ヤツだ!ヤツが戻ってきた!

そう。なんか引っ掛かっていた…。
頭の片隅の、殆ど埃に埋もれた記憶の中で何かが私にアラームを鳴らしていた…。
「私は、ヤツを知ってる…。」



ここの常連さんは御存知の通り、私はあるお店のしがないレジをしています。

ある日、お昼時を過ぎて少しお客もひけたころレジに入っていた私は
会計に向かおうとしているらしき女性に「こちらへどうぞ。」と声を掛けた。
その時視界の端に、前方のレジに並んでいたお客で長身で痩せぎすの男の姿が入った。
その男はじっと私の方を見つめ、おもむろにこちらのレジに移動してきた。
私のレジには既にさっき私が声を掛けた女性客が買い物カゴを置いた後だったので、
その男はその女性客の後ろに並び順番を待っている。

その時既に私の注意はその男に向けられていた…。
「コイツ…どこかで会った気がする…。見覚えがある…。」
しかも友人・知人といった類の見覚えではない。
何者かは忘れているものの、確かに怪しい記憶の分類にカテゴライズされているのだ。

その男は待っている間もジッと私の顔を見つめている。
女性客に接しながらも視界の端に彼の目がこちらに張り付いているのがわかる。
「そう…。絶対に知ってる!誰だ!?何者だ!?」

そして彼の会計の順番が来た。
彼の買い物はほんの少し。だからすぐにお会計となる。
「○○円のお買い上げです。」
彼はお金を釣り銭台に置いた。まではよかった。

その直後その長身を折り曲げて私の鼻先まで顔を近づけ小さな声でささやいた。

「アナタの鼻は小さくて可愛いですね…。」

その瞬間私の記憶が甦った!
そうだ!ヤツだ!ヤツが戻ってきた!


そう。あれは6年も前の話だろうか…。当時も私はこの店でレジをしていた。
その時のレジのメンバーは私を入れて4人。全員女性。
いつの頃か一人の長身の男がお客として現れ、会計の時にレジの店員の耳元で
「アナタ、鼻が高いですね。」
とささやく事件が起こった。
その店員は私達にその事を話したのだが、その日を境にその男はちょくちょく来ては
別の店員にも
「お付き合いしている人はいますか?」
更に別の店員にも
「アナタ、鼻が高いですね。」
とひと言コメントを残しては店を後にした。

それで我々はその男の事を《鼻高いですね男》と名付け、
そいつが来ると今度は誰にどんなコメントを残すのかを面白がって見ていた。
はい。確かに気持ち悪いと言えば気持ちの悪い男です。
でも、その男はコメントを残す以外は実際に店員に対して何か行動するといった事も無く
真昼間の店だから、いざとなったら他の従業員を呼べばいいやという思いも有り、
私達は結構呑気に笑い話の種にしていたのだった。

鼻のコメントが多い事もあり、彼は《鼻フェチ》なんじゃないかという憶測も流れたが
後で他の店員が、
「アナタ、目が小さくて可愛いですね。」と言われた事がわかり否定された。


そしてほぼ全員が何らかのコメントを彼から貰った。
私以外は…。

何故か彼は私にはコメントを残さなかった。
《鼻フェチ》論が全盛の頃は、「鼻が低いからじゃないか?」という意見もあったが
それが否定されてからは、何故だかわからないまま私は異動でレジを離れた。
そして、私は一身上の理由でその店を辞して修行の旅に出て
店のボスから「戻らないか?」と誘われてこの店に戻ってきたのが約2年前。

あの頃からかれこれ6年の月日が経っていた…。

「アナタ、鼻が小さくて可愛いですね。」

6年間悩んだ末(?)のコメントが、それかい!?(爆)
久しぶりに笑いを堪えきれず、肩を震わせる私。
その姿を見て彼は更に続けた。
「あ、変な意味ではありませんよ。」
どんな意味があるんじゃい!?

更に肩を震わせて「早く帰ってくれ…。」と祈る私に彼はとどめのコメントを残した。
「あの…鼻が小さいというのは、ストレートに言うと鼻が低いという意味なんですけど…。
怒りましたか?」

ぎゃああ!!耐えられん!!誰かこの男を私の前から連れ去ってくれぇ!!!(爆)

そんな事解説されなくてもわかっとるわ!!

「あの…。変な意味ではないですよ…。」
再度念押ししてやっと彼は去っていった。

だぁかぁらぁ!どんな意味があるんじゃあ!!

この出来事を誰かに伝えたかったが、諸行無常。
なんせ6年も経ちレジのメンバーも一新されて当時の仲間はもういない。

「誰かぁ!聞いてくれぇ!!ヤツが、《鼻高いですね男》が戻ってきた!!」

興奮気味に店のバックの通路を歩いていると一人の仲間のパートが声を掛けてきた。
「あんた、言われたの?」

おぉおおお!!いたぁあああ!
彼女は私が他部署に異動した後すぐにレジに入ったので、当時を知る人間だったのだ!
「言われた!6年ぶりに来てコメント残していった!ビックリした!戻ってきたよ!」
「え?あんた気付かなかったの?」

彼女の話によると《鼻高いですね男》はここつい最近また店に戻ってきていたらしい。
今の彼女の仕事はレジではないのでヤツとは直接接する機会が無かったのだが、
逆に店内で仕事をしているおかげで陰からジッと観察することが出来たらしい。

「ねぇ、彼はどんな格好だった?」と彼女。
「ええとね、アイビールックっぽく決めていたよ!白地に青いチェックのボタンダウンのシャツに
Vネックの白いセーターを着て、ベージュの綿パンツ。」
「そのVネックのセーターの襟の部分に青いラインが無かった?」
「あぁ。あったかも!」
「ハハハ!やっぱり!毎回同じ格好で来るんだよ。」

ゲェッ!?毎回って…。そんなに来ていたんだ…。
「で、どぅいちゃんはなんて言われたの?」
「私?『アナタ、鼻が小さくて可愛いですね』って言われた。」
「やっぱ、鼻に戻ったんだ(笑)。」
「T子こそなんて言われたの?」
「私はねぇ。なんだったかな?『アナタ、口が小さくて可愛いですね』だ!」
「口かぁ…。」
「M子は『目が小さくて可愛いですね』だったよ。」
「目のバージョンもあったんだ。」
「そうそう。久しぶりだからまた鼻に戻ったのかねぇ?でも結構長く話してたじゃん?」
「そうなのよ!『変な意味ではない』とか挙句には
『ホントは鼻が小さいって意味だけど怒ったか?』とかいろいろコメントしていたよ。」
「ギャハハ!ロングバージョンじゃん!珍しいよ!」
「6年振りだから、今までの分もまとめてコメントしたんじゃない?(笑)」

ヤツはまた来るのか?
そして新たな店の仲間にもコメントを残すのか?
そしてそのコメントの内容は…。

これを読んでるレジを担当しているアナタ!
アナタの店にも《鼻高いですね男》が来るかもよぉ?(笑)

comment

Secret

こんばんわ、お久しぶりです。
その男性不気味ですね、恐ろしいですね。
6年後にまた戻ってくるなんて、うぉおぉぉ~、さぶイボです。

帰り道、車に乗る際気お付けて下さい。

Dさんへ

>笑えてしまうのは何故だろ~??
だって実際笑えるんだもん!(笑)
レジで笑いを堪えきれなくなって肩震わせたのは久しぶりよ!^^

fince兄へ

>「娘」という表現を使った事に関する苦情や抗議は受け付けません。
その受付なら私がお引き受けしますわ(ニヤリ)

重剣さんへ

>みらなわなければ・・・・・
何を見習うんじゃ?
怪しい所?(爆)

旻妹へ

でもね、私への場合はともかく、
ひと言コメントは決して悪くは言わないの。
その人の良い所を彼なりに探してコメントしているようなので、
ま、好きに言わせています(笑)。

銀妹へ

>パーツフェチかなあ?(爆)
ジッと見つめてコメント出来るパーツを探しているうちに
6年も経ってしまったのか…?
仕方がないから何とか「小さい鼻」で妥協する事にして舞い戻ってきたのか?

>「目じりのシワがキュートですね」なんて言われないようにご用心!うっはっは
ニッコリ微笑んで弾指神通!!(爆)

変わった人ですねぇ。

約6年ぶりの出現・・・。
どぅいちゃんもびっくりしたでしょうね。
この6年、彼はどこで何をしていたのでしょうねぇ。
気になる~。
しかし、本来ならばちょっと怖いですよ、彼。
なのに、どぅいちゃんの文章を読んでいると
笑えてしまうのは何故だろ~??

パーツフェチ、というよりは、レジ娘マニアかも知れんぞ。

「娘」という表現を使った事に関する苦情や抗議は受け付けません。

江湖は、広いですね。みらなわなければ・・・・・
v-16

変態だ~

6年ぶりに戻ったんですか?
いやですね・・・いくらフェッチでもそれを目の前で言うかな・・・
どこかおかしい・・・・
高校時代の変態以来の変なやつの話です~

パーツフェチ?

>「あの…鼻が小さいというのは、ストレートに言うと鼻が低いという意味なんですけど…。
怒りましたか?」

ウッハッハッハハ!江湖広しといえども、最強女侠どぅい大姐を黙らせてしまう男はそういないであろう!

小さくて可愛い鼻だからいいじゃん~。私にだったら、でかい鼻ですね、って言われそうだわい。

目、鼻、口のコメントを残す男。パーツフェチかなあ?(爆)

次回は、「目じりのシワがキュートですね」なんて言われないようにご用心!うっはっは
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪