例えばこんな話…日本でも『オッサン』化計画(笑)

瑛妹!《与天共武》で紹介してくれてありがとう。
そしてそこを経由してお越しの中国の皆様こんにちは。長文ですみません。
そちらに感謝とお詫びのコメントを入れようとしたのですが
上手くコメントを投稿できませんでした…(涙)。
こんな拙宅ですがゆっくりしていってください。



で、日本の時代劇でなんか《オッサン》が活躍できる話はないかなぁ?という事で
こんな話を考えてみました。


時代はまだ関所とか刀狩とか話の展開に面倒臭いものがなかった時代(架空も有)。
とある若者が一人のオッサンを助けます。
そのオッサンは実は剣の達人だったのですが、ひょんな事から死に掛けていたんです。
(ま、詳しい事情はおいおいという事で…ホホホ)
義理人情に厚いそのオッサンは命の恩人の若者に何か恩返しをと思いますが
その若者は何か様子が変なのでよくよく話を聞いてみると
実は若者は事故により記憶を失っていたのです。
唯一覚えているのは、若者の故郷の村のはずれで、愛する娘と再会を誓ったこと。
故郷の村がどこにある何て名前の村かどころか自分の名前すら覚えていないのですが、
その約束を果たす為に村に帰ろうとしている若者に感動して《オッサン》は
その若者に同行して故郷探しの旅に出ることにします。

どうやら海で事故に遭ったらしいといえば海に行き水軍のオッサンと出会ったり
背中の刀傷は山賊の誰々の付けた刀傷に似ているといって山に行き
そうこうしている内に、主を戦で失いブラブラしていた忍者のオッサンにも出会い
各地の情報収集がてらその忍者のオッサンも同行をする事になり
オッサン達と若者は各地を巡るのですが…
なぜか狙われる若者。
オッサン達もそれに気付き訝しがるのですが当の若者は記憶がないせいで
とんと心当たりがありません。
毎回オッサン達が暴れまくって追い払うのですが、どうにも不審なので
所持品を広げて調べてみるとお守りの中に一つだけ、
何かはわからないまでも奇妙なお札が出てきました。

どうやらこれを持っているために若者は狙われているらしい。
でも何故若者がこれを持っているのか?そもそもこれは何か?
剣術の秘伝書か、どこかの国の軍事機密か、はたまたお宝の在り処か?
でもって、それを狙ってくるのは何者か?
しかし若者の興味は故郷に帰って恋人に会うことそれだけです。

かくしてオッサン達は護身用にと自らの技を若者に教えながら
故郷を目指して旅を続けるのです。

若者は恋人の待つ故郷の場所を思い出すことができるのか?
オッサン達は若者を無事に送り届けることが出来るのか?
彼等に災いをもたらすお札の正体は?



ベタっすかねぇ?やっぱり…(滝汗)。いや、やっぱベタな話ですよねぇ?(己の不才にガックリ)
藩やお家のしがらみ抜きで、フリーで動くイカレたオッサン達を出したくて
でもやっぱ《イジラレキャラ》の若者は欲しくて
思いついたらこんな話になっていました(笑)。
やっぱ記憶の中にある若者の故郷は桃の花が綺麗な村がいいなぁ。
ここは譲れない所です!(爆)

タイトルはねぇ…タイトルは…『桃片捜記』。

え?意地でも『桃』で来るかって!?
だってぇ!?オホホホホホ!!(笑ってごまかす)

comment

Secret

Marioさんへ

ヨロシクおねがいしまぁ~す!!(爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>あの毒毒教(名前忘れた)の聖地の洞窟に金蛇剣を取りに行く件
 五毒教の何紅葉との因縁絡みのとこですね
 了解、買って観て報告しまあす!(爆)

Marioさんへ

それはねぇ…。
映像的にどう表現されるか(カットされるか)わからないんだけど、
あの毒毒教(名前忘れた)の聖地の洞窟に金蛇剣を取りに行く件よぉ^^。
西夏のお城の地下の氷室の虚竹より、もっと刺激的かなぁ?って(笑)。

あれを原作に忠実に映像化するなら、金蛇郎君には腹がプヨンなんて俳優はNGッスよ!
ムキムキマッチョ過ぎてもひくけどせめて板チョコの腹筋でないと…(爆)。

>>碧血剣
>金蛇郎君が楽しみ!(笑)
 青青のお母さんをテXメにするところですか? それとも憤死するところですか?(笑)
 それではおやすみなさい・・・

Marioさんへ

>役者さんは、黄薬師・曹培昌が悲運の宰相、丁春秋・申軍誼がやたら強い敵役の武侠、
>黄蓉・孔琳が育ての親で師父、阿九・孫菲菲が世間知らずの公主(うまい)、
>李逵・李逵が和尚、楊過がチョイ役(下手!)で出てました。
ほほぉ!
おなじみの顔が出てくるとチョッと嬉しくなるよねぇ!その人の軌跡とかも窺い知れて楽しいよね!

>碧血剣
金蛇郎君が楽しみ!(笑)

ゆみコアさんへ

>ごめんね。(と最初にあやまる)大爆笑しちゃいました。
心のスイッチを押しちゃったのねぇ!?(笑)

>おっさんだらけの映像を想像したら
可笑しくて可笑しくて
きゃ~はは(爆)(^◇^)
そうよぉ!オッサンの活躍の間にはオバサンも活躍するのよぉ!ホーホッホッホ!
「加齢臭イヤ!」っていう青臭いガキなんてクソ喰らえ!ってノリで
暴れまくるその姿をご想像あれ!

>ごめんね。
お気になさらず腹筋と頬筋が悲鳴を上げるまで笑ってやってくださいな♪

 こんばんわ。連休は天気も悪く外に出られないと予想し、范冰冰をシッカリ観たくて「ヒロイック・レジェンド 萍蹤侠影録」を借りて一気観しました。
 劇評は避けますが、途中かなり早送りしました。
 役者さんは、黄薬師・曹培昌が悲運の宰相、丁春秋・申軍誼がやたら強い敵役の武侠、黄蓉・孔琳が育ての親で師父、阿九・孫菲菲が世間知らずの公主(うまい)、李逵・李逵が和尚、楊過がチョイ役(下手!)で出てました。
 范冰冰は薄幸の美少女が似合ってましたね。後半は張丹楓に抱きついてばかりでしたけれど。
 オジサンたちはここでも良いですね。若者だけでは只のラブラブドラマでしかない。皆自分がはっきりしていて、且つ内面の葛藤を抱えている。ラストの方で張風府と澹台滅明が、最後の一騎打ちの前に酒をシミジミ酌み交わすところは同世代としてジーンときました。
 次は碧血剣が英語字幕で出てるそうなので観ようかと思っています。

ごめんね。(と最初にあやまる)
大爆笑しちゃいました。

おっさんだらけの映像を想像したら
可笑しくて可笑しくて
きゃ~はは(爆)(^◇^)

ごめんね。

Marioさんへ

えぇ?
南北朝から江戸時代までの四部作!?
そりゃまた壮大な…(笑)。
梁羽生の『七剣』関連作並みの長編ですねぇ^^。

私は『笑傲江湖』の如く時代は特定しない昔って事で…。
時代考証お構いなし!

あ、女侠ももちろん出さないとねぇ。
どぅいちゃん案は志保美悦子とやはり梶芽衣子です!(笑)。
夏木マリに岩下志摩や小川麻由美におっと山田五十鈴も!
こっわぁ!こんだけ揃うと怖い!(爆)
女侠というよりは妖女の集まりになってしまった。
小川麻由美なんか東方不敗させても良いかもしれないくらい…(笑)。

るんばさんへ

大滝秀治!

そうよ!彼の名前をド忘れして書けなかったけど彼も合格!(爆)

火をつけた手前小生案を・・・
1.時代設定:南北朝末期から江戸幕府成立まで「全4話」
2.主人公(男)南朝のかしこき筋らしい。もちろん本人は知らないが、幼児記憶にらしきすりこみあり。
父:不明、母:2歳のときに他界。
 初代は「松田優作」(しかいません)
3.主要プロット:
 彼の存在は市井では伝説になっているが、本人には秘とし育てていく養父母と友人たち。
 彼を「利用」又は「抹殺」する多方面の政治的勢力。
 これが主人公が何代も続き、江戸幕藩制の成立時までつづく
4.主な舞台:瀬戸内海島々、中国山地日本海側、京都周辺、関東平野
4.キャスティング(4人単位で考えます)
1)師:仁義:高倉健 武勇:千葉真一 知略:東野栄治郎 遊興:勝新
2)江湖の好漢:高橋英樹 菅原文太 緒方拳 渡哲也
3)かかわる美女達:真野響子 名取祐子 古手川祐子(皆様20年前ね)
本日はここまで・・・ 

妄想キャスティング、やめられません~(^^ゞ
再度、いいですか?

怪僧といったら、やはり大滝秀治です!
あと、枯爺系が好きなので有島一郎、浜田寅彦も入れてください。寺尾聰も最近いい感じに…。そうすると、いかりや長介も江戸屋猫八もいれてほしいし…あっ、なんだかみんな元盗賊ばっかりだ(^^ゞ

これだけの「オッサン」たちが揃ったら、壮観でしょうね。
主役は相当がんばらないとどこかの梅雀似の人のように、「あれ?主役、誰だっけ?」なんてことに…

たくいたさんへ

>カオルちゃん(竹内力)が。
カオルちゃんは良いよねぇ!

>山本太郎さんも、いかれオヤジの素質あると思うんですが。
山田太郎は確かに素質はあると私も思います。
でもまだ開花してないんですよねぇ。する機会がないというか…(苦笑)。

すごいじゃないですか!
中国で紹介されてますね~!
韓瑛さん、ご無沙汰してます!

日本にも、いかれたオッサンがいますよ。


カオルちゃん(竹内力)が。

山本太郎さんも、いかれオヤジの素質あると思うんですが。

るんばさんへ

生死を問わずのキャスティングなら、絶対三船敏郎は外せないし、
丹波哲郎やら萬屋金之助が独自の不思議ワールドを炸裂させて
東野英治郎と成田三樹夫がニヒルに笑い、
敵か味方か怪僧・笠智衆がカラカラと笑う。

あ、ほぼ全員死んでる!(爆)

『三匹が斬る!』での高橋英樹は《殿様》って爽やか路線だったからなぁ(笑)。
今ならもう一つ突き抜けてイカレてくれるかしらん?

あ、中村吉衛門や山崎努や夏八木勲に緒方拳、片岡孝夫辺りなら
長屋の裏手の蕎麦屋の一つや二つ更に寒村の馬小屋から納屋から
ぶっ壊すのにピッタリかも…(爆)。
若手なら水軍の若頭で竹内力なんか如何?大頭は勝新太郎で(笑)。
そそ若山富三郎も捨てがたい…。

「こんな人と一緒にいても良いのだろうか…?」と
若者が呆気に取られるほどの豪放さが欲しい所です。
でもお茶目で根は良い人だから憎めない《オッサン》。
キャスティングが難しいねぇ…(笑)。

おっと忘れてた(爆)主人公。
そんなオッサン達のありがた迷惑(爆)な同行にもめげずに
一緒に旅するんだから芯は強くても人の良さ気な若者がいいなぁ。
妻夫木聡クンとか?イジラれるにはちょうどイイ感じじゃない?

どぅいさん、おはようございます。
時代劇大好きるんばです。

日本「オッサン」化計画、大賛成です!やはり「三匹が斬る」シリーズみたいになるんでしょうか?

オッサン達の活躍もさることながら、イジラレ役は大好きなアノ子にシカトされたといっては血を吐き、謎の怪力僧にどつかれたといっては血を吐き…周諭しかり、沖田総司しかり、「イケメンの吐血」は浪漫だなぁ~。

あ、「オッサン」俳優には、ぜひ高橋英樹さんをお願いします。
なあんたって「桃から生まれた…」ですから…。「桃」つながりで。

女王へ

きゃあ!きゃあ!(ジュルジュル…)
まぁ、剣といっても日本じゃ得物は刀だから、
血刀老祖は有りだけど(有りなんかい!?)
こんな二人が同行じゃあ悪人にやられる前に若者の命がもたないかも…(爆)。
丘&柯のコンビでもすぐに死にそうだし…。
西北か東北のコンビくらいにしないと話が続かないかもよぉ!(爆)

それはこんな

http://blog.sina.com.cn/main/html/showpic.html#url=http://s12.album.sina.com.cn/pic/4a04530502000yon
お二人が出てくるのでは(笑)

で、イメージとしてはこれでしょう?↓(爆)
http://blog.sina.com.cn/main/html/showpic.html#url=http://s3.album.sina.com.cn/pic/4a04530502000yoq

ほら、どぅい姐、よだれを拭いて~
で、例の
http://blog.sina.com.cn/main/html/showpic.html#url=http://s2.album.sina.com.cn/pic/4a04530502000yop
こっちで一緒に一服しよう画像でしめましょう~(爆)
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪