍のお店はその蒙古火鍋の店の隣のビルにありました(笑)。

少し後ろ髪を引かれながら蠍のお店に入る二人。
店に入り、早速蠍を注文。

「すいません。今は蠍がきれていまして…あと2週間くらいは入ってきません。」

えぇ~~!?せっかく楽しみにしてたのにぃ!?残念!
仕方がないので、蛙とかんがるーと野うさぎを食しました(笑)。
100319_1744_01.jpg
気が済んだら、さっきの火鍋がどうしても気になる…。

「さっさとこの店を出て、隣の火鍋を食べない?」
「いいよ♪」

私のわがままを快くきいてくれたくじらさん。
さっそく会計を済ませ、そそくさと隣のビルへ。
火鍋の店に入ると、濃厚な香りが鼻腔をくすぐる。

「うぅ~ん!いい匂い!」
100319_1838_01.jpg
三種類のスープが一度に楽しめるコースを頼み、やっと一息。

くじらさんは、さっぱりとした姐御肌なタイプの気持ちの好い人でした♪
2年前の『シャングリラ』も見に来られたそうです。
私が買ったパンフレットを見せると、
前回公演の時より凝った可愛い作りになっていると言ってました。
そこでお互いの話や、部屋の皆の話等で会話が弾みました。

そろそろ私の帰りの時間が迫った頃…何気にメールを見るとたくいたから…。

「今日も回転寿司に来ています♪(byたくいた)」

ほほぉ?今夜はこっちもいつもと違うんだゼイ♪

「こっちはくじらさんと火鍋してるんだヨン!」
「え?どういうことですか?くじらさん、いてはるんですか?」

何を思ったか、ふと思い立ってたくいたに電話をかける。

「あ~…もしもし~…」

…? お前、酔うてるやろう?(笑)

「もしもし?今、くじらさんと火鍋を食べてるねん。」
「ホンマですかぁ~…?何処にいてはるんですか?」」
「今は池袋。今日な、梅姐さんの『シャングリラ』見てきてん。」
「くじらさんと?」
「くじらさんは、明日見るねん。」
「へぇ~~~…こっちは今日ぬまぬまクンと宇治観光してました~♪」

ほぉ?マヌマヌは私から逃れて弟子のアンタにつかまっとったんか(笑)。

「くじらさんにかわるね!」

私の携帯を受け取ったくじらさん。しばらく会話していたが、
だんだん怪訝そうな顔になり首を振りながら私に携帯を返す。

「何を言ってるのか、わかんない…」

酔っ払いのグダグダ口調に判読不能になったらしいくじらさん。
しゃきっと喋ったれ!たくいた!(笑)
店を出ながら、まだたくいたと話していると

「すいません…。先に謝っておこうと思います~」

え?何が?

「僕…今日、どぅいちゃん一家に暴言を吐いてしまいまして…
怒られる前に、先に謝っておこうと…ハハハハハ!」
「へぇ~楽しみやなぁ…(微笑み)。家に帰ってからゆっくり見るとするわ…」

そうこう言ってる内に、終電接続の電車の時間が迫る。
駅まで急ぐどぅいちゃんとくじらさん。

池袋駅といえば、数年前の大幇会ではホームを間違えて
終電に乗り損ねた因縁の駅。今度こそ正しい電車に乗らなければ!

一度また違うホームの階段下まで行ったものの、
ここは気が付き取って返すとすぐに正しいホームへの階段を見つけた。

ほんの少しの間でしたが、ここでくじらさんとはお別れ。
「間に合いそうで良かったよ!またね!」
くじらさんはそう言ってくれました。
私の我がまま放題な数時間でしたが、快く付き合ってくれてありがとう!

無事に終電の東北本線に乗り換えることが出来て、
ホッと帰路に着く、どぅいちゃんでした♪

comment

Secret

くじらさんへ

こちらこそ、我が儘放題の私に付き合ってくれてありがとう!

え?そうだったの?スープかなぁ?
でもあれだけ煮えてたらアルコールも飛ぶような…?
私は盛ってませんよ!(爆)

ホント、もっとお話したかったなぁ!
好!リベンジ蠍!(爆)

No title

忙しい合間をぬって美味しい食事(前菜?笑)一緒してくれて
ありがとう^^

なんかスープなのかウーロン茶?にお酒が入ってたようで
最後の方はなんかボー としておりました。

もっと色々な事お喋りしたかったです。
リベンジ~蠍!!(爆)

kos.妹へ

蠍は以前小さい唐揚げを一つ食べましたが以外に美味しかったのよ♪
蛙もささみの様な食感だと噂に聞くとおりサッパリして美味でしたよ。

>マヌマヌ
友人達との旅行から帰ってきてすぐに弓道の試合に入賞し、
そしてまた大阪まで梅姐さん見に行くのねぇ。
ホント、素晴らしく軽いフットワークだね^^。
軽功の腕を上げたようで何よりですわ♪(笑)

迷子さんへ

私も不思議に思っていたら、
「どぅい門」のコミュで写真を見たからだそうです。
なぁるほど!(笑)

こちらは全く面識がないのに相手は私を知っている…。
「芸能人ってこういう感じで声をかけられるんだなぁ…」と
珍しい経験をさせていただきました♪(笑)

>しかし~~初対面の人と行く店ですか
あはは!ごもっともで…(苦笑)。
なかなか東京に出向く機会がないので、
わがままを聞いていただきました(テヘッ♪)。

味はねぇ、蛙は美味しかったよ♪
かんがるーは少々硬かったです。
野うさぎも美味しかったよ。
ただ、かんがるーもうさぎも普通に肉だったので
特筆すべき点がなく書くのを忘れた。

No title

うわ~、いいなぁ。
楽しそう。
でも、私は、蠍も蛙も無理かも。。。
兎の頭は、そういえば、成都旅行でたべたなぁ。。。

関西も、今週の土曜日に見に行きますよ!シャングリラ。
そして、まぬまぬも来阪。元気だなぁ~、若者は(笑)

No title

う~~ん、やっぱり初対面でも一発で見つけられるんだv-290

しかし~~初対面の人と行く店ですか
蠍に蛙~~
蛙はおいしいけどねw

うん?味はどうだったのか書いてないけど・・・

とにかく火鍋はおいしかったのねw

しかし、どこまでタイミングの悪いTI氏~~v-288
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。