スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三仙達のズタボロ空手の試合

先週の日曜日は、三仙達の空手の試合でした♪
結果はというと…。
いやぁ、ボロボロ…(涙)。
今回は前回(町内大会)と違い郡大会という事で
参加人数もレベルも違うのですが…。

とにかく惨憺たるモノでした。

その中でも、
ウリ坊は今回”型”は頑張りました。
しょっぱなから準優勝の子と当たってしまい、
結果は主戦敗退でしたが、
随分"型"らしくなっていました。
野球部との掛け持ちで練習量も減っている彼にとっては
上出来だったと思います。

ブタ君は"型"が苦手。
あいも変わらず、ヘロヘロな"型"で初戦敗退。
でも、チッとだけ"型"に見えてきたので、
今後の楽しみにしましょう(そう思わないとねぇ…)。

サル君は…サルも初戦敗退だったのですが、
実は試合は見ていません。
ウリの方に気を取られていたら
気付けばサルも終わっていたのです。
同時にやるなよぉ!分身の術使えってかぁ!(誰のせいでもないが…。)


さて、問題の組み手。

ウリ坊は、初戦からドキドキの試合運び。
互いにポイントが入り、接戦でした。
ウリは今回積極的に攻めていたのですが
“突き”が突きっ放しで腕を引いていないことで
ポイントにならず、その事を審判にアドバイスされていました(双方共)。
その直後綺麗な突きでポイントを取ったウリ坊。
すぐに修正出切るなんて、エライじゃん!
試合は同点のままタイムオーバーとなりました。
どちらかが先にポイントを取った方が勝ちという事になり
試合再開。
やべぇ!アイツ仕掛けるの遅いから…!
ところが、相手の攻撃をかわして
ウリがポイント!
正直驚きました。短期決戦で落ち着いてポイントを取れたなんて!
プレッシャーの中、よく頑張りました。

2戦目も接戦。
しかし、相手はカウンター攻撃が上手い。
始めは様子見だったようで
接戦に見えましたが、途中から
攻めるウリの隙を突いて
カウンターの突きが次々に決まり
焦るウリを尻目にドンドンポイントを引き離して
タイムオーバー。
ウリの試合が終わりました。
帰ってきてスゴイ悔しそうなウリ。
悔しかったら次頑張れ。


サル君の組み手。

飄々とした顔をしているように見えて
コイツは結構ドキドキ屋さんなんです。
「サル、足臭キックをお見舞いしてやれ!」
試合前に私が耳元でそう言うと
彼はニヤリと笑いました。

初戦。
サルの組み手は三仙一、空手の組み手っぽい(爆)。
先生方もセンスは兄弟で一番だと言ってくれます。
そりゃねぇ。コイツが言い出したんだモノ、空手やるって。
コイツが一番武侠好きなんだもの。
それ位でないと、プチ武侠迷の名がすたるってもんだよね!
サルはもの凄く綺麗な中段蹴りが決まりました。
さすが魯長老ファンのサル。足臭キックだね!
これがとどめとなって、初戦突破です。

2戦目。
相手は連突きで、サルを翻弄。
それでもサルは隙を付いて蹴りを出し、
接戦に見えましたが…。
終了時間直前、
サルの腹に相手の中段蹴りが決まりました。
防具の胴あては着けているものの
みぞおち付近に決まった蹴り。
そこから戦力喪失のサルは泣きながら試合を続け、
その後ズルズルと差をつけられて
サルの一日が終わりました。


さて、問題のブタ君。

半月程前、
練習が終わり家に帰る時に
兄達が
「今日は組み手の練習でブタは転んでばかりだったんだよ(笑)。」
と母に報告。
「え?なんで?」
「知らない!」
本人に聞くと
「蹴ろうと思ったら転んじゃうんだもん。」
という返事。
「今まで転ばなかったのに、なんで?」
「知らない!」
本人がわからないなら、母もわかりません。

ところが、試合一週間前の練習日の帰り。
「スゴイよ!ブタはねぇ、2学年上の子に上段蹴りを決めて、勝ったんだよ!」
上段蹴り?上段?
なるほど、納得。
ブタは上段蹴りを決めたくて
高く足を上げていたから、前回は転んでばかりいたのね。
で、今回はやっとまともに上段蹴りが蹴れるようになって、
自分より背の高い子に上段蹴りを決めたのか。

「今日はボク、上段蹴りで一本取るんだ!」
あら、そう。頑張ってね!

ところが…。
初戦で、試合開始直後に
上段蹴りを喰らったのはブタ君でした!(苦笑)
自分が繰り出すはずの技を先に相手に喰らわされて
ブタ君、すごくショックだったらしい(笑)。
その後いつもの攻めの空手は何処へやら、
足が完全に止まってしまって
サンドバックのようにボコボコにやられて
ストレートで負けてしまいました。

「やめ!6-0で青の勝ち!」
試合終了と同時に、こらえていた涙が
ポロポロこぼれ落ち、
しゃくりあげながら戻ってきました。
偉いじゃん、ブタ君。
試合が終わるまで泣くの我慢してたんだね(笑)。


それから一般の部の”型”と組み手を皆で観戦しました。
やっぱ音が違うよねぇ。
カンフー映画でも良く聞く、
あの袖が風を切る「パタ!バッ!」って音が聞こえてきます。



夜…。

寝る段になって、
一旦布団に行った筈のブタ君が今に戻ってきました。
「母ちゃん、ボク眠れないの。」
眠れないほど悔しかったンかい?(爆)
はいはい。一緒に寝ようかねぇ。

添い寝をしながら、
「今日は凄く悔しかったの?」と聞くと
ブタ君は目を閉じたまま黙って小さくうなずきました。

帰りの車中は、始めは皆お通夜のようだったモンねぇ(笑)。

でもね、卓球の福原愛ちゃんって子だって
今は強いけど、昔は試合に負ける度に泣いてたんだよ。
「泣き虫愛ちゃん」なんて言われた位。
でも、悔しいから頑張って練習したら、強くなったんだって。
ブタ君も、また頑張ろうね。
今度も小さくうなずきました。

サルがね、耳たぶ触ると気持ち良いって。
ブタ君はどう?
以前、どこかの記事で
耳たぶを刺激すると寝てくれるって記事があったので、
サルにやったら夕飯前に目がトロトロになって焦った事があったのだ。

フフフ。ガセではなかったらしい。
そのうち呼吸音がスヤスヤに変わりました。

comment

Secret

小旻さんへ

OK!今から修練を積めば、是妹の内力も三仙達が大きくなる頃までに相当なものになっている事でしょう。銀妹の「吸陳大法」なんか達人の域に入っているかも!

ラジャ~こちは何時でも待ってます^^大きくなった三仙達はいいですね~(若いのは良いのです~)内功のレベルアップしときます^^

fince兄へ

息子と闘うのかい!?(爆)
お手合わせなら、相手いたそう。
じゃ、こっちは四姉妹で…。
「おぉい!ここにチェりボーイがいるぞぉ!」の掛け声で
颯爽と登場するのは…?

息子よ、人生いろいろ経験じゃ…。
この壁を乗り越えよ!

三仙達が大きくなり、魯長老が退行して四仙になります。
どぅい姐は四仙と戦う羽目に・・・。

小旻さんへ

弟さんの年頃だと会う度に成長著しいので、ビックリでしょうね^^。ウチの魯長老は背が高いので三仙達も高くなりそう。
私もあと何年かで家族で一番のチビになるんだろうなぁ…。

色んな経験して大きくなりますから^^涙を流した分成長してますよ^^男の子ってすぐ大きくなってるんですよね~(うちの年の離れた弟も何時までも可愛かった頃のイメージが強いが・・会うと気持ち悪い位大きくなりまして・・・びっくりします)三神達素直な君達が可愛いですよ^^

阿銀さんへ

銀妹、なんの心配してんの?(爆)

同時試合は本当に困るワァ。
どっちも見たくてどっちも中途半端になるんだもん。
笑えるシーンを見逃したくないし…?(爆)

そうだよ~、こうやって男の子は漢になっていくのです。
涙こらえてたんだねえ、悔しかろう~。
すかす、かあちゃんと魯長老の布団にもぐりこんだブタ君、大丈夫だったのかな?(何が?)

同時試合は困るよね~。岳のおっさん並みの移動術(!)を身につけるしかないかのお…。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。