この、活字離れのご時勢に…

はい!レビューがメチャクチャ滞っていて滝汗のどぅいちゃんです!
チャンと見ているんですがねぇ…。なんせ再鑑賞しながらのレビューは
結構時間がかかり、まとまった時間が取れずにすんません!!

さて…。始まりました『ケツケツ剣』…もとい『碧血剣』。
(だって三仙ったら、ずぅっと『ケツケツ剣』って呼んでるから、つい…)
碧血剣(へきけつけん)DVD-BOX1碧血剣(へきけつけん)DVD-BOX1
(2008/01/25)
ボビー・ドウ

商品詳細を見る

例によって例の如く、第1話から早くも多少の端折りと改編が見られたわけで…。
で、レビューを書く時の資料にしようと購入した徳間文庫の『碧血剣』全3巻。
碧血剣〈3〉北京落城 (徳間文庫)碧血剣〈3〉北京落城 (徳間文庫)
(2001/09)
金 庸岡崎 由美

商品詳細を見る
(なぜ、第1巻と第2巻は《no image(写真無し)》なんだ…?)

これをPCの脇に置いておいたのですが…。

ある日、ふと見ると第二巻がありません。
「…………?」と辺りを見回すと、サルがその本を読んでいました。
サルは今年小学校6年生。
普通の邦書より漢字が多い武侠小説はまだ早いんじゃねぇのぉ?

「ケケケ!」
突然サルが笑い出しました。
見ると本を読んで内容に笑っている様子。
おぉ!活字の本を読んで笑えてるよぉ!!(驚)
マンガやコミック、児童書ならともかく、活字だけの文庫本で笑えるというのは、
チャンと読みこなせているという事です。文章を読んで頭に映像が浮かぶという事です。

第二巻の冒頭は、ちょうど温家から闖王の軍資金を取り返した袁承志が、
青青と共に温儀の遺骨を持って崋山に旅立つ所からです。
ちょうど、ドラマの放送もそこら辺の件でした。

「コイツ、超ヤバイよ!おもしれぇ!」
温家の五行陣を破る為に袁承志が安小慧にかんざしを借りたのに対し
青青がヤキモチを妬いて拗ねまくるシーンで、
自分のかんざしを地面に叩きつけガンガン踏みつけてへし折ったというエピソードが
サルにはツボだったらしいです。
そして、チッとも機嫌を直さない青青に閉口した袁承志が
仮病を使って青青にささやかな仕返しをしたという話もお気に入りでした。

この二つはドラマではカットされたエピソードであり、サルにとっては新鮮な話です。
「母ちゃん!ここ読んでみて!アイツヤバイよ!面白いよ!」
と私にその部分を読めと促し、
ドラマの再放送時にはウリやブタに
「ドラマではこうだけど、本当は違うんだよ!ここはねぇ…。」と
イッチョ前に原作との違いについて講釈を垂れ…(笑)。

もちろん読むスピードは牛歩のようです。牛歩と言うより蟻歩?蝸牛歩?って感じ^^。
でも遅いながらもチャンと読んで内容を理解出来ている。
しかも自分から興味を持って本を手に取り難しい漢字にぶつかりながらも
読書は(内容によっては)笑えるくらい楽しいという事を学んだ事は大きいです。

同じ頃第1巻を読んでいた母の読む速さに「はえぇ…」と驚いていたサル。
なにも驚く事はない。サルだってその内にこれ位の早さで読めるようになりますよ。

ある意味張Pの金庸ドラマはちょうど良いのかも知れない。
他の映画版のように激しく原作から逸脱する事はなく
かといって(ほぼ原作通りな『射英雄伝』以外は)原作のまんまというわけでもなく
随所に端折りがあったり、入れ替え等の改編があったりして
原作を読んだ時に「あぁ!ここはこんな事もあったのか!」っていうお楽しみがある。
しかもキャラの設定等は原作に近いキャスティングだったり演出だったりするので
まだ文章を読んだだけで一から情景を想像するのが苦手な者にとっては
ドラマでのキャラや情景を思い出しながら読めるので理解しやすい。
(先に原作をサクッと読めるようになると、今度は自分のイメージしたキャラと
ドラマのキャラとのギャップにストレスを感じたりする事も出てきますが…^^。)
逆に「苦悶の表情」とか「憐憫に満ちた顔」とか難しい表現も
ドラマのシーンを思い出せば、なんとなくどういう意味なのか察する事が出来る。

何はともあれ、サル君は武侠迷の階段をまた一つ上ったのでありました(爆)。




《追記》
しっかし、青青ちゃんの極悪な拗ねぶりに「おもしれぇ!ヤベェ!」と言いながらも
なんだか気になっている様子のサルに母は一抹の不安を隠しきれないのであった…。
サル!その道は…!!!(爆)

theme : 武侠
genre : ブログ

comment

Secret

阿吉さんへ

ドラマの映像が頭にあると何かと想像する手助けになって、
なんとか読めるようです。
その点第一巻は完全に端折られているシーンが多いので少し手間取るかも^^。
読んで面白ければ勝手に読む進むでしょう^^。

>、『壁血剣』の次は、『雪山飛狐』
ドラマは『飛狐外伝』も入っているそうだから、
それだけ読んだらわけわからんでしょうね(笑)。
ま、『雪山飛孤』の放送までに『碧血剣』を読み終われたら…の話です(笑)。

素晴しいですね!

武侠小説は漢字も多いし、独特な言い回しも多いと思うのですが、小学校6年生で面白く読んでいるとは…!佩服!ドラマ→小説というのは、お子様には良いですね。

この流れで行くと、『壁血剣』の次は、『雪山飛狐』を読まれる…かな?

陸無双山さんへ

そうそう。何かのきっかけで
「本でも笑えるし泣けるし面白いんだ。」って事に気が付いてもらえると
その内に読むようになると思います。

>どぅいさんの門派は、 既に後継者がいて安泰ですね。
ホホホ。武侠妄想英才教育で大切に育てたいと思います(爆)。

こんにちわー。

1ヶ月以上更新のないブログに
お越しいただき、
ありがとうございました
m(。。)m

小学校6年生で『碧血剣』とは・・・
私は?十歳で読みました・・・。
今の若者はあんまし本を読まないと
聞いておりますから、
ドラマからでも、本を読むきっかけになれば、喜ばしいことです。

どぅいさんの門派は、
既に後継者がいて安泰ですね。

では、また(^-^)ノシ

Dさんへ

>師匠であるはずの(???爆)たくいたさん
だぁかぁらぁ!違いますって!(笑)
みんな誤解しているんだからぁ。
弟子になっても良いと許した覚えは一度たりともありません!

勝手にサルを弟子呼ばわりしている不逞の輩がいるようですが
今度あったらケツを蹴り上げてやります!(爆)

rei☆azumiさんへ

>原作(日本語訳版)と比べて、青青が大人しいような……。
原作読了組の方はやはり同じような感想をおっしゃっていますね。

>普通、中学生でそういうモノは読まないと断言されてしまいました
ほほぉ?どんな本なのか気になる…!(笑)
私が中学生時代の時は太宰治の『人間失格』や三島由紀夫辺りを読んでいました。
友人に「『人間失格』の主人公に似てるね。」と言われ、
凹んだ過去があります(思い当たる節があったため)。

ふたばさんへ

>青青のやきもちは少し抑えてありますよね~。
そうなのよねぇ。結構読んでてひくくらいだった記憶があるのに
ドラマでは可愛げが残る程度。
あのお蓉でさえ穆念慈の顔に短剣のきっさき押し当てて脅してたのにねぇ。

>サル君は宇治のあたりに弟子入りされたんでしたっけ?
ちっぎゃ~う!
まだ弟子入りして良いという親(母)の許可は出ていません!

サルくん、立派~。

漢字が読めない、書けないという子供たちが多い中で、
いやいや、サルくん、素晴らしいです。
・・・でも・・・・師匠であるはずの(???爆)たくいたさんへ、
七剣を送る時のお手紙に、
「アホアホエロエロ~!」と書いて送ってもいいの??(爆)
あ、そうか!アホアホエロエロ幇会か・・・・(笑)
・・・ってそこへ弟子入りって、やばくない??(爆)

サル君の反応を読んでたら、『壁血剣』読み返したくなりました。
そういえば原作(日本語訳版)と比べて、青青が大人しいような……。

サル君、じきに大人向けの本をスラスラと読みこなすようになりますね~。
そういえば、私が初めて大人向けの本を読んだのは、中学1年だったし……。
(友人に書名を云ったら、普通、中学生でそういうモノは読まないと断言されてしまいました(笑)

そう言えば、原作に比べてドラマの青青のやきもちは少し抑えてありますよね~。

あれれ…?サル君は宇治のあたりに弟子入りされたんでしたっけ?このままだと師弟共々M道に邁進…!?(爆)

Marioさんへ

>「おもしれぇ!ヤベェ!」
「なんて言ってる場合じゃねぇよ!マジでヤバイよ!
その道は、茨の道だ!サル!目を覚ませ!」

「おもしれぇ!ヤベェ!」

ああ、こうして「我侭な女の子でないと好きになれない」というM男くん人生が始まりますね(笑)。 「玉」を僻邪剣法で切られないように、独狐九剣を学びましょう・・・横浜で修行法を教えてあげますゼイ(爆)
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪