『笑傲江湖』 第15話&第16話

つかの間のバカンス…♪
っつうか、雛のウンチの始末は誰が!?(爆)



緑竹庵のお婆様の『清心普善咒』をきいて気分が良くなった令孤冲。
緑竹翁のプチアドバイスも有りお琴を習いたいとお婆様にお願い。
でもその理由が
「小師妹の誕生日のプレゼントに…」と聞いた途端、具合が悪くなるお婆様。

そういや金刀王家も霊珊に誕生日のプレゼント用意したみたいだね。
「どうせ、郭襄ちゃんがもらったプレゼントには敵わないよ。」
不敵に笑うサル君。あのねぇ、ダルパ君もらって喜ぶのはアンタだけだから…(爆)。
クリスマスの前夜の靴下に『ダルパ君』って書いても
サンタさんはそんなプレゼントはくれません!!

それにしても拗ねてるお婆様に
「二人とも子供じゃな…まるできかん坊じゃ。ハッハッハ…」
と笑っている緑竹翁。ある意味チャレンジャー!!(爆)
拗ねてる聖姑ちゃん。可愛い♪
「竹よ、あなたが教えてあげなさい!」
もう!素直なんだから!(笑)
二日間の俄仕立ての琴の曲を霊珊に演奏するも
林平之の名を聞いた途端に音色が乱れる乱れる!
これまた素直なんだから!(笑)
演奏だけで人を泣かせるなんて、しかも感動とは真逆の涙で
凄いよ令孤冲!アンタは凄い!才能有るよ!

そんでもってわざわざひやかしに来た聖姑ちゃん♪
アンタも人が悪いねぇ!?(笑)
この時の高笑いは心からの笑いだね!
「やぁい!逆に怒らせてヤンの!ざまぁみろ!」
「アンタが言っても聞きたくないね!その男に言わせて!」
そんなお茶目な所が可愛いから許す!(爆)
ま、茶化しに行った代償として紫霞功喰らっちゃったけど
その後で令孤冲の気遣いに触れてチョッと複雑…。
「みつめあ~うと~すな~おに~こと~ばに~できな~い~♪」
互いの立場だけじゃないのよねぇ。
好きな相手は他のオナゴが好きだってわかってるから。

ツンデレハートな乙女は、意地っ張りな所もあるから
面と向かってそんなに素直に心の内を表現する事なんて出来ないのよ。
しかもタチの悪い事に自分自身も認めようとしない意地っ張りだったりするのです。
もう、答えはわかっているのに既に結果は出ているのに
「いやいや。そんな筈はない。っていうかそんなわけないじゃん。」
みたいにいろんな理由を付けては自分の本心に背を向けるのです。
自分を否定すればする程認めてるってことなのに、
最後の最後までそれに気が付こうとしません。
「今は求めるよりも新しい出会いを待ちなさい。」
なんて素の彼女なら死んでも言えないよねぇ!?(爆)

翌日、ひやかしに行って怪我まで負って自己嫌悪に凹んでいる聖姑ちゃん。
まだ令孤冲にも拗ねていたのに、彼の
「自分を殴りたい気分です!」
っていう言葉に一気に機嫌が直る所なんて抱きしめたくなちゃうわぁ♪
でも令孤冲の「何故高齢なのにそんなに声が若いのか?」という素朴な疑問に
「喉でなく心で歌っているからよ。」
っていうところ、よくもまぁそんな出鱈目を!うそつき~!(爆)

「まだ、小師妹を忘れられません。」
「林師弟は?アナタの好きな人を奪った人よ。殺しなさい。」
おいおい!なんて過激なアドバイス!物凄い恋愛相談室だよ!(爆)
でも、そんな話の中で
「思うに、人の良し悪しは門派で計れません。」
と悟った令孤冲。この悟りが後の令孤冲の運命を決める大事な真理となります。

聖姑ちゃんや緑竹翁に琴を教わり、
酒や竹細工は緑竹翁に教わりした数日間は令孤冲にとって
崋山派での針の筵のような境遇を忘れられて本当に幸せだったんですよねぇ。

だけど、明日でお別れっていう段になって認めざるを得なくなった聖姑ちゃん。
好きじゃなかったらそんなに涙は出ないのよ!聖姑ちゃん!!
でもねぇ、そんなに(自分の本心に)知らん振りだったって
周りの人にはバレバレって事もあるのよぉ!(爆)

しっかし、緑竹翁はホントに良い爺やですねぇ♪
おっとりしているように見えて実は機転もきくし、
枯れてるように見えて実は乙女心もバッチリ把握!
あれだけの軽口を叩いても聖姑ちゃんに殺されないのは人徳の賜物。
お茶目な爺やを彼女も大事に思っているのでしょうね^^。
しかもあの技!
ゴム鞠のように弾いてるんですよ!ルフィかアンタは!?


さぁて!緑竹庵を離れてまたもや孤立の令孤冲。
しかも船内なんで逃げ場もないし琴の練習するしかないよねぇ…。

ところが崋山派一行の乗った船が開封に着いた辺りから雲行きが一変!
どこぞの誰かは知らないけれど、来るわ来るわ礼物の数々!
そんなに酒甕船内に持ち込んだら船が沈むんじゃないの!?って心配する位
みんな令孤冲に貢物を持ってきます。

そりゃあ師父は面白くないでしょうよ。
洛陽の金刀王家までは崋山派の掌門として自分が1番だったのに
開封に来てからは何故か弟子ばかりモテモテで
自分になんか誰1人声も掛けてくれないんだモンねぇ!

爺専の皆様!緑竹翁がいなくなったからって嘆かないで!
彼とバトンタッチで平一指先輩の御登場です!(笑)


開封に着いてなんだかんだと理由を付けて一番弟子を置いてきぼりにする師父と
負傷から病になった一番弟子を心配して噂の名医に診せようと提案する師娘。

そんなやり取りを知ってか知らずかどこぞの頭領やら幇主やらが使いを寄越して
令孤冲にお酒やら金銀やら宝物を持ってきます。しかも匿名で。

さらに祖千秋なるものが訪問。銘酒を前に酒器の講義。

汾酒 → 玉杯
白酒 → 犀角杯
葡萄酒 → 夜光杯
高粱酒 → 青銅の爵
米酒 → 大きな升
百草美酒 → 古藤杯(最悪、紫檀杯でも代用可)
紹興酒 → 古磁杯
梨花酒 → 翡翠杯
玉露酒 → 瑠璃杯

このように酒の種類によって酒器を使い分けるのが肝要なのだそうです。
鹿の角のお猪口なら奈良に行けば何とかなりそうだけど(笑)、
犀の角の杯となると今じゃなかなか手に入らない代物ですね。

米酒は日本でもお馴染みですよね。やっぱり升なんですねぇ。
升酒を楽しむ日本人は中国の飲み方としても間違ってなかったわけですね。

次は桃谷六仙が平一指を連れて来ました。
彼こそは『殺人名医』と江湖で名高い比類なき名医なんです!
「一人助けて一人殺す」治療の代償に誰かの殺人を請け負うのが決まりです。
桃谷六仙は寧中則に怪我を負わされた末っ子の治療を頼んだのです。

岳不羣夫妻も令孤冲の治療を頼みに行ったけど、その条件が飲めずに交渉決裂。
で、帰って来たらこの始末。
誰かが殺人を請け負ってでも令孤冲の治療を頼んだって事だよね。
師父として立場ないよねぇ!

その平一指に令孤冲が死ぬまで面倒を見るように言いつけられた桃谷六仙。
岳不羣にとってはとっても迷惑な話なんだけど、
崋山での剣術派を八つ裂きにした荒業を恐れてむげに追い出す事が出来なくて
渋々黙認状態なんだって。

で、桃谷六仙が令孤冲に飲ませたのが

『産地直送!その場で醸造!桃谷六仙酒!』

飲みたくねぇ!!!(爆)
だって、身体つたって落ちてるんだよ!それを飲むわけだよ!
アイツ等どうせろくに風呂も入ってないだろう!?醸造って言うより汚染だよ!
でも、あの時長男の桃根仙から順に酒の説明をしていた桃谷六仙。
やっぱり実の部分の台詞は末っ子が言っていたよねぇ?
じゃあ、やっぱり末っ子が桃実仙じゃんねぇ?あのテロップが間違ってたんだよね!

で、拗ねてる林ちゃんと霊珊が誰かにさらわれ、
酔っ払った令孤冲も老頭子にさらわれました。
祖千秋が持ってきた杯には老頭子が娘の治療にと長年材料を集めて作った
《続命八丸》っていう薬が塗りつけられていたんだって。
それでその薬を酒と一緒に飲んじゃった令孤冲の血を
娘に飲ませようと老頭子は考えたんだね。

祖千秋が飛び込んできて何やら事情がわかると急に縄を解いて謝る老頭子。
でもその後が…。

隣の部屋に娘をお姫様抱っこで連れて行った令孤冲と
今や椅子に縛り付けられて身動き出来ない娘の父とその親友。

「きゃあ!いやぁ!!やめて!」
「そんなの飲みたくないわ!いやぁ!お願い!やめてぇ!」
何を飲ませてると思ったんだよ!親父二人!!(爆)
ここでプッと吹き出したそこのアナタ!アナタも同じです!(爆)

で、出ましたぁ!ザ・ポリネシアンファイヤーショー!!(爆)
全く意味もなく出てくるこのショーはどなたの提案だったんでしょうか?
日月神教の発祥の地は実は東南アジアの海沿いだったのか?

黒墨崖の日月神教本部からの中継でした!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『笑傲江湖』 8回目

さぁて、今週はどんなお話かなぁ? やたっ!お稽古&クルーズの巻だぁ! やたら声に艶があるお婆様(気付けよ!)と緑竹翁に琴を習うことになった令狐冲。 でも、岳霊珊の為と知ると、お婆様は途端に具合が悪くなります。 もう、わかりやすいんだからぁ...

comment

Secret

rei☆azumiさん,へ

こちらこそ、バタバタと申し訳ありませんでした。

『神侠侶』のキャラとしてはダルパ君がダントツなサル君。
ってか、何見てんだよ!あのドラマの!(爆)

岳不羣はねぇ…。
あのオッサンはねぇ…。
深読みすればする程いつからが野望の一部だったんだろう?って
わからなくなりますよね!そもそも気功流と剣術流の一件もあったし。
そう考えるとそら恐ろしいですね。

昨日はどうもありがとうございました。
来月、第二土曜日にも同じ時間に開催される予定ですので、よろしかったら、お立ち寄り下さい。

さて、

>あのねぇ、ダルパ君もらって喜ぶのはアンタだけだから…(爆)。

『神侠侶』どこの家庭でも、微妙に影を落としておるようですね。
我が家でも父が笑傲江湖を見ながら
「前の(神侠侶)がよすぎたから、今度のはあまり面白くない」
連城訣と大旗英雄伝が、完全に頭から抜けております(^_^;)

>そりゃあ師父は面白くないでしょうよ。
>洛陽の金刀王家までは崋山派の掌門として自分が1番だったのに

もし岳不羣が冷狐冲を弟子にせず、崇山派に左冷禅のような野心家の掌門がいなかったら、
君子剣の仮面をかぶったまま、穏やかに生涯を送れたんじゃないかと、ふと思ったんですが、
無理でしょうかね、この人の場合?

くまんちゅうさんへ

そうなのよ!
傍で見ていると本当にバレバレなのに
本人だけは「誰にも気付かれていない!」とか思ってるんだよね!
っつうか本人が一番気付いてなかったりするのよ!
わかるわぁ!経験あるわぁ!(爆)
思い返すとあまりの愚かさに顔から火が出そうになるわぁ!

儀琳ちゃんは確かにしばらくお休みだもんね。
でもまた出てきますから!儀琳ちゃんの可愛さ全開しますから!
楽しみですね♪

Marioさんへ

聖姑ちゃんは、可愛い!!(爆)
今更だけど、やっぱり可愛い!!

>フテクサレテ後ろ向いて寝てる
いや、そこがまた可愛い!!(爆)
そっか、あの薬儀琳ちゃんから貰った薬だっけ?
そこは思い至りませんでした!
だったらそうなのかなぁ?それでも尚更可愛い!!

とにかく金庸ヒロインで1番大好きなのはこの聖姑ちゃんです。
なんか共感しまくるんだよねぇ!

ツンデレ爆発中

ついに来ましたね、ツンデレ爆発!
傍から見てるとホントわかりやすいなぁ・・聖姑ちゃん。
おかげで儀琳ちゃんの出番が無くて萎えてます、、、、

許晴さん聖姑モード全開!

 この辺は許晴さん聖姑モード全開!ですね。 次回含めあれだけのシナリオは多分彼女も噛んでますよ。 男だけでは書けない(笑) 
 あの、岳パパにやられた後、フテクサレテ後ろ向いて寝てるのが大笑い!。 いくらなんでも家に帰って奥さんがあれじゃあ!(爆) あの薬が儀琳チャンのプレゼント使い回しなのが分かって更にイジケテるんですかね(笑)
 聖姑様「七面相」拙宅に乗せました。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪