スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『神侠侶』第42話(完)

いやぁ。終わっちゃいましたねぇ!
TVのレビューもこれが最後とはなんだか寂しいなぁ。


絶情谷から戻りがてら蒙古軍の兵糧を焼き払う。黄蓉一味(笑)。
この辺はねぇ、完全に端折られちゃっているのよネェ!

なぜならね、まず彼等が襄陽城近くまで来ると蒙古軍が包囲していて近づけない。
夜を待って突破して襄陽城に辿り着こうとするも途中で見つかり、
多勢に無勢な状況で足止めを喰らう。
そこで、自分達にくる兵の気を逸らそうと近くの食料庫に火を点けるとよく燃えて、
それを見て面白がった老頑童が厩舎にも火を点けちゃったので馬が暴れ出て大騒ぎ。
幕営がそんなこんなで混乱している間に、やっとの事で襄陽城に帰ったのでした。
その際に無双ちゃんと老頑童が大怪我を負いますが、
そこは黄薬師と一灯大師が就いています。本人達の内功もありすぐ回復。

でもモンケの軍勢が押し寄せ、郭靖がモンケの脇の近衛兵を射抜いた事で
生じた動揺を黄蓉がすぐさま利用して「モンケが死んだ」と触れ回り蒙古軍は一時退却。
しかし翌朝人質となった郭襄の登場になるわけです。

黄蓉なんか襄陽城から退却しようとした呂元帥に怒って
「退却すると言うなら、その前にアンタの身体に3つ穴が開くわよ!」
と剣を向けて脅す始末。さすがパパの娘。3回刺すわけですね?(爆)

それで襄陽城内で作戦会議を開き、東邪の提案した作戦で蒙古軍を攻める事にします。。
その作戦は桃花島が誇るお家芸、五行奇門の技《二十八宿大陣》を駆使した攻撃。
部隊を5つに分けて攻撃します。
その部隊の指揮には、以下の面々。
中央の部隊の指揮は郭靖。敵に構わず郭襄の救出に向かいます。
南の部隊は南帝こと一灯大師。
北の部隊は丐幇元幇主の黄蓉。
東の部隊は東邪こともちろん黄薬師。
西の部隊は、本当は楊過を推したい東邪だったけどいないから全真教教主の李志常…
(あ、この李志常って新しく教主になった人です。)
って、決まりかけたら老頑童が怪我をおして立候補。
李教主も快くその任を譲りました(全真教の小僧を脅したなんて言わない♪)。
こうして、とりあえずは
軍として蒙古とは比較にならない弱さの宋の軍を補いながらの闘う事になりました。

で、そんな大変な事になっている下界とは裏腹に…。
Image02577.jpg
2週に続けてラブラブワールドな楊過と小龍女。おおい!早くしないと最終回終わっちゃうよ!

小龍女は魚食べてたって言っていたけど、チャンと焼いて食べていますヨン♪念のため。

で、ここの再会のシーンもちょっと原作とは違うけどまぁ、
ラブラブなことには変わりないのでここでは割愛(パパとは待遇が違う?ホホホ当然です!)。
「楊過。外で暮らしたい?それともここで暮らす?」
「何言ってるんだい、龍。俺はお前さえいればどこにも行きたくないよ。」
「でも…あなたは楽しい事が好きだから…。」
アンタ達!何回同じこと聞いてるんじゃあ?で、何回同じこと答えてるんじゃあ!

はい!そう言うくせに下界の事がふと気になった楊過は、
嫌な予感がするとサッサと外に出る事に。
で、はやっ!もう襄陽城に着いたんかい!?(爆)しかもワシの兄貴付きで!?

もしも~し!兄貴!いままで何処にいたんですかい?
で、どこで楊過と落ち合ったんですかい?
アンタが絶情谷にも同行していれば、白鷲さんも死なずに済んだかも知れないのに…。

襄陽城の決戦前夜の郭靖と黄蓉。
Image02573.jpg
黄蓉は昔も蒙古陣営でそうやって眠る郭靖にそっと毛布を掛けてあげたよねぇ。

そして郭襄ちゃん。
Image02597.jpg
「お父様!お母様!私は平気よ!怖くない!」って…。健気だよネェ!


Image02600.jpg
その郭襄を気遣いながら城に戻る判断をする父親と、
Image02596.jpg
我を忘れて娘に駆け寄ろうとする母親。
そして、その気持ちを痛いほど理解しながらも必死でなだめる夫。
Image02599.jpg
そして夫の説得に泣き喚きながらも応える妻。

Image01311.jpg
いい夫婦になったネェ…。やっぱ最高のカップルだよ…。

日本の時代劇(または近世モノ)なら妻は泣く事すら許されず無表情の(に見える)夫の
「お家(お国)の為だ!泣くな!」のひと言で終わったのでしょうが…。
例え同じ、娘の命より国の大事を選択した場面でも、
こちらの方が人間としては共感できるシーンではないでしょうか?

そしてその両親の葛藤を一手に引き受けて飛び出す姉・郭芙。
その姉の気持ちを察して、今までの確執を脇に置いて手を貸す陸無双と
程英・耶律燕・完顔萍の小女侠グループ。

あの連中怒らすと怖いねぇ(笑)。旦那方もうかうか浮気なんて出来ないわね。
もしばれたらあの連中が徒党を組んで…南無阿弥陀仏…(爆)。

で、来ましたよ!九尾の白狐攻撃!(笑)
Image02627.jpg
360度方向を一気に攻めるあの技は凄いよねぇ!

金輪国師と楊過との最後の対決!
20070529002702.jpg
なんだか劣勢な楊過。それはね…?
楊過の技《黯然銷魂掌》は小龍女を失った悲しみから生まれた技。
小龍女と再会してその悲しみが消えた楊過は
《黯然銷魂掌》のパワーがMAXまで出なくなっていたのです。

しかし金輪の攻撃で絶体絶命のピンチ。
せっかく会えたのにまた小龍女と会えなくなる。妻を悲しませる。
そう思った瞬間、心の中に絶望と悲しみが沸き起こり
《黯然銷魂掌》の真のパワーが復活したんです。

で、一気に反撃に出る楊過。
金輪は楊過の伸縮自在の袖攻撃で叩き落されちゃいます。

一線を終えた楊過と小龍女のラブラブシーン。戦闘一回毎に映さんでいい!(苦笑)
そして櫓が倒れ郭襄ちゃんピーンチ!
その時!ヤツが動いた!

き~んり~ん!!!
残る力を振り絞り郭襄と突き飛ばして自ら落ちてくる大砲の下敷きとなった金輪国師。
慌てて駆け寄る郭襄に
「一度でいいから師匠と呼んでくれ…」
呼んだげるわよぉ!何度でも呼んだげるわよぉ!(泣)
20070529003021.jpg
「師匠!」と呼ぶ郭襄に嬉しそうに笑って絶命する金輪国師。
あぁああ!金輪国師ぃ!!!イカレオジに昇格ぅ!!(号泣)


そしてもう一つの因縁も終わりの時が…。
水門を孤軍奮闘で守る耶律斉を見て楊過がひと言。
「郭芙。俺に3回叩頭したら耶律斉を助ける。どうだ?」
Image02683.jpg
楊過は絶対にそんな事しないと思って言ったんだけど、夫のピンチに郭芙は膝を折ります。
予想外の行動に慌てて郭芙を抱え起こす楊過。

原作ではね、郭芙はここで初めて楊過に心から謝って感謝の言葉を口にします。
「ごめんなさい」と「ありがとう」が上手に言えた郭芙ちゃん。お利口さん♪(チョッと遅いけど)

そして己が何故楊過に対してあんなに嫌悪感を持っていたかを悟るのでした。
それは楊過が好きだったから。
そして、程英や陸無双、郭襄に辛く当たったのは嫉妬していたから。
遅いよ、郭芙!もっと早く気付けよ郭芙!
でもまぁ、死ぬまでに気付けたから良しとするか…。

そんな気持ちに気付いちゃった妻を持つ耶律斉はホントに哀れです。
アイツ、頭良いから気付いているんだろうなぁ。妻・郭芙のホントの気持ち。
「私の妻は心の奥底で本当は他の男を愛している。」
それでも郭芙を愛し続ける耶律斉。もうなんていじらしい男なんだろう…(涙)。

そして、楊過は《ターミネーター》みたいな走り方でモンケを成敗!
こうして宋はひと時の平和を手に入れたのでした。

襄陽城での凱旋パレード。
Image02727.jpg
思えば、ここで初めて楊過は郭家・楊家の三代にわたる因縁の全てを知った上で
郭靖に接する事ができたんですよね。柯鎮悪のおかげよ♪
黄蓉もこれで本当に心が晴れたでしょう。

で、すぐに行っちゃったらしい、楊過と小龍女&ワシの兄貴。
Image02728.jpg
二人の愛のお話なのにそのラストが涙を溜めて見送る郭襄ちゃんってのが、
なんだか切ない終わり方だよね。

もっともこの郭襄ちゃんの思いが
次の『倚天屠龍記』の始まりに繋がるわけだけど、いつ出来るんだか…?
だいたい物凄く期待して読んだら、たった数ページで
話の舞台は百年後くらいに飛んじゃったからその瞬間はガッカリでしたが…(笑)。



全体に思った事は『天龍八部』で使われた曲がドラマの随所に流れていて
どうもその瞬間、蕭峯の兄貴の顔が浮かんじゃった事。
『射英雄伝』の続編なんだから『射』からの曲を使用すればよかったのになんて
思ったんですが、著作権等の問題があったのかなぁ?
楊鉄心が死んだ時穆念慈が墓前で泣いていた時の曲『傷別離』なんて
結構良いと思うんだけど。あと『天龍八部』にも使われていた曲で
楽しげな曲。曲名はわからないけど、あれなんかも好きなんだよね。
『笑傲江湖』も『神侠侶』もサントラが出ているのに『射英雄伝』のサントラがないのは
著作権もそうだけど、そもそも作曲者やらアーティストが把握出来ていないというのが
理由だと聞いた事があります。もしそうなら残念!『射』のサントラが出れば
絶対買う位にあのドラマで使われていた曲は気に入っているのに。
そして「ベン、ビェ~ン…」という琴の音の『笑傲江湖』の曲も使われていましたよね。
あの曲自体は大好きだけど、それ聞くとやはり聖姑ちゃんを思い出してしまった(笑)。


でだ!ドラマは襄陽城で終わったけど、それってメッチャ不満よ!
だって、楽しい《華山ピクニック》のシーンが抜けてるじゃない!!
あ、その話はまた後で書こうっと!

tag : 神侠侶

comment

Secret

マーさんへ

はじめまして!ようこそ拙宅へ!

そうなのよ!リアルで話せる人がいないのは寂しいよネェ!
ま、ここで良ければいつでもどうぞ御遠慮なくお越しください^^。

これからもよろしくお願いします!

はじめまして

「武侠ドラマ23」お知らせBlogからやって参りました。
神侠侶が終わってしまってホントさみしいですよね。

なにせ一緒にツッコミながら見る人がいないのでこちらのブログを読んで随分楽しませていただきました。

周りにも武侠ファンを増やさないといけませんね~。
また遊びに来ます!

サブさんへ

はじめまして!ようこそ拙宅へ!

>ここの解説のおかげで楽しめました
わぁ♪そう言ってくれると嬉しいです!
この『神侠侶』は『射』も知っていて尚且つ原作読んで知ってるでしょ?
っていう大前提のもとに作ったドラマなんで前知識が全くない人が
せっかく見てくれたのに「訳わかんなくてつまんない」って思ったらもったいないと
あの過去記事を書きました。

だからそう言ってくれて本当に嬉しいです!こちらこそありがとう♪

>ラブラブワールド
あれはねぇ…。「あ、始まっちゃった…」って感じだよね?
ま、次の連城訣はそんな事無いですから、安心してご覧下さい(爆)

ここの解説のおかげで楽しめました!

どぅいさん>はじめまして、
『神侠侶』のテレビで鑑賞の初めのときから、ここの解説を読んだので、ストーリーの展開が理解しやすくて、良かったです!ありがとうございました!

襄陽城の大戦は「東邪の提案した作戦で蒙古軍を攻める」というのがオリジナルだったのですね!
私は、以前に程英が見せた八卦の陣を、規模拡大して、黄薬師と程英とで組んで、モンゴル軍を阻止して、その状態でのバックアップの中で
、楊過が突進するのを見たかったです。

全体的には、すばらしい物語でしたが、
楊過と小龍女のラブラブシーンが
あまりにも退屈で、しつこくて、しらけてしまいましたので、
物語の後半では、小龍女が出てくる度に、画面を見ずに、雑用とかしていました。

銀妹へ

>そうなのよ、そうなのよ~おくさーん!張Pったら、みみっちい!

だしょだしょ~!?
でも中国で手に入るDVDとMAXAMのDVDはBGMに関して曲が差し替えられているって
聞いた事があるんだけどどの曲が差し替えられた曲なのかなぁ?
差し替え前の曲は何からのパクリかも含めてチョッと興味有り。

>パパの笛の音
えぇ!?パパの笛がそもそもパクリだったのぉ!?イヤァ~ン!

>白身魚
はい。焼いて食べたらしいです^^。

>全体に思った事は『天龍八部』で使われた曲がドラマの随所に流れていて
どうもその瞬間、蕭峯の兄貴の顔が浮かんじゃった事。

そうなのよ、そうなのよ~おくさーん!張Pったら、みみっちい!

でね、先週留学生くんが会社に遊びに来た時に空いていたPCで『倚天屠龍記』を観ていたんだけど、張P版じゃないのになぜかパパの笛の音色が!!!(爆)

まったく同じ音だったから、張Pがこの音を盗ったに違いないわ…。

おお、小龍女は焼き魚を食っていたのね~、うはは。

Dさんへ

>もう少し、余韻のある終わり方を期待していたので
>最後は不燃焼ぎみでした。
ま、いきなり終わり!ってのは『射』の時で慣れましたが…(笑)。

>次は連城訣ですね!
>それと・・・第3弾も気になる~。
次の中村梅雀で、俳優狙いで見ていただけか、
本当に武侠の面白さに嵌まったかが淘汰されます。
とはいえ男性陣は天山童姥なスーちゃんがいるから大丈夫か?(笑)
後半まで見た人への御褒美ですね(笑)。

その淘汰されたメンバーだけが次の主人公(もしくはヒロイン)に萌えれるのです(笑)。

もし『笑傲江湖』なら、巷のジジ専は大喜びですね!莫大先生!
そしてあの最強な方に萌える人も…出てくるかも知れない…(汗)。
オマケで三仙の出典も明らかに…(爆)。

よしのさんへ

>移魂大法が見たかったです
あれ?それってなんだっけ?彭長老の接心術…?
>楊過のうっふーん。。
じゃ、なさそうだね…(苦笑)

>ピクニックシーンも見たかったなぁ
あれこそ最高の大団円でしょう!?

>小説の通りに全て再現して欲しいのが本音です。
『射』の再現率が高かっただけに、今回の改編はチョッとねぇ…。
しかも亦菲ちゃん露出時間だけが増えてる改編って…?

sakasaiさんへ

>私も崋山のシーンを楽しみにしていたんです。
>戦いのシーンも消化不良だし終わり方もつまらなかったです。
結局ラブラブワールドに時間を割いたせいで時間切れってのが理由じゃないかと…(汗)。

終わりましたね~。

>いい夫婦になったネェ…。やっぱ最高のカップルだよ…。
 本当にいい夫婦ですね。
 見習いたいものです。

もう少し、余韻のある終わり方を期待していたので
最後は不燃焼ぎみでした。 
え??ここでおしまい??
待ってよ~という感じ(笑)
でも全体的には(突っ込みどころ満載ですが、笑)
良かったと思います。

次は連城訣ですね!
それと・・・第3弾も気になる~。

・・・私は

今更の中の今更事項でしたが
移魂大法が見たかったです
楊過のうっふーん。。
ピクニックシーンも見たかったなぁ
小説の通りに全て再現して欲しいのが本音です。

お久しぶりです。
終わっちゃいましたね、41回。

>楽しい《華山ピクニック》のシーンが抜けてるじゃない!!

私も崋山のシーンを楽しみにしていたんです。
戦いのシーンも消化不良だし終わり方もつまらなかったです。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。