外国映画の日本版タイアップ曲は嫌い

最近、外国映画の宣伝TVCMを見ていて思うんだけど、
なんか日本版テーマソングとか言って
やたらタイアップの曲が流れているのが目に付く耳に付く鼻につきます。






『ドラゴンボール』 → 浜崎あゆみ
『赤壁(レッドクリフ)』 → alan
『投名状(ウォーロード)』 → THE ALFEE

等々…

いえね、各ミュージシャン・歌手の方が嫌いとか駄目とか言ってるわけではないんです。
映画のCMで初めてその名を知ったalanは
私にとって未知の歌手だったし中国映画に中国人歌手ということでさておいて
浜崎あゆみは、人気のある歌手だし、
THE ALFEEは『メリーアン』の頃から聞いています。
名曲も数多く出した素晴らしいミュージシャンだと思います。

でもねぇ…。それとこれとは話が違うんですよ。
外国映画にタイアップで曲が流れるってことに抵抗があるんです。
日本版テーマソングだか、イメージソングだか知りませんが
なんかこう、私個人は気に入らないんですよね。

一番思い出深いのが『女帝(エンペラー)』の宣伝TVCM。
ご存知の通りチャン・ツィー主演の中国映画です。
CMを見る前からその映画の事は聞いていたので少し興味があり
CMに見入ろうとしたのですが…
流れてきたのはユーミンの歌声…。

『女帝(エンペラー)』 → 松任谷由美

思わず「はぁ~る~よぉ!遠きはぁ~るよぉ~♪」と口ずさみそうになった!
そして、以前この歌がテーマソングだった橋田寿賀子自伝ドラマを
イメージしちゃいました…(爆)。
おかげで今をときめくチャン・ツィーの顔が泉ピン子に見えそうになった…(爆)。

松任谷由美だって、嫌いなわけじゃないんです。
荒井由美の昔から数々の名曲を歌ってきた凄い人です。
私が小さい頃から母が8トラックで繰り返し聞いていました。
『卒業者真』や『瞳を閉じて』の昔から好きな歌手です。

でもねぇ、やっぱりそれとこれとは話が違うんですよ。

個々の歌手・ミュージシャンとして楽曲を聞く分には良いのですが、
なんで全く関係ない外国映画に彼等(彼女等)の楽曲を乗せるんでしょう?
イメージソングとかテーマソングとか銘打ったって
結局商売上安易にくっつけた感がモロ出ていてガッカリします。
だって映画のイメージには、やはりオリジナルのサウンドトラックの方が
一番合っていると思うからです。
前述のalanもそういう意味では中国語の歌詞の方が違和感なかったかも。

NECOさんが以前『神侠侶』のEDで劉亦菲の歌を使用していましたが
まぁ、彼女の場合は歌手としては日本では未知であったことと、
日本語歌詞ではあったものの彼女が主演するドラマだったことから納得しました。
でもやっぱり『江湖笑』の方がEDとしては好きだし、合っていると思います。

とにかく気になっていた映画だって、前述のようなタイアップ曲が流れた途端
なんだかガッカリしてテンションも急落、映画を見る気も喪失。

日本で人気のある(または売り出そうとしている)歌手をくっつけたら
映画の興行成績も上がるだろう(宣伝もしやすい)という目的なんでしょうが、
私にとっては全くの逆効果になっています。
あ、『ドラゴンボール』に関しては何をどう付けようが最初から変わりません(爆)。

今TVでCMやっている米国映画『天使と悪魔』にはタイアップはないんですねぇ?
トム・ハンクス主演のこの映画の宣伝には必要ないわけか…(笑)。
あれ?今気付いたんだけど、これって日本語だ…?

『女帝』や『赤壁』、『投名状』で特に前の2つなんかはわかりやすい漢字表題なのに
何故か横文字邦題をメインでつけるんだよねぇ?
そのくせ元々横文字タイトルの米国映画は逆に日本語変換するのね…?(笑)
そんなに横文字好きならそれこそ米国映画はそのままつければ良いジャン。

こうしてみると、タイアップがくっついている外国映画は、中国映画か『ドラゴンボール』。
つまり、配給会社から見て日本でそのままでは興行収入があまり見込めないと
判断された作品だということですかねぇ?
ハリウッド映画じゃないからとか、とてつもなくどうしようもないとか…(爆)。
なんかセットでくっつけないと見に来てくれないと心配なんでしょうね。

今なら逆にハリウッド映画にタイアップ曲つけた方が有効かも知れませんよ?(笑)

comment

Secret

蓋儿へ

>作品に対するイメージをブチ壊しにする様なケースも多々有りますが…
そう。多すぎるのよ。
なんかねぇ、作品を大切にしてよく練った上でのアレンジならまだしも
安易に取ってつけてる感がみえみえなのでぶち壊しになるんです。
運が悪いんじゃなくて、人(売る側の姿勢・質)が悪いんです。

誰かが声を上げないと伝わらないこともあるでしょう?
声を上げても伝わらないかも知れないけれどね^^。
これから作品を手がけようとしている人が
少しでも気に止めてくれることがあれば、と思っているのです。

>師父のは、ただ愚痴っぽくていけねえや…
アハハ。
「ムカつくんじゃ、ボケェ!アホ!カス!鼻クソ!」って書いたって
なんのことやら読む人がさっぱりわからないでしょう?(笑)

まぁまぁ…

師父、落ち着いて下さいよ。
海外の映画を、ただ日本人向けにアレンジメントしているだけなのに…
要は、より印象付ける為のタイアップな訳ですしぃ…
原題と邦題の兼ね合いだって、大人の事情…と言うより、日本人が解り易いタイトルを着けているだけなんですよ?
そりゃ、作品に対するイメージをブチ壊しにする様なケースも多々有りますが…それはそれ。
ただ運が無かっただけっすよ…
天使と悪魔にしたって、原題のまんまじゃインパクトに欠けるし、第一、字面が悪いんすよ?
まあ、自分の慣れ親しんだ物以外、全て否定的に捉えるのもどうかと…
江湖の人間が、いちいち細かい事を気にしてどうするんです?
どれだけ文句並べた所で、側に立って考えてみれば、そんなに腹も立たないはずなのに…
まあ、こだわるのは大事と思いますけどね…
師父のは、ただ愚痴っぽくていけねえや…

くまんちゅうさんへ

>EDのせいで台無しじゃあ~~~
ぎょええ!?もしや最悪の事態がEDに!?
『投名状』の世界から一気に『星空のディスタンス』?
勘弁してくれぇ~~~~!!!

やっぱDVD出るの待とうかなぁ…。
高いお金払って最後の最後がそれじゃあ、悲しくなるモンねぇ…(汗)。

最悪じゃあ

投名状見てきましたよ~
映画は中々良かったんですが・・・
EDのせいで台無しじゃあ~~~

銀妹へ

alanちゃん、阿蘭っていうのかぁ。可愛い名前だね♪
これに懲りず(?)にこれからも頑張って欲しいよね!

>あ、百合系ちゃうよ!(爆)
太陽が西から上ってもそれはないと思っているから大丈夫よ!(爆)

No title

>前述のalanもそういう意味では中国語の歌詞の方が違和感なかったかも。
そうなのよ!中国語の方が断然いいっす!
毎日聴いてまっせ~

阿蘭ちゃん、かわゆいから応援しちょります(赤面)
あ、百合系ちゃうよ!(爆)

迷子さんへ

あぁ!そういや、『新・上海灘』もそうだったねぇ…。
楽しみにして見てみたらいきなり日本語の歌で
ガックリきてそのまま見るのやめちゃったんですよ。実は…(笑)。

アニソン。私も同感です。ただそれ書き始めると長くなるので
この記事ではやめておいただけです(笑)。
ヤッターマンなんて良い例ジャン!大人が熱唱するんだよ。
実写版映画公開のイベントでさぁ!子供の方がドンびきしてたらしいジャン!(爆)

クール制導入でタイアップもコマ切れでやりやすくなったんでしょうね。
ころころ変わられたんじゃ、後で心に残らないよ。

Manboさんへ

中国映画の映画音楽なんてどうせダサい売れないような代物だから
チョイと日本が手を加えてやらなければ聞いてもロクなものにはならんだろう。
なんて思ってたら腹が立ちますね。
もしくは、今までその辺が契約上も法的にもあいまいだったので
ここに日本の歌手をかませたらも一つ儲かる…
なんて作品自体の質よりもよりも商売重視の連中に
つけいる隙を与えているのかも知れませんね。
百歩譲って好意的に見たら、タイアップでも企画しないと
興行成績を心配する上層部から上映の許可が取れない。
なんてことがあるのかも知れませんね。
あくまで想像だけど…。

>『女帝』はそもそも原題「夜宴」
そうそう!それそれ!いやぁ!ありがとう!
なんか、このタイトル違っていたような…とは思ったんだけど
全然思い出せなくって気のせいかと思っていたんです。
言われてみれば公開当時に部屋でも、「なんで『女帝』に変えたんだ?」って
話をしていたんですよねぇ?ご指摘ありがとうございました!

No title

最近というとカチンとくるのが黄暁明の上海灘ですか・・・あんなにたくさん主題曲のあったドラマなのに。本人の歌まで削らなくたっていいじゃんねえ。ドラマは毎回だもんねえ・・・

私は、アニメの主題曲がタイアップになってしまって「アニソン」らしくなくなったのも腹立つんですが・・・やっぱ、王道キャンディキャンディとかマジンガーZとかがいいよねえ(年わかりますが)

題名はおっしゃる通り!私は自宅ではほとんど日本版題名使いません・・・だって、へんなんだもん。中国語の題名を、わざわざ英語タイトルにして、それをカタカナで書いたり、元と違う漢字の題名付けたり・・・何考えてんだかさっぱりわからんわ。

No title

もっと前の話では「始皇帝暗殺」の頃から小室哲哉(笑)プロデュースの曲とか流してましたよね。
ハリウッド映画の場合は、あっちで十分な資本があるから別に曲をタイアップしなくても良いとか、
そもそも(作り手側、供給側の)映画そのものに対する考え方の違いというのがあるのではないでしょうか。

あと揚げ足取りっぽくなっちゃいますが、『女帝』はそもそも原題「夜宴」ですね。
あれって英題も「The Banquet」なので、「女帝」というのは邦題をつけるにあたって突然どこからか湧き出てきた名前みたいです。

CHIEPYさんへ

そうなんですって。
『赤壁』見に行った映画館で貰ったチラシに
『投名状』の宣伝が載っていて、そこに書いてありました。

私も見たい映画なんだけど、
それを見たらチョッと見るのが不安になりました。

EDロールで流れたりしないよねぇ?
映画のイメージが吹っ飛んで余韻もへったくれもなくなりそうです。

独孤九剣さんへ

ご無沙汰してます!お元気ですか?
入門された武術の腕は上がりましたか?

そういや、『霍元甲』の時も無残に差し替えられてたんですよね。
よかったぁ…ジャッキーの『A計画』は主題歌差し替えじゃなくて…(爆)。

>『ドラゴンボール』のタイアップはどうせなら影山ヒロノブさんが良かった
アハハ!ごもっとも!(笑)
でも作品があんな様子じゃ、逆に影山さんに申し訳ないかも…(爆)。

ALFEE!?

ウォーロードの主題歌ってTHE ALFEEなんですね・・・!
知らなかった~・・・。うーん・・・。
見に行こうと思っているんですけど・・・・
確かに頭の中にあの3人が熱唱している姿が浮かんで、
すごい雑念が入りますね(^^;)

(GWを挟んで、今更のお礼で申し訳ないですが)
中国の映画村情報有難うございました(^0^)/
豚インフルエンザが落ち着いて(笑)、そして私も様々な
武侠DVDをじっくり見たら、是非旅行計画を立ててみたい
です!!

No title

この手の話題で思い出すのはやっぱり『霍元甲』ですね。
アレは酷かったです……。

個人的には『ドラゴンボール』のタイアップはどうせなら影山ヒロノブさんが良かったです。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪