アカデミックな子供達の会話(笑)

6月24日(日)の『金庸迷の部屋』にお越しの皆様、呼んでいただいたのに行けなくてゴメンね。
その日は疲労がMAXになっていたのか、午後6時40分に野球部の当番から帰宅して
炊飯器をセットして、寝室で着替えた所から記憶が飛んでました(苦笑)。
気が付いたら月曜日の午前6時でございました。いやぁ、久々に爆睡しちまったようで…。


そんな野球部の当番での出来事…。帰りの車内での子供達の会話。

あるモノが幾つあるのかを話していて…

Aクン「○○は八つだよ!」
Bクン「“やっつ”って何個?」
全員 「へ?」
Bクン「だからぁ!“やっつ”って何個なの?」

おぉい!お前は幾つだぁ!?(ちなみにBクンは小学4年生)

Aクン「お前本当に知らないの?」
Bクン「うん。で、幾つなの?」
Cクン「1から順番に『ひとつ、ふたつ…』って数えてみろよ。」
Bクン「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、む……?」

何度やっても五つまでしか数えられないBクン。

Aクン「次は“むっつ”だよ。」
Bクン「そっか。ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ?」
Cクン「そうそう。合ってるよ。」
Bクン「ななつ、ななつ…。で、次は?」
Cクン「次が“やっつ”!」
Bクン「おぉ!ひとつふたつみっつよっついつつむっつななつやっつだから…8個かぁ!」

順番に指で数えて、“やっつ”が8個である事を確認しました!

Aクン「お前、マジで知らなかったの?ヤベェよ。幾つだよ。」
Cクン「小学校1年生でも知ってるぞ。」
Bクン「えぇ?でも本当に知らなかったんだよ。」
Aクン「で、“やっつ”の次は?」
Bクン「ここ…ここ…?」
Aクン「“ここなっつ”だよ。」

コラァ~!マジで知らない人間に嘘を教えるなぁ!本当にそう覚えちゃうでしょ!

私 「“やっつ”の次は“ここのつ”だよ。で次は“とお”。」
Bクン「そうか。“やっつ”、ここのつ“、”とおつ“!」

いや!“とお”に“つ”は付けないの!

Bクン「で、11は何つ?“じゅういちつ”?」

11以降はそのままです。“つ”もいりません。

おいおい…。お前は何人だ?何語が母国語だ?
でも確かに「一つ、二つ…」って数えるのは小さい時だけなんだよね。
その時に使わないと覚えないのかも。

でも、この数え方は便利な所もあって、
後ろに「○個」とか「○枚」とか助数詞を知らなくても物なら万能で使えるんだよね。
だから、助数詞の使い分けが出来ない幼児にはまず「○つ」で数えてあげるのだが…。

学校までの数十分はBクンの数え方教室で盛り上がっていました。
ある意味アカデミックな車内…(爆)。

グローバルだ、英語だというのも良いけど、
まずは日本語で一から十までの数え方を覚えましょうね。
この数え方は意外と大きくなってからも使うのよ。

『電話番号は、フリーダイアル0120の、6910-8814(ムクット ヤバイヨ)』 (爆)
(既にお気付きかも知れませんが、この電話番号は出鱈目です。実際に電話しないでね!)

ほらね。こんな風に大きくなってからも、こんな所で目にし、耳にしているのです。
「ひとつ、ふたつ…」の数え方を知らなければ、この覚え方は意味を成しません。

ところで、数え歌といえば地方によっていろいろあると思いますが、
私が小さい頃覚えたのはこんな歌でした。

『イッちゃんとこのニイちゃんがサンちゃんとこでシッこして
ゴめんもいわずにロクでもないことシチめんちょう
ハッとばされてクそふんで、トオとおとおないちゃった♪』

皆さんの覚えた数え歌はどんな歌ですか?

comment

Secret

たくいたさんへ

アハハ!知ってるけど、それ数え歌に入んのかぁ!?(爆)

それいうたら、関東には
「カステラ一番電話は二番三時のおやつは文明堂」
ってのがあります。
これも三つまでやなぁ…(笑)。

あと関西なら、
1・2・サンガリア
2・2・サンガリア

ありがとサンガリア!

もありますが、3までしか数を読まない欠点に、今、気づきました(汗)

でも、修正しないでアップしてみました。

wuxinさんへ

早速の公開コメントありがとうございます!
そっかあ!なぁるほど!勉強になります!

だから、「やおよろず」は「八百万」なんですね!

古代日本語の数体系

調べてみるとサイトによって微妙に表現が違っていて自信がなかったのですが、一番まともそうなサイトがやっと見つかりました。
http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/language/number/ancient_japanesej.html

広辞苑では↓です。

とお【十】
・・・・・・
はた【二十】
みそ【三十】
よそ【四十】
いそ【五十】
むそ【六十】
ななそ【七十】
やそ【八十】
ここのそじ【九十】
もも【百】
ち【千】
よろず【万】

たくいたさんへ

>僕は、より音の響きの下品な「びちびち」派を採用していました。
そうやろそうやろ。
子供がより下品な音を好むのはよくある事です。
そんで大声で歌ってたらオカンに怒られんねん(笑)。
そんで「自分だって昔絶対歌ってたくせに!」とか思うんですよね♪

小学校の頃、「みっちゃん、みちみち」派と「みっちゃん、びちびち」派に分かれていたので、僕は、より音の響きの下品な「びちびち」派を採用していました。

そういや、みっちゃん、びちびちでしたね。思いつかなかった!(ついて書いたら、怒られますね。アハハ)

ゴリラの方は、多分、新しいと思います。うちの母は知らなかったので。やっぱりポピュラーなのは、「坊さんが~」ですね。

たくいたさんへ

>いちに~サンマの尻尾、ゴリラの息子、菜っ葉、葉っぱ、腐った豆腐!
これ↑は私は知りませんでした。
ゴリラがいるくらいやから新しいバージョンなんかねぇ?

たくいたさんへ

>みっちゃんびちびちババたれて、紙がないから手で拭いて、もったいないから食べちゃった!
えぇ?ビチビチかい!ミチミチちゃうん!?
腹壊してるやん、みっちゃん!(爆)

>坊さんが、屁をこいた、臭いを嗅いだら臭かった!
これは近畿地方では超スタンダードな数え方ですね(笑)。
横浜に移住した時、『始めの一歩』の遊びを見て衝撃を受けたモン。
「兵隊さんが転んだ」とかなんとかって言うてた。
明治以降から大戦中の時代を反映しているのかしらねぇ?

兵隊さんこかすにしろ坊さんこかすにしろ、
どっちにしても風刺性の強い遊び唄やねぇ。

wuxinさんへ

こんにちは!
十以降の数え方のご教示ありがとうございます!

よろしければ、皆にも教えてあげたいので
そのコメントの内容を公開していただければありがたいのですが?

そうか。百は「もも」か。
そういや昔真田弘之主演の『百地三太夫』とかいう映画もありましたモンね。

銀妹へ

>ひいふうみいよお、なんて数え方も知らんのかな?
知らないだろうねぇ!(笑)

こういう事は今の学校では教えないから、
親がそういう数え方をするかどうかがポイントだもの。
これからますます増えていくんじゃないかなぁ?
知らない子供達。

旻妹へ

これは日本語上級者編でしょうね^^。

童歌なので語呂とか韻とかあるからねぇ。
アラレちゃんもそうだけど、結局日本人ってウンコが大好きなのかねぇ?(笑)

たすちゃんへ

「みっちゃんみちみち」研究家…(爆)。

昔やってた『探偵ナイトスクープ』の《アホバカ分布考》もそうだけど
こんな事を真面目に考える人は偉い!!!(爆)

でも、なんとなく西日本起源のような気がするなぁ…。
「飯食って糞して寝よ」ってお暇の挨拶の常套句にしてる(笑)地域って
他に知らないから…^^。

Dさんへ

>A君の「ココナッツ」にまた笑わせてもらった。
Aクンなかなかナイスなヤツでしょ?
そのせいで、コタツ!とか始まって笑っていました。

>「1本でもにんじん・・・」(以下記憶なし)
私もところどころしか…
「三艘でもヨット」くらいかなぁ?その頃海賊になりたかったモンで…(笑)。

るんばさんへ

こんにちは!
『神』追っかけてんですね。
ええ。ラブラブシーンはお茶でも飲みながら突っ込んでやってください(笑)

『ピタゴラ』もそうだし『日本語であそぼ』でもなんか数え歌やってましたよね?

また遊びに来てくださいね!

いちに~サンマの尻尾、ゴリラの息子、菜っ葉、葉っぱ、腐った豆腐!

みっちゃんびちびちババたれて、紙がないから手で拭いて、もったいないから食べちゃった!

坊さんが、屁をこいた、臭いを嗅いだら臭かった!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほお~、こんな子供もおるんですねえ~。じゃあ、ひいふうみいよお、なんて数え方も知らんのかな?

なんて、近頃九九の計算が怪しくなってきた私も人のことは言えんたい(爆)

日曜はお疲れ様^^ここのっつはあんまり使わないのですぐ出てこない私です^^;
多分日本語を初めて習う人にはこの数え方難しいですよ・・
数え歌も未だに分かりません~

第二報

特報!「みっちゃんの謎」第二報 もご覧下され。
http://iyage.fc2web.com/mitimiti2.htm

みっちゃんの謎

アカデミックついでに、
みっちゃんの謎。
http://iyage.fc2web.com/mitimiti.htm
どうぞご堪能下さい。

本当に!

アカデミックな車内でしたね(笑)
A君の「ココナッツ」にまた笑わせてもらった。
ナイスな会話です(爆)

小さいときの数え歌かぁ・・・
うちの娘は幼い頃
「1本でもにんじん・・・」(以下記憶なし)
なんていう歌を唄っていたような気が・・・。

どぅいさん、こんにちは。
いまだ「神雕~」をだらだら追っかけておりまするんばです。
ラブラブシーンにも食傷気味で、邪魔する人々(クドゥさんとか、公孫止さんとか)に「そうだ!、もっと言ったれ!!」と声援を送っております。

さて、数え歌ですが、NHK教育の「ピタゴラスイッチ」で「いたちのたぬき」という歌があります。
「いたちのたぬき」→「いち」
「かにのかとり」→「に」
…と続いて、最後は
「じゅーすのすとろー」→「じゅー」
で終わります。うちの息子sの大好きな歌です。

あと、私の小さいころは「イチジク、にんじん、さんしょにしいたけ、ごぼう、むかご、ななくさ…(以下忘れました)」なんて歌がありましたね。「むかご」なんていまどき知っている子いませんよね~。

また思い出したらお邪魔します。ではでは。

ゆうり女王へ

>みっちゃん、道々うん…(これ以上は自粛)
それは結構メジャーなのでは?
(しかし「…こしてぇ~」までの1フレーズしか覚えてないけど)

>きんた、まぁ、どうしたの?うん、血が…(以下自粛)
それは結構レアなバージョンですねぇ。
っていうか、数え歌じゃないじゃん!(爆)

紀の国では今は寂れましたがメイン商店街が『ぶらくり丁』というので、
「ち○ち○ブラブラぶ~らく~り丁♪」
という歌を歌いながら学校に通ったモンです(笑)。

不思議なことにKOS妹はその歌を歌わなかったって…。

何故?ジェネレーションギャップ?それとも…?(笑)

地方出身者が寄り集まったところだから、数え歌とか無かったかも?
イッちゃんで連想したのが

みっちゃん、道々うん…(これ以上は自粛)
で、そこからさらにお下劣な
きんた、まぁ、どうしたの?うん、血が…(以下自粛)

すいません、ろくでもない小学校時代を送っていました(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪