久々に夢を見た

今日、買い物に行った帰り店の駐車場まで来るとブタが来ない。
しばらくして遅れてきたブタに「何してたの?」と聞くと
「変なオジサンに点穴されたけど、自力で点穴解いてきた。」
とぬかしやがった。店の入り口の軒下の燕の巣を見てただけやんけ!!
普通に変なオジサンに点穴されるうちの近所の店…
どんだけ危険な店(というか街)なんじゃあ!!





今朝の夢はまた変な夢で…


とにかく大きな楕円形のテーブルに若い女性が数人と若い男性2人。
その男性の一人が一番可愛かったころ(中学くらいかなぁ?)のウェンツ(似?)。
可愛さは…というだけで実際の年齢は二十歳そこそこって感じでした。
で、そのウェンツが私をお気に入りだというので、
周りの女の子達が「歳の差なんて気にしないでアタックしちゃいなよ!」と
はやしたてている。
で、ウェンツ本人もその気になって椅子に座る私の前に跪き
瞳にお星様浮かべて自分の顔を私の膝に乗せて見つめてくるんだけど
私の心には微風すら吹かず、「困ったなぁ…」と当惑気味。

夢の中でもやっぱり私は若造よりもオジ様好みなのよねぇ…。
しばらくして彼等が立ち上がりどうやら帰る様子。
夢の中ではそこは私の家だったらしい。

ふと見ると仕事から帰宅した風の見覚えのある顔が一人部屋に入ってきた。
あ、元亭主の魯長老だ。
「ちょっと、魯長老!家賃も飯代も入れないくせにいつまでここに居座る気!?」
私が魯長老に文句を言っている。どうやら夢の中ではまだ出て行っていないらしい。
「う~ん…。だねぇ…?」
夢の中でも相変わらずな魯長老でした。ここはデジャブだったなぁ(笑)。

すると、さっき一緒にテーブルにいたもう一人の若者が私に声をかけてきた。
「ねぇ、母ちゃん。此処にいても仕方がないから外で飲み直そうよ。
此処じゃあ…(魯長老もまだいるし出会えるもんも出会えないよ)。」
え?アンタ私の息子だったの!?(爆)
どう見ても見知らぬ顔なんだが、成長した三仙の誰かのようだ。
(なんか、若手お笑い芸人によく似てたんだけど忘れた)
っつうか、さっきの若造はまさかアンタのセッティング!?(驚)
息子だったら私の好みくらい考慮しろよぉ!(爆)
でも確かに、普通に考えたら同世代の者くらいしか引っ張ってこれないよねぇ?

で、私が「それもそうだね…」と言いながら出かける支度をしている所で
目が覚めました。



末弟子がこないだ「早く嫁に行け!」とか言うもんだから、
こんな夢を見ちゃったのかなぁ?(笑)

でも早くと言ったって、この夢で既に息子は二十歳くらいになっていました!(爆)

comment

Secret

蓋儿へ

ウハハ。
なんともコメントし辛い夢にコメントくれてありがとう(笑)。

私なんか『伊勢物語』の[九十九髪]っていう
超刺激的でぶっ飛んだエピソードを思い出しちゃったモンね!
リアル[九十九髪]なんてゴメンだよぉ!(爆)

師父へ…

ほほぅ…

奇想天外魑魅魍魎悪鬼羅刹快刀乱麻臨機応変当意即妙色即是空な、変な夢ですな…

しかし、けっして私のせいでは御座居ませんです…はい。

しかし、親孝行な息子を持って母は幸せでしょう?

いつの間にか、時代は『子の気遣い親不知…』になってしまった様ですな…
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪