『鹿鼎記』 第7話&第8話 鑑賞

あっぶねぇ!あっぶねぇ!もう2週分溜まっちゃってる!

拉致されたと思ったら、なんと相手は天地会だった!?




拉致したのは天地会の中でも青木堂という一派。
ちなみに青木堂の他に、天地会には蓮花堂、赤火堂等の組織があるそうです。
その青木堂の尹香主がオーバイに殺されて2年が経ちました。
尹香主の死の際には、青木堂の皆が、尹香主と万雲龍兄貴の霊前で
「必ず仇を討つ。そして仇を討った者が次の青木堂香主となる。」
と誓ったそうです。

そして…オーバイが投獄されている親王府に侵入し仇を討ちに来たものの…
オーバイを殺したのは、青木堂の誰でもない若い太監でした…。

そこで勃発!次期香主の座を巡る争い!
まずは青木堂の主な人達を順不同でご紹介しましょう。
まずは祁老三
本名は祁彪清。クールな皮肉屋さんです。

李力世
尹香主の死後は、この人が代行で青木堂をまとめていました。

賈老六
その昔、揚州で塩の密売人達が探していた人です。

崔の兄貴
片目の崔とも呼ばれています。左目がないそうです。

関安基
李力世と次期香主の座を争っている人です。
人柄は良いのですが、なにぶん短気で軽率な行動に出る事も多いのがネックな人。

玄貞道長
世知に長けた古強者な道士です。

徐天川
普段は膏薬売りに身をやつしています。人呼んで【八臂猿猴】。

樊綱
実直な好漢です。

風際中
口数が少なく目立たないけど、実は武芸の達人な人。

銭老本
普段は肉屋に身をやつしている、口が達者で万事に如才ない人物。

高彦超
天地会と韋小寶との繋ぎ役を任されました。


つまり、尹香主がオーバイに殺された青木堂は、
他のグループからも距離を置かれ肩身が狭い毎日でした。
残ったメンバーは香主の仇討ちを霊前に誓い、
仇を討った者が次の青木堂香主になると皆で誓い合いました。

しかし、天地会のメンバーでもない皇宮の太監がオーバイを殺したことで
霊前で交わした約束は無効になってしまった感じたメンバーが
改めて青木堂内で香主を決めようと話し合いを始めた結果
なんだか揉めちゃっているのです。

尹香主死後、代行として青木堂をまとめていたのは李力世。
順当に行けば彼がそのまま香主になる所だと思われたんですが、
そこに関安基を推す賈老六が口を挟んだことで話はこじれます。
実はこの賈老六、関安基の義理の弟なんです。
彼の実の姉・賈金刀は関安基の妻だから。

李力世にするか、関安基にするかで青木堂は大揉めになります。
どうも李力世は人徳もあり皆から慕われているようですが、
いま一つリーダーとして皆を引っ張るカリスマ性に欠けているようです。
また関安基は短気で癇癪もち。人柄は良いのですが
リーダーとして皆を導かなければならない立場としては
あの短気では正しく皆を導けるかどうか不安が残るのだそうです。

帯に短したすきに長しな二人で争っているので、どちらも甲乙つけがたく
事は紛糾しちっとも結論が出ません。

だからこそ事情を聞いた陳近南が一計を案じ、
そのどちらでもない、しかも本当にオーバイを殺した韋小寶をわざわざ弟子にして
その身分に体裁を整えて強引に香主にさせたのでしょう。
オーバイを殺した者が次期香主。
霊前での誓いが守られるわけだし、その者が操舵主の弟子ならば
誰も反論が出来ないからです。
例え歳若い新参者でも操舵主の弟子という事で皆も一目置くでしょうから
そうそうないがしろにされないだろうというわけです。

あ、ちなみにドラマでは17歳と言っていた韋小寶ですが
原作では13、4歳と言っています。
あの黄暁明になってからだとさすがに
13歳と言わせるのには無理があったんでしょうねぇ?(笑)
え?17歳でも無理がある?うるさい!そこは、無視!(爆)

でね、韋小寶にいろいろと世間話というか皇宮での話を聞いていた青木堂の幹部達。
さすが彼等は皆江湖の古強者揃いなので、
多少の誇張はあるものの肝心な所に嘘はないとわかりました。

しかも韋小寶を茅十八に再会させた時、茅十八が韋小寶に
「俺は(皇宮からの脱出時に)天地会の人達に助けられた。
お前も天地会の人に助けられて逃げられたのか?」
と聞いた事で、天地会メンバーは実は捕らえさらってきたのでドキドキしましたが
韋小寶が天地会の顔を立てて
「そうだよ。あの老太監から逃げて来る所を天地会の兄さん達に助けてもらった。」
と答えたことで「友だち甲斐のある奴だ。」と好感を持つようになったのです。
更に天地会の人間ではないものの江湖で名の知られた好漢・茅十八が
「小宝。小宝。」と親身にしている事で、
この若者が本物の宦官ではないとも思ったのです。


というわけで、あれよあれよという間に天地会の幹部になっちゃった韋小寶。
その天地会の総帥が操舵主と呼ばれる陳近南。
さすがの韋小寶も、この操舵主の前ではなんだかいつもと勝手が違うようです。

実際に会うまでは心の中で天地会の操舵主を小馬鹿にしていた韋小寶。
皇帝だろうが皇太后だろうが構わず面と向かって正視できる大胆野郎な彼も
彼と目が合うと思わず視線を逸らしてしまいます。
「威ありて猛からず」な陳近南のオーラに完全に圧倒されて、
得意の嘘八百も上手く言えず、彼には問われるまま真実を話したんだって。
で、この江湖のカリスマ陳近南は何故か彼を気に入り弟子にします。

本当に気に入っていたかって?いやいや(笑)。
口が達者でずる賢いこの小僧を彼は気に入らなかったんです。
でも、上記にあげた理由から、やむなく弟子にしたというのが本音です。
この二人の関係がその後どう変わっていくのか…?
ドラマではわかりやすく暗示していましたね(笑)。

では天地会という組織について。

天地会は洪門とも呼ばれています。洪とは明の太祖の年号洪武から来ています。
また、もう一つには”漢”という字から”土”を取ると”洪”のように見えるからとも。
満州人に国土を奪われた漢人の集まりという意味でしょう。
始祖は万雲龍。この万雲龍とは国姓爺のことです。

天地会には全部で十の堂があります。
前の五室に蓮花堂・洪順堂・家后堂・参太堂・宏化堂の五堂。
後ろの五室に青木堂・赤火堂・西金堂・玄水堂・黄土堂の五堂。
韋小寶が香主となった青木堂は主に江南や江北の各府州県を統括
最近では山東や河北にも手を広げています。後ろの五堂の筆頭で序列は六番目です。
蓮花堂は福建、洪順堂は広東、家后堂は広西、参太堂が湖南・湖北、宏化堂が浙江、
青木堂は江蘇、赤火堂は貴州、西金堂は四川、玄水堂は雲南、黄土堂は中州・河南を
それぞれ取り仕切っています。
天地会は鄭成功のもと配下によって組織されているので
主力は福建にあります。だから蓮花堂が筆頭なのです。
会には三十六条の誓詞や、十禁十刑、二十一条の規則があります。

さぁ、あなたも天地会に入会したくなりましたか?(笑)
なりたい!と言ってすぐに入れるモノではありません。
江湖の英雄好漢の茅十八ですら簡単には入れないのです。
縁あって天地会と接触できて入会希望を申し出た後は
天地会がその者の出自や素行を調べ上げ適当とみなした者のみ入会を許されます。
例え幹部じゃなくたって天地会の人間は
皆その様な難関を潜り抜けた選ばれし者達なのです。

そして、韋小寶が香主となってから初めての幹部会議での議題は
逆賊・呉三桂をどうしてくれようか?という事でした。
この時点では結論も出ずいつかアイツに天誅をくだしてやるというに留まりましたが。



で、お待たせしました!
韋小寶の後の七人の奥様の一人目!沐剣屏ちゃんです!
銭老本が皇宮の韋小寶の下に持ち込んだのは酒樽ではなくって
原作では肉屋らしく巨大な豚を丸ごと一頭だったんですよぉ!(笑)
その【花雕茯苓猪】と呼ぶ特別に育てた豚を毎日朝に食べると
とても身体に良いという触れ込みで持ち込みました。
もちろん銭店主が豚の腹の中を綺麗に洗ってから閉じ込めたので
剣屏ちゃんの着衣は汚れていなかったって。よかったよかった。
でも臭いは付いてそうだよねぇ?
太監の屋敷に女性モノの着替えなんかあるわけないし、このままなんだろうなぁ?


とにかく!そんなこんなで!速攻次週!

tag : スカパー! チャンネルNECO 金庸 武侠 鹿鼎記 黄暁明

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪