『神侠侶』 DVD第5巻鑑賞! その1

やっべぇ!
どんどん、遅れているレビュー!
早くしないとわけわからなくなっちゃう(自分が)!
朝早くに目が覚めた楊過がお散歩から帰ってきた後、
とうとう谷主の公孫止が登場、皆に挨拶します。
出てくる食事が花びらばかりの精進料理と文句を言う馬光佐に
瀟湘子が妙に大ウケ。色々いちゃもんをつけます。
イラつく公孫止。しかし初登場時には寡黙な人みたいだったのになぁ?
瀟湘子な老頑童
って、爺!アンタ老頑童だろう!?やっぱりヤバイ事やらかしてた…。

そこであまりの物言いに怒った谷主の一番弟子で長い髭が自慢の樊一翁。
「言いがかりをつけて手合わせしたいならワシが相手だ!」
待ってましたと瀟湘子の格好の老頑童、遊んでやると大きな鋏を取り出します。
ところがこれを見て楊過が密かに慌てます。
実はこの鋏、楊過が馮黙風に作ってもらった鋏だったからです。
いつの間に盗られていたのかサッパリわからない楊過。
そこにやっと点穴が解けて追いかけてきた瀟湘子も部屋に入ってきました。
ここで楊過が「老頑童!俺の鋏を返せ!」と一言。

正体がばれては仕方がないと、鋏を楊過に返す老頑童。
「俺の鋏を盗むなんてひどいぞ。」と言う楊過に老頑童は
「お前も得したんじゃから良いだろ?後で俺に感謝しろよ。」と
意味不明な言葉を掛けます。

帰ろうとする老頑童に公孫止が「盗んだ宝を返せ!」と責めます。
「そんなものは盗んでいない!」と言う老頑童。
返すまでは谷から出さないと言う公孫止に、
老頑童はいきなり裸になり何も隠し持っていないことを証明。
裸ん坊の老頑童
でもねぇ。英雄好漢が客人にいるのになんで屋敷の使用人の娘達ばかりに見せて回るのよ!
見て見て老頑童
裸ネタは前作でダディ西毒が蒙古でやらかしましたが、今回は老頑童が絶情谷で披露です。
死んだお友達の分までネタを繰り出す老頑童。ご苦労様です(笑)。
客人達が大笑いして見守る中、盗みの証拠がつかめない公孫止。面目は丸つぶれです。
「どうだ!濡れ衣着せて恥をかいたな!」と老頑童。
「恥をかいているのは(裸の)お前だろう!」と公孫止。
「何が恥じゃ!人間生まれたときは皆素っ裸だったんじゃ!
おまえこそいい歳こいて若い嫁さんを貰うなんてイイ笑い者だ!」と老頑童。
血管切れそうになるくらいにムカつくのを何とか抑える公孫止。
やめときな、公孫止。そういう常識の話は彼には全く通じないから…。
楊過が小龍女の居場所を聞こうとした時、「寒いから服を着よう!また遊んでねぇ!」と
老頑童はまた出て行ってしまいました。慌てて追いかける楊過。
っていうか、遊んでたんだね、やっぱり。

屋敷から飛び出した老頑童を追って邸内の森に入った楊過。
彼を探しているうちに、偶然小龍女を発見!
大喜びの楊過。しかしなぜか姑姑は一言も言葉を交わそうとせず
まともに楊過を見てもくれずに走り去っていきました。
困惑する楊過。追いかけようとするも後から来た公孫止に止められ
彼女は小龍女ではなく“柳“の字を書く「リュウ」さんだから別人で、
公孫止の新しい花嫁になる女性だと告げられわけがわからなくなります。
でも、彼女は小龍女だと確信している楊過。
彼女の真意がわかるまで様子を見ようと敢えて人違いだったと認め、
婚礼に参加するために残ることにします。

こちらは小龍女。婚礼直前に楊過に再開した事で心は千路に乱れ、
婚礼の支度どころではなくなっていました。
楊過は楊過で一度広間に戻ったものの、いてもたってもいられず
また一人部屋を出て姑姑を探しに行きます。

広い邸内を探し回る楊過。そこに現れたのは谷主の娘・緑蕚でした。
彼女は楊過に不慣れな者が邸内を出歩くのは危険と説きます。
どうしても姑姑に会いたいと言う楊過に緑蕚は「まるで恋心のようだ」と言います。
Image00070.jpg
実は楊過にとって姑姑はおばさんではなく師匠であること、一番大切に思っている事を告げ、
「よかったら、姑姑と俺の話を聞いてくれないか?」と頼みます。
長くなるよぉ、緑蕚ちゃん!(爆)馴れ初めから始まるからねぇ…^^。
で、事情が飲み込めた緑蕚ちゃん。そういう事なら龍さんを呼んできてあげると
森で待つように楊過に言って自分は小龍女の部屋に行き彼女を連れ出します。

森で再会する楊過と小龍女。しかし楊過を知らないと言う小龍女の言葉に、
楊過は動揺します。そして、まるで子供の頃のまんまに姑姑にしがみつきます。
Image00072.jpg
小龍女も心のうちで激しくジレンマに悩み葛藤をしています。
そのうちに金輪国師達もやってきて公孫止も追いつき、
楊過は引き離され、追い出されようとします。
しかし、頑として立ち去ろうとしない楊過。
それどころか周囲の連中全く無視で姑姑に懇願し続けます。
「姑姑!俺が嫌いならいっそ俺を殺してくれ!俺は喜んで死ねる!
だから、どうか俺を知らないなんて言わないでくれ!」
とうとう口から血を吐く楊過。背を向けていても心はずっと楊過を向いている姑姑。
Image00075.jpg
姑姑もまた血を吐きます。
Image00077.jpg
それでも心を鬼にして姑姑は楊過に去るように言います。
二人の様子から、未だに愛し合っていることが見て取れた公孫止。
焦って樊一翁に命じ楊過を殺しに掛かります。

tag : 神侠侶 絶情谷

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪