スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《あぶくま洞窟》に行くの巻

こないだ、三仙を連れて福島県内にある《あぶくま洞窟》と《入水鍾乳洞》に行ってきました!

《あぶくま洞窟》のガイド↓
http://domestic.travel.yahoo.co.jp/bin/tifdetail?no=jtba0803150&genre=105&t=g&ref=gds&ken=07
《入水鍾乳洞》のガイド↓
http://machi.goo.ne.jp/snd/spotID_TO7000585/leisure/details.asp




まず訪れたのは《入水(いりみず)鍾乳洞》。
入口はこんな感じ。
20070813223027.jpg
ここはAコース、Bコース、Cコースと洞内の探索コースが三つに分かれています。
私達が行ったのは、「ホンのさわりコース」なAコース。
途中に鉄格子戸があり、その脇に
『Aコース終了地点。Aコースの方はここで引き返してください。』
と看板が出ています。
「えぇ?行きてぇ!もっと奥まで行ってみてぇ!」
と消化不良な私達。いつかリベンジをと鍾乳洞を後にしました。

で、やってきたのが《あぶくま洞窟》。
コチラは料金が高い!《入水鍾乳洞》の2倍以上する料金です。
入ってみると通路はほぼ全てコンクリートで整地されて、灯りも十分。
20070813223042.jpg
洞窟探検というよりは、本当に観光洞窟になっていました。
20070813223056.jpg
洞窟自体の規模も《入水鍾乳洞》より大きく一度に大勢の人間が入っていけます。
20070813223114.jpg
洞窟内の広間(広い空間)には休憩所と称してベンチも置かれているくらいですよ。
20070813223126.jpg
洞窟内のあちこちがライトアップされていて幻想的な世界が楽しめます。
単に日常では見られない景色を楽しみたいという方には
コチラがお奨めかも知れません。

ただ、なんちゃってでも探検気分を味わいたい方には
絶対《入水鍾乳洞》をお奨めします。
順路とはいえ足場はほぼ自然のまま。気を抜くとビッチャリ水に浸かります。
浅いのですが洞内を水がそこここに流れているのです。
その順路も岩と岩の間をすり抜ける様に進むので、
立ったりしゃがんだり、ひねったりしながら歩きます。
Bコースは灯りを持っていくのが必須条件なのですが、
入口で蝋燭を有料で貸してくれます。この蝋燭がまた良さ気じゃない?
懐中電灯や頭に装備するライトでも良いのだけれど、
蝋燭の儚げな灯りを手に「消えちゃったらどうしよう?」と
ドキドキしながら進むのも楽しそうです。

私は《入水鍾乳洞》派だなぁ(笑)。
じゃあ何故、《入水鍾乳洞》内の写真が一枚もないか?
暗過ぎて、ウチのデジカメではまともな写真が取れなかったからです(苦笑)。

今度、《あぶくま洞窟》に行く企画がある方は
是非近くの《入水鍾乳洞》にも足を運んでみては如何?

comment

Secret

猫龍さんへ

ホォ~ッホッホ!
意外と多いですね閉所恐怖症の方。
幼少の頃から探検と称して下水溝の中を練り歩き、
帰宅後母に玄関先で水をぶっかけられた私は洞窟は結構好きですヨン♪
(溝鼠状態だったと思うの…ホホホ)
何より下水溝と違っていろんな意味で綺麗ですからネェ(笑)。

(((p(>o<)q))) ギャアアア!!!

武侠狂いのσ( ̄▽ ̄)オイラですが。。
実は閉所、暗所、高所恐怖症!
ほぼ全てを完備する洞窟などとは
(((p(>o<)q))) ギャアアア!!!
入るまでも無く発狂しそうです。
やはり凌波微歩は会得不可能なので
葵花宝典目指しま~す(汗)

Marioさんへ

実はお盆前の唯一の休日という事で海水浴も考えたんですが、
ぽろっと洞窟の話をしたら三仙が行きたがったので洞窟行きになりました。

あそこに五岳剣法の絵を落書きしたら逮捕されますね(爆)。

>金蛇朗君が霊感で写ってるかもね? 岳不群のニヤケ顔も写ってたりして・・・
金蛇郎君なら良いけど岳不羣は速攻お払いします!(爆)
老頑童なら、ため息つきながらサルに進呈しましょう(爆)。

 阿武隈洞良いですね。夏は涼しい洞窟がいいです。
 令弧兄が独弧九剣を伝授された
崋山の洞窟の修行の場みたいですね。
>暗過ぎて、ウチのデジカメではまともな写真が取れなかったからです。
 金蛇朗君が霊感で写ってるかもね? 岳不群のニヤケ顔も写ってたりして・・・
 

Dさんへ

>入水鍾乳洞の探索コースは神雕侠侶の洞窟のようなのかな?
私達が通ったAコースでは、あのような広い場所はありませんでした。
もっと奥に行ったらあるのかなぁ?入口の洞内案内図には広そうな場所があったような気もするけれど…。
ただ天井が低く常に前かがみで歩かなければならない程なので
どうでしょうかねぇ?
足元は濡れているのでどっちかっていうと古墓の中の方が雰囲気は近いです。
あれが、メチャクチャ狭くなった感じ(笑)。

いいですね。

幻想的ですごく涼しそう!
入水鍾乳洞の探索コースは神雕侠侶の洞窟のようなのかな?
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。