加藤博一氏の訃報

突然の訃報だった…。
TVから「加藤博一さんの通夜がしめやかに行われ…」と聞いた時、一瞬耳を疑った。
「え?博一さんが…?」



私は阪神ファンです。
俗にいう熱狂的なファンというモノではありませんが
幼少の頃はずっと関西に住んでいた為、ごく自然に「虎の子」として育ちました。
今や感覚的には、親戚みたいなモンです。
「今年はどうかなぁ?」「頑張って欲しいなぁ。」
「昔はどうしようもない子やったけど、やれば出来る子だと思ってたのよ。」(優勝時)
所属の選手を甥っ子か従兄弟位の気持ちで応援しています。


加藤さんは物心付いてしばらくした頃からお気に入りでした。
けっして器用ではなさそうなんだけど明るくて一生懸命。
花形スターでは無いけれど職人風な感じが好きでした。

彼が阪神で背番号8番を獲得したと聞き「背番号が一桁になった!」と
喜んでいた矢先、横浜大洋ホエールズへの移籍が決まりました。

「えぇ!?博一さん、横浜に行っちゃうのぉ!?」

と、とっても寂しい思いで送り出したのですが…

ほどなく私も父の転勤で横浜に移住。
大洋に入ってから《スーパーカートリオ》が話題になり、
その中に博一さんがいる事をとても嬉しく誇らしく思っておりました。

横浜スタジアムに試合を見に行った時、
(もちろん私は阪神側スタンド(3塁側)にいたのですが)
外野席の阪神ファンがレフトを守る博一さんに
「ひろかずー!ひろかずー!」と声を掛けるのに
チョッとお茶目な仕草をして応えていたのがとても嬉しかったです。

観戦中は「博一さんが大活躍で、でも阪神が勝つといいなぁ。」などと
わがままな願いを心の中でつぶやいていました。

そんな話を熱狂的な横浜ファンの友人が聞きつけ、
「だったら、サインを貰ってきてあげるよ。」
と言って、本当に貰ってきてくれたのがこの色紙です。

加藤博一のサイン色紙

メチャクチャ嬉しかったなぁ!

何かのイベントの放送で掛布選手に「カケ!カケ!」と声を掛けていた博一さん。
プロ野球ニュースで、語り出したら止まらなくなりそうで、
周りがドキドキしていた博一さん。





もう、プロ野球ニュースを見ても会えないんだね…。





ご冥福をお祈り申し上げます。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加藤博一 告別式

加藤博一氏の訃報突然の訃報だった…。 TVから「加藤博一さんの通夜がしめやかに行われ…」と聞いた時、一瞬耳を疑った。 「え?博一...

comment

Secret

くまさんへ

フフフ。博一さんの真似をしてたんですね?^^
私は竹之内の真似なら良くしていました(笑)。

あの頃は自分が小さかった事もあって、
野球選手ってみんなオッサンに思えたもんだけど、
今になって考えてみると本当にオッサンだったのは
そう何人もいなかったんですよねぇ?
せいぜい30代まででしょう?40代で超ベテランだから。
それを思うとなんだか申し訳ない気持ちになります…(笑)。

釣り人さんへ

そうです。
まるで博一さんの後を追う様に(笑)関西から横浜に移住しました。

あの頃は空前の漫才ブームの時代。
真剣に話しているのに「漫才みたい!」とからかわれて
その頃から言葉(方言とはいえ)とアイデンティティとの
密接な繋がりを認識するようになりました。

家族は関西育ちなので横浜にいても家の中は関西弁の世界。
その内玄関のドアを挟んで言葉を使い分けられる様になりました(笑)。

すー・すーすさんへ

今となってはもう二度と手に入らない貴重な色紙になってしまいました。

彼のお陰で横浜に行ってからも大洋の選手を
身近に感じる事が出来るようになりました。
同じ阪神から移籍組の若菜、高木に屋敷、田代に遠藤…。
思えば個性的なオッサンが揃ってましたねぇ…。

蒲田行進曲

名選手の弔辞が放送されてましたが、最後にファンが「蒲田行進曲」をラッパで吹いて送るシーンを見て、思わずポロッとしちゃいました。
昭和50年代は味のある選手が多かったし、各チームの戦力も均衡してたので面白かったですね。加藤さんの独特のバッティングフォームは印象的で、よく真似してました。ご冥福をお祈りします。

びっくり!

自分も、新聞を見てびっくりしました。
そういえば最近テレビに出ていないな~と思って、まさか病気だったなんてね。
特に野球が好きと云う訳でもってなく、好きなキャラの1人でした。
ご冥福を祈ります。
どぅいちゃんさんは、関西に居てたんですか!たまに関西弁が混ざってるので不思議に思ってました。

納得!

残念

私は、新聞で訃報を知りましたが、ほんとに「エーーーッ!?うそでしょ?」というかんじでした。
特に応援する球団というのはないのですが、個人的に好きな選手はたくさんいます。現役の時から目立っていましたねぇ。微笑ましい方で好きでした。個性のある選手が減ってい中、すごく明るくて元気な加藤さんは見ていてとても気持ちのいい人でした。
お手もとの色紙がなお一層思い出深いものとなってしまいましたね。
改めて 合掌
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪