スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウリ、ピ~ンチ!急性腸炎!

『連城訣』のその後のレビューも、『大旗英雄伝』の先行放送のレビューも
そして『やっくんの緊急特番』の突っ込みも、
やろうと思っていたのだが…。


ウリが、月曜日の夜に風邪で発熱。火、水と過ぎて木曜日に平熱に戻った。
でね!その夜からよ!6時も過ぎた頃、

「母ちゃん…お腹が痛い…。」

腹を抱えてトイレに行くウリ。
風邪の時に医者に貰った抗生剤の副作用で下痢になったか?
最初はそう思ったのだったが…。

その後もウリのトイレ詣では止まらず、しかもどんどん痛みが増していく様子。
夜の11時を回った頃には便に血が混じり始めた。

切れ痔にしては、様子が変だ…。

「母ちゃん…メチャクチャ腹が痛い…。病院に行きたい…。」

腹を抱えたまま動けないウリ。
11時30分、ウリを連れて隣町の夜間診療所に向けて出発。

夜間診療所の医師はTVの『Dr.コトー診療所』で、
主人公の後藤医師が東京の病院を辞めるきっかけとなった若い医師が小太りになった感じ。
聴診器を当てて、喉を見て、腹を押してみて

「腸炎でしょうが盲腸という可能性も捨て切れません。
ここではレントゲンや血液検査も出来ないので、
家で様子を見て明日掛かりつけの医師に診てもらってください。」
と、整腸剤(ビオフェルミン)を処方して終わり。

夜間診療所ってこんなモンなのよねぇ。
ま、痛がっているウリには気が済むと思って連れては来たが、
いつもながら夜間(休日)診療所の対応にはムカっ腹が立つ。
なんていうかさぁ、面倒臭そうなのよ。医師の態度が。

こっちだって、正規の時間より金だって掛かるし、
近所に無いからわざわざ遠くまで行かなくちゃならないんだし、
余程の事が無い限り、すき好んで夜間休日診療所に行こうとは思わないよ。
それがね、医師からしてみたら確かに大した事がない症状で
親が連れて来る事があるかもしれないけれど、
それなりに具合が悪いから来ているわけじゃない。

特に痛がっている場合は、なんとか痛みを取り除いてやりたいと思うわけよ。親は。
それをさぁ、
「あぁ。ここでは何も出来ませんから。」
と、さも面倒臭そうに言うくらいなら、夜間対応なんかやめちまえ!
出来ないなら出来ないで仕方ないけどもう少し言い方ってモンがあるじゃない?
ま、毎度の事なんで、慣れてはきたが慣れるしかないのかなぁ?この対応?

で、一晩眠れずにいた母息子。朝の8時30分。
翌朝一番で近所の医者に行く。掛かり付けの医師は痛がるウリを見て先に診てくれた。
ここでもやはり同じ診察内容。
でも、診察内容は同じでもやはり掛かり付けの医師は
親身な態度で接してくれるので嫌な気は起きません。
人と接する仕事なんだから、こういうトコ学べよ!昨夜の夜間の兄ちゃん!

診察を終えた医師は
「確かに盲腸という可能性も全くないわけではないので
街の大病院で検査してもらってください。」
と紹介状を書いてくれた。

それを持ってすぐにまた車で隣町に移動。
昨夜の夜間診療所の隣にある大病院に着いた。
初めて訪れるその大病院。中はまるでデパートのようだねぇ。
総合受付に紹介状を持って行くと、外来受付まで案内してくれた。
そこで、小児科の医師に診察を受ける。

レントゲンと血液検査と便の検査を受けるように言われて、
その経路が書かれた院内地図を手渡された。まるでオリエンテーションだよ。
ウリは相変わらず痛がっているので車椅子で移動。クララを連れたハイジの気分。

レントゲンを撮りにいくとそこの技師は物凄く子ども扱いが上手かった。
こんな態度で出来ないモンかね?昨夜の夜間の医師。

で、とりあえず点滴を受けに点滴ルームへ。
ってか、そんな部屋があるんだね。大病院は。

そこで点滴を受けている間、お互い少しウトウト。
と、小児科に呼ばれたとの事で、また小児科外来に戻る。
レントゲンと血液検査の結果、盲腸ではなく急性腸炎と診断された。
「入院ですね。」
「ゲッ?」
「い、いや…。入院しても結局生理食塩水を点滴するだけなんです。脱水症状が一番怖いので。
口から水分を補給出来るのであれば、自宅で療養する事も可能です。」
「じゃ自宅で療養します。」

また点滴ルームに戻り、点滴を終えた後、帰宅。夕方5時を回っていた。
「2~3日は何も食べなくても大丈夫です。ただ水分だけは摂ってください。」
家に帰って、水を飲もうとしますが上手く飲めません。
腸が炎症のために壁が腫れて中の空間が狭くなり水分すら通らないので
下手に水を飲み込むと吐いてしまうのです。

口の中をゆすぐようにしながら少しずつ飲み込むウリ。
病院での500mlの点滴の貯金があるとはいえ、このまま飲めなくては入院になります。
「痛みを取り去る事は入院したとしても出来ません。痛みをとる治療法は無いのです。」
ウリは相変わらずトイレに行くたびに泣き叫んでいました。

私も仮眠をとりながら、トイレでウリが「助けてよぉ!」という声で目が覚め
トイレに行って背中をさすります。
こんな時は不思議だねぇ?(笑)
この私がはたと目を覚ますのよ。トイレの中のウリの声で。「助けて!」と言う声で。
母という生き物は野生の部分が残っているよ。絶対。
普段なら、絶対に起きないもの。そんな離れた場所で誰かが騒いでいたって。

翌朝(土曜日)になりなんとか少量なら普通に水が飲めるようになりました。
でも、まだまだ少しずつ。脱水症状にならない最低量は1日に1ℓ。
飲むとお腹が痛くなる恐怖を抱えながら必死に飲みます。
大病院で下痢止めを貰って飲んだウリ。飲むと刺激で腹は痛むのですが
下痢は止まってきました。ただ腸内で出血しているらしいので、
お尻から血が垂れて出てきます。
スーパーで老人用のオムツパンツを買ってきて履かせました。

そして日曜日。水はゴクゴクと飲めるまでになりました。
昼にはお知りからの出血もほぼ止まりました。
ウリは腹が減っているのと、早く直したい一心で朝から500mlのペットボトルを3本も空に。
反動でお腹が痛くなり、半ベソ。お前ねぇ…。気持ちはわかるが、一気に飲みすぎ!

午後になり、アクエリアスを飲んでみました。
恐る恐る飲んでみたウリ。どうやら大丈夫そうです。
で、久々の味付きの飲み物なモンで、ゴクゴクと500mlを飲み干す。
おいおい。大丈夫かよ?

7時過ぎには、ゼリー状のカロリーメイトを食べてみました。
いい加減栄養も体内に入れないと、もう体の中は空っぽなんだから。
しかし…。十数分後に激痛が襲い、トイレで全部出てしまいました(涙)。

しかし嘔吐感は無いようなので、腸の炎症は少しずつ治まってきているようです。
出血もほんの少しうっすらと出ただけで、もう殆ど止まっています。
もう一度、水→アクエリアス→ゼリー状か、重湯でやり直しです。

頑張れ、ウリ!

comment

Secret

shenさんへ

>ウリ坊も母ちゃんも、大変でしたねぇ。
ありがとうございます!お陰様で回復に向かっています!

>金曜日の晩でなかったことが一番のもうけものでしたね。
ホントだネェ!言われてみればその通りでした!(笑)

猫龍さんへ

おぉ!猫龍さんもでしたか!

そりゃあもう「死んじゃうよぉ!助けてぇ!」と
泣き喚いておりました。

でも峠も越えた今日辺りは久しぶりに二人でゆっくり過ごす事ができました。
いつもは部活だなんだでロクに話す時間も無かったしね。
怪我の功名ってやつでしょうか?

ま、うるさいハエのようにサルとブタが周りをドタバタ騒いでおりましたが…(爆)。

旻妹へ

アンガト!
腸の炎症もだいぶ治まってきているようですよ♪

銀妹へ

夜は《ウィダーinゼリー》を2パック、そして重湯をおかわりしておりました!(笑)

これから、少しずつ固形物を増やしていく予定。
なんとか峠は越えたよぉ(笑)。

母ちゃんも

ウリ坊も母ちゃんも、大変でしたねぇ。

金曜日の晩でなかったことが一番のもうけものでしたね。

(((p(>o<)q))) ギャアアア!!!

ご子息様お見舞い申しますm(_ _)m
σ( ̄▽ ̄)オイラも数年前全く同じ経験を致しました。
そりゃ~もう!不治の病に侵されたと大騒ぎ(下血に驚き叫びまくり・・)の挙句、救急病院で以下同様の対応。
猫龍一門口を揃えて「大学病院に転送してくれ~!」と訴えましたわ。
ほんと予後くれぐれもお大事に。
しかし、流石に三段腹がペッタンこになったのは、あの時だけでした。

うり~もう少しの辛抱よ
頑張ってね~

おお、やわらかい食べ物口にできたのね!これからどんどん回復するさ~!お大事に! 
by魔銀よりv-238

Dさんへ

>どぅいちゃん宅も3人のお子ちゃま達なんですよね~。
3人のお子チャマというよりは、野獣が3匹。
正確には桃谷三仙って感じですかネェ?(笑)

はい。体力気力共に消耗は激しいですわヨン♪
そして地声が段々大きくなっていくのです…(汗)。

今日はやっとゼリー状の《カロリーメイト》を食べることが出来ました^^。

うわ~。

大変でしたね~!
ウリ君、もう大丈夫ですか?
今、我が家に3人のお子ちゃま達が来ているんですが、
毎日、お疲れ気味のDです。
どぅいちゃん宅も3人のお子ちゃま達なんですよね~。
思わず、あなたに思いを馳せてしまった・・・。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。