『笑傲江湖』 8回目

さぁて、今週はどんなお話かなぁ?



やたっ!お稽古&クルーズの巻だぁ!


やたら声に艶があるお婆様(気付けよ!)と緑竹翁に琴を習うことになった令狐冲。

でも、岳霊珊の為と知ると、お婆様は途端に具合が悪くなります。


もう、わかりやすいんだからぁ(笑)。


緑竹翁にからかわれすねているお婆様。


だから気づけよ令狐冲!

前回より声が若返ってんじゃん、お婆様!(もうバレバレなのに…)

緑竹翁も大変よねぇ。

あんなお転婆なお婆様の世話をしているなんて…(笑)。



そこでとうとう、令狐冲は決して師父を前には言えない本音を吐きます。

「人の良し悪しは問派では計れない。」

こんな事師父の前で言ったら、即破門だもんね。




しかし、中国の琴の音は私は好きだなぁ。

日本の琴より低い音で少し枯れた感じで侘び寂の風情があるのに

どこか艶のある音。


逆にパパでお馴染みの笙の音は

日本の尺八より高い音で、でもシチリキみたいにキンキンせずに

艶っぽく甘い音(甘く感じるのはパパが吹いていると想像してしまう私のせいかも)。


劇中に掛かる琴や笙の音は本当に素敵です。

令狐冲じゃなくても習いたいなぁって思ってしまう。


中学の時課内クラブで習った日本の琴は私には高音過ぎたし、

ダディの鉄箏は枯れ過ぎて、いま一つピンと来なかったのだけど、

聖姑達の弾く琴の音は好きです。


あの甘い笙の音を聞きながら私も眠ってみたいわぁ♪

誰が吹いているかって?

イヤァ~ん!(ビシッ!と照れ隠しの弾指神通がアナタの耳元をかすめた)




そして王家を離れることになった崋山派。

別れが悲しくて聖姑は泣いちゃっています。

散々岳霊珊への思いのたけ(要するにフラれた男の愚痴ね)を令狐冲に聞かされても

いや、聞いたからこそ、

それでもなお、惚れた女性を大切に思う

そんなひたむきな彼の事が好きになっていたのでした。

その一途な思いが自分に向いてくれたらいいのに…。

でも、お婆様だから言えないの(笑)。



そんで餞別に琴を進呈。

見ました?緑竹翁の技!

ざまぁみろ!王家の馬鹿兄弟!

お前等がどんな風に令狐冲に接してきたか

緑竹翁はとっくにお見通しなのさ!



さようなら!金刀王家!

さようなら!張P!(あれだけ出れば満足だろう)



ついに崋山派はクルーズの旅にしゅっぱぁ~つ!

無事に船は開封に着きます。


そこで皆は船を降り

ひと時の息抜きをするんですが

令狐冲だけは居残り組。

怪我はしているし、

崋山派のみんなとわいわいやる気分じゃないんだもん。

こんな時六猿が生きててくれたら

きっと一緒に残って相手をしてあげたのに…。



でも…

船から一歩も出ていないのに、急にセレブ待遇になる令狐冲。

お酒は届けられるは

そのお酒の飲み方を教えてくれる人は現れるは

崋山派掌門夫妻が揃って頼みに行っても断られた

名医と謳われる医者は向こうから見に来てくれるは、

しかもお題は向こう払いっぽいですゼ、令狐アニキィ。


変な親父に連れ去られても

何故か急に待遇が良くなる。

まさにセレブ。


でも、それがいよいよ気に入らないのよねぇ、岳不羣のダンナ。

あんた、ホントに令狐冲を心配してんのかね?

崋山にいた頃からなんだかんだと

令狐冲から皆を遠ざけるような態度を取って、

岳霊珊には必ず林平之とセットで令狐冲の所に行かせ、

なんか傷心の令狐冲の心にワサビねじ込んでいるとしか思えんのよ。



そんな中

岳霊珊と林平之がさらわれた!

そんな時またもや令狐冲は行方がわからなかったので

またしても、岳不羣の疑惑を買うことに。

とうとう表立って労徳諾に監視命令を出しました。

あぁあ。これで、完全に他の門弟達も令狐冲には近づけなくなってしまった。


それにしても岳霊珊。ため息出るよ。

大師兄との話を林平之が聞いてすねていたら

「誤解しないで。私は心変わりしないから」って

てめぇ!令狐冲に対しては思いっきり心変わりしてんじゃん!

やはり、岳霊珊の令狐冲に対する「好き」の気持ちは

オチビちゃんが家族に対して

「お兄タン、だぁ~いちゅき♪アタチ大きくなったらお兄タンのお嫁タンになゆの♪」的な

「好き」だったんだねぇ。

で、大きくなったら、そんな事言ってた事なんかすっかり忘れて

「兄貴!兄貴のクラスの○○先輩と私さぁ、付き合ってんだ♪お父さんには言わないでよ!」

てな事をのたまうわけです。

ま、実際に実の兄だったら笑い話で済むのだが、

相手は師兄の令狐冲。真に受けていただけにショックは大きいよねぇ。

本当に人の事を好きになる位大きくなったのなら

気付いてやれよ!バカ娘!って思うのはまだ無理な年齢なのかなぁ?



少し前までは

崋山派の一番弟子として師父に期待され、

門弟達の信頼も厚く、

いつも明るい笑い声の中心にいた人なのに。


今、彼の近くにいるのは

崋山派ではない桃谷六仙だけ。

あ、ウルサさでは6人で60人分はあるので

賑やかではありますが…。


って、あの酒は?あの飲み方は本当に美味いのか?令狐冲!


あそこだけは岳霊珊が眉をひそめても反論できなかった。





神様!こんな悲しい船旅の令狐冲に

一服の清涼剤を!


神様はわかっています。

ただ、それは爽やかな清涼剤ではありませんが…。

それはもう…一服の歩くバイアグラ!(あったでしょ?そういうの!)



今週出て来なかったモンなぁ。

待っていたのに…。

来週待ってまぁ~す♪




ところで…

清フユウ(あぁ、漢字忘れた)が言ってたけど

「崋山派の情報を流している奴がいる」って誰?

つまりスパイだよね!崋山派内にスパイがいる?

でも剣術派は落ちぶれた残党ばかり。

しかもリーダーの清フユウは頭悪そうな侯通海。

アイツがそんなスパイを送り込むなんて、念の入った事するかなぁ?

そう言えば岳不羣はバックに嵩山派がいるって言っていたけど

じゃぁ、スパイの出ドコは嵩山派って事?


嵩山派のクセに崋山派一門の顔をして

あの中に混じっている奴がいるのか?

あの時代、さすがに盗聴器は無いだろう…。



さぁて、桃谷六仙も少しづつ本領を発揮してセリフが増えてきました♪

ただ映像では、やはりバックでゴチャゴチャ言ってる感じになっています。

出ないとまともに取り上げたら、あいつらだけで放映時間終わっちゃうから(笑)。




さぁて、来週が楽しみだなぁ♪

何といっても私の一押し女性キャラの登場だもん♪



では、パパの笛で良い夢でも見よう。

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪