スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鹿鼎記』 第19話&第20話 鑑賞

にしても、書きたい事も多いのにやりたい事も見たい物も多いので
時間がないっす!!






さて、立場逆転した皇太后と小桂子。
この様子を見ていた建寧公主は、皇帝からの聖旨でもあるのかと
母の言う事をきいたようなのでした。

一時は殺してしまってしらをきろうと考えた皇太后でしたが、
この憎たらしい太監が教主夫妻の絶技を教わったらしいこと、
陸先生とデブ行者という神龍教の中でも一流の使い手を同行して
北京に戻って来た事を聞くと、韋小寶暗殺は諦めたのでした。

皇宮にさらわれてきた時は、しかたなく海老公の肩を叩いていた若造が
今では皇太后に肩を叩いて貰っているんだモンねぇ!

あの卑屈な態度。哀れだよねぇ…。


あ!そうそう!サルがね、陸先生の初登場時から一目見て

「あ!『碧血剣』に出てきた袁承志を若君と呼んでた人だ!」

と言いました。よく見るとたしかにその通り。
母も気付かなかったのに、サルよ!偉いぞ!(笑)


皇帝の命でまたもや五台山に行く事になった韋小寶。


そうそう。
徳川家をはじめ長く続いた摂政や将軍家…。
武将をはじめ日本の歴史に出てくる一族は親の名前を一字貰って子の名につける
というのが多いのですが、中国では逆にそれは良い事とはされません。
逆に兄弟姉妹等の同世代で同じ字を使う方が一般的です。
つまり、家系で縦の系列は姓名の姓で表し、同系列のどの世代かは名で表すのです。
武侠小説でも仏門や武術等の師弟関係のある所でよく出てきますよね。
とはいうものの、私も三仙を産んだ時名前を考える際に
「親の名は入れない方が良い」と夫であった魯長老に言われました。
その時は「将軍家だって親の字を子が貰ったというのに妙な事を言うなぁ?」と
不思議に思っていたのですが、今思えば古来中国から来た考え方や習慣が
都から遠く離れた辺境の村ではいまだに残っていたのかも知れませんね。


そんな韋小寶の行軍中、軍規で出征時には禁じられている博打を始めようとします。
その時、王屋派に乗り込まれたのはドラマの通り。
その時ね、もう一悶着あったのよ。
あの王屋派のお嬢さんが三点(ドラマでは四点)という低い目を出した時、
一人の男が「この勝負は俺には関係ないからな!」と言い出したんです。
もちろん、負けて死ぬのが嫌だったんですが、
この言葉に王屋派の他の皆が憤慨。
「生きるも死ぬも一緒だからと彼女が代表でサイコロを投げたのに、
悪い目が出たからといって今更逃げるのか!?」
そこでその男は王屋派から破門されてしまいます。
結局その男一人だけそのお嬢さんの振るサイコロの賭けから離脱したのを見て
韋小寶は
「王屋派の門下はいずれも英傑豪傑揃いで義理をわきまえている。
この(賭けから逃げた)元義方という男は王屋派じゃないから
侠気がなくたって王屋派には関係ない。」
と褒め称え、賭けの前に酒を酌み交わすのです。
王屋派の連中も王屋派を重んじてくれた韋小寶を気に入り快く杯を受け取ったのでした。
そして、あの賭け。

皆気持ち良く出ていこうとした所に、韋小寶が元義方に
「お前とはまだ賭けてないぞ!」と取り押さえ、
王屋派の情報を聞き出しながら誘導尋問で呉三桂が謀反を起こそうとしていると
皆が思うように話を持っていくのでした。
もちろん、あのお嬢さんが曾柔という名であることもちゃっかり聞き出しました。

で、いそいそと謀反発覚の報告書と元義方を皇帝に送るのですが、
さすがは皇帝。韋小寶の誘導尋問であることはお見通しで、
「少林寺へ行けと命じたのに、なんで関係ない事まで手を出す?
今後はそんな出鱈目言ってないでさっさと少林寺へ行け!」と
お叱りのお言葉を頂戴するのでした。

ま、少林寺までの道のりはかくも険しい(?)道のりでありましたとさ(笑)。

tag : チャンネルNECO 武侠 金庸 鹿鼎記

comment

Secret

銀妹へ

サルってば侮れないのよねぇ…。
日々の修練の賜物ですわねぇ…(笑)。

サル君えらい!
私なんて白ヒゲ爺さん系は美髭爺しかわからんて~。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。