『少林寺伝奇』第1話~第8話 鑑賞♪ 

その山は楽に越えるはずだった…。
山道の門をくぐった所まではそう思っていた。
しかし、中腹に差し掛かり急に雲行きが怪しくなり見る間に空は暗転した。
それでも私は山を登り続けた。
雪がちらつき始め、山頂を越えた辺りで吹雪となった。
夜になり辺りは暗く視界もきかない。
冷たい風が身体を突き刺し体力を奪っていく。
下りになってとうとう動けなくなった。もう駄目か…。
そんな時に馬の足音が聞こえてきた。幻聴か?
一瞬雲が途切れて月明かりの下で馬上の黒い影が見えた。
頭には後光が射している。
「ハッハッ!どぅいちゃん!こんな所で立ち往生か!?
俺のイカレっぷりで助けてやる!」
「兄貴…。助かった…」




そんな気分のどぅいちゃんです!(爆)




『少林寺伝奇』の1話~8話は、ハッキリ言って春華兄貴祭りです!
兄貴が吼えます!兄貴が笑います!兄貴が闘います!兄貴がお茶目です!
とにかく兄貴のドアップが多い!!兄貴ぃ~~!!!

今回兄貴がタッグを組む悪党は胡一刀な黄秋生。
パープルシャドーがオシャレでした!(爆)
でも兄貴の魅力の前にはさすがの彼も霞むってモンよ!
兄貴はそのまんまのお顔で超セックシー!だから!

兄貴演じる孫覇は黄秋生演じる洛陽王の配下なんだけど、
ぜ~んぜんいう事聞きゃしない!(笑)

お話の筋はネ、皇帝の座を狙う洛陽王が民の支持を得るために
少林寺を利用しようとして方丈に拒絶されるって簡単な筋なんだけど
偽君子ぶりをヘタレな魅力満載で演じている黄秋生とは対照的に
我等が春華兄貴はそんな主の魂胆なんかそっちのけで
「悪党!万歳!」的なはじけ方をして暴れていました(笑)。
f11fa62c9fea19fb8b13997e.jpg

要するに彼が略奪しようとしていたお気に入りの娘を少林寺の弟子に奪われて
頭に来て少林寺を丸ごとギッタンギッタンにしてやる!と
何かにつけて少林寺を襲いに来るのです。
c0446339083fce3496ddd8a0.jpg

洛陽王に「やりすぎ!」と怒られてもどこ吹く風。
口では「すみませ~ん」と謝っても腹の中ではフフンとほくそ笑んでいるのよ。

少林寺の弟子に「悔い改めろ!地獄に落ちるぞ!」と諭されても
「死んだ後の事なんか構ってられるか!」とニヤリと言い返すんだよ!

自分で囚人護送用の荷車の檻に入っちゃって、
小坊主に荷車ごと崖から落とされてもピンピンしてるのよ!!
なんてお茶目!なんてタフネス!素敵よぉ!!!

偽善とか、そんな小細工一切無しで
「俺様は悪党だ!文句あるか!」っていうあの潔さ!
そしてニヤリと笑うあの笑顔!超セックシー!!!!

彼は最後に自分を仇と憎む少林寺の弟子と闘って深い谷底に落ちます。
ドラマの出番はもうなくっても、兄貴はきっと生きている!!(爆)







兄貴の救助で吹雪の雪山をなんとか生きて越えられたどぅいちゃん。
麓の山寺の軒先を借りて暖をとっていた。
「この寺はなんというお寺なの?」
私が問うと
「少林寺だ。」
と兄貴が答える。
「えぇ!?でも、少林寺は女人禁制じゃ…?」
私が慌てて聞き返すと、兄貴は呵呵大笑しながら
「何を驚く?俺様を誰だと思っているんだ?」
と答えた。

あ…そうですね…。
よくわからないけどなんとなく納得してしまうどぅいちゃんだった…。
本当に危ないところだったなぁ…。よくぞ助けに来てくれたよ。

「ありがとう、兄貴…。」

そう思いながらウトウトと眠りにつくのであった…。

tag : 計春華 少林寺伝奇

comment

Secret

Marioさんへ

良いでしょう?全開でしょう?
ファイトォ!!百万ぱぁ~つ!!くらい元気になれそうです(笑)。

視ましたよ

 一枚目をレンタルで視ました。 いいじゃあないですが。 スタートから春華兄全開! あのエROシーンでは妄想爆発!。
 本年はお世話になりました。 来年も宜しくです。 元気になる武侠ドラマをドンドン視たいですね!・・・
 

くまんちゅうさんへ

そんな気分なんですものぉ(笑)。

>黒馬の大爺様
まぁ!私より5つ年上なだけなのよ!爺なんてとんでもない!

>普通に光が反射しているものと思われます
後光なの!あれは後光!(爆)

>兄貴の前では小娘な発言しか出来てないのが可笑しすぎ
だってぇ…。兄貴の前ですもの。気分は乙女よぉ!(爆)

その山は?

その山の名は「飛狐」
九十九折れでも、目指す道は美しく優しいはずだった
いつしか標は失われ、幾筋もの荒れ果てた道へと変わっていた
悪意によって吹きすさぶ嵐は冷たさを増し、人の行く手を阻む白い魔王が立ちふさがっているかのようだった・・・・

いやあいつになく文学的な書き出しにビックリしました~
白馬の王子様ならぬ
黒馬の大爺様に助けられてよかったですね、
でも後光じゃなくて、普通に光が反射しているものと思われます(冷静な分析)
流石の大姐も、兄貴の前では小娘な発言しか出来てないのが可笑しすぎです
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪