『連城訣』 チョコっと鑑賞  「母ちゃん、血刀老祖も言ってるよ!」

実は、『連城訣』が届いた日はバレーボールの練習日…。



仕事を終えたどぅいちゃん。職場の駐車場で佐川からの電話を受ける。
「え?不在?ええ…明日にでも来てください。」
と、答えて帰路に。しかし走り出してすぐにMAXAMさんからだったと気付く。
自宅脇に着き、すぐに電話。「すみません!やっぱ今日中に!!」
代引きゆえお金がないと受け取れない。金が無い。
「え?今すぐなら再送可能?じゃあ!今すぐでいいです!!」
で、私は銀行へ猛ダッシュ!軽功使って銀行から折り返し、
車を降りたら、宅配便の車が着いた…。

兄貴のDVDを胸に抱いていそいそと帰宅。
速攻DVD-BOXを広げて、前回の記事のような事になったのだが…。

さて…と、時間を見ると、もうあと数十分でバレーの時間…。
ええい!!兄貴だけでも!!!

兄貴登場のシーンから鑑賞開始。

それは、サル曰く「学習の足りない男」狄雲が、
何にも知らずに血刀門の僧衣を着てしまったことから誤解され、
脚を折られるわ、強姦魔だ殺人鬼だと責められるわ困惑している所からです。

屋根の上からひらりと表れた兄貴!!
ピンチの狄雲を馬に乗せて逃走!

「ほらぁ!!自分が見たこともない新顔の弟子でも、
血刀門下のヤツだと思ったら、助けに来てくれるのよ!!良い掌門よ!!」
「はぁ…(ため息)」(by三仙)

その後、どっかの岩場まで来た血刀老祖と狄雲と水笙ちゃん。
馬から下ろした水笙ちゃんを見てとてもご機嫌な血刀老祖。
「ホントにいい女だ…。練功を練ってからたっぷり楽しもう♪」と
岩の上で修練タイム♪

「ほら!どんなに楽しい事があっても、修練を忘れない血刀老祖!!
ゲームばかりやってて宿題しないアンタ達!!見習いなさい!!」
「はぁ…(ため息)」(by三仙)

で、逃げようとした狄雲を勘違いからますます気に入る血刀老祖。
こんな所がお茶目さん♪
折れた脚だって継いでくれました。
しかも、「お前も頑張れば6代目掌門に慣れるぞ!」と激励。

「ほら!目下の者にも優しい血刀老祖!励ましてくれてるのよ!」
「はぁ…(ため息)」(by三仙)

ところが落花流水が来たので、ひとまず逃走する三人。
とりあえず逃げおおせて、食事をするのに飯屋に寄るんだけど、
脚を負傷中の狄雲が馬から降りる際にまるで息子を下ろしてあげるような
自然な感じで受け止めてあげる血刀老祖。

「ほらほら!見た!?優しいでしょう!!
まるで息子を下ろしてあげるみたいに自然な感じだったでしょう?
素敵だわぁ!!!カッコいいわぁ!!!」
「……………母ちゃん、バレーの時間だよ。」(byブタ)
「へ?あ、ホントだ…!あぁ…でも、もうチョッと…」
「母ちゃん、血刀老祖も言ってたよ!練習が先!!」(byブタ)

チッ!こりゃ、一本取られたゼイ!!

そんなわけで、ニヤニヤ笑っているサルとウリを恨めしげに横目で見ながら
私は鑑賞を中止して、バレーの練習へと出かけたのでした…。





っつうか、血刀老祖って大悪党なのに、良い子にとって
ためになるような行いをしている気がするんだが、なんでだろう…?
とっても善人なのに、良い子は真似しちゃイケない丘処機の顔が浮かんで
ちょっと笑ってしまいました!(爆)

tag : MAXAM 武侠 金庸 連城訣 血刀老祖

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪