『天龍八部』 11回目

出会ってしまいましたね、遊担之。
阿紫に目を付けられたのが運のつき。
そう、彼こそは阿紫の忠実な僕にして熱烈な信奉者。
どんなことをされても、阿紫になら構わない。むしろ彼女と一緒の時間が過ごせて喜んでる。

人間凧として引き回されようが、
鉄のお面を赤く焼けたままで顔に押し付けられようが、
そのせいで顔といい頭といい、髪は燃え皮膚は焼けただれ
鉄と顔がくっ付いて己の頭から異様な焦げ臭さを嗅ごうが、
ライオンの檻に頭を突っ込まれ頭かじられようが、
即死級の毒をもつ蜘蛛やら蠍に手を噛ませようが
その様子に手を叩いて楽しそうに喜んでいる阿紫の笑顔が見られれば良い。
自分を人間として見てくれず
たとえ頑丈なオモチャ程度の存在であったとしても、
彼女が自分を求めてくれれば幸せだ。
彼女が自分の名を呼び、彼女の慰めになれば自分も嬉しい…。

って、あんな事されて、まだ阿紫に夢中なんてアンタおかしいよ!
遊担之。阿紫のカワイイ顔に心惹かれたのが不幸の始まりだったのよ。

彼と蕭峯が出会った直後、彼が拾った本は「易筋経」でした。
阿朱が少林寺の坊さんに化けて少林寺の寺からくすねた物です。
最初は主である慕容復の為に盗んだものでしたが、
その後蕭峯に出会い彼に渡したのでしたね。
「易筋経」は『笑傲江湖』の令狐冲の毒(というか病気というか)も治したあのすごい技の事です。

蕭峯は梵語で書かれたこの本を読むことは無かったのですが、
死にそうな遊担之はそんな事お構い無しに藁をもすがる思いで
とにかく絵に描いてある通りにしてみると
意外や意外、体の毒が中和されていくではありませんか。
驚いた彼はこの本の絵に従って修練を始めます。
お陰で遊担之は数々の毒虫の毒を中和して死なずに済んだのでした。
しかも氷蚕の頃になると、彼の易筋経の修練も進み、
毒に強い耐性と、知らず凄い内功をみにつけていたのです。
丁春秋と対峙した時、毒にもやられず殺されもしなかったのは、この為です。
しかし、彼自身その事に気付いていなかったために
ウマ~く、丁春秋に丸め込まれて弟子になってしまいました。
また最悪な所に弟子入りしたもんだ。
丁春秋…「星宿老怪」の掌門。この人、どこかで見た顔なんだけど…。
いえ、演じている役者さんの顔ね。
白髪だし白髭だし白眉だし。雰囲気は違うのだけど
でも確かにどっかで見た顔なのよねぇ。
誰?なんか凄く心に引っかかる…。
ここまで出てるのに…!まさかねぇ…?いや思い違い?

とにかく遊担之はどこまでも阿紫一筋で生きていきます。
彼女の為なら火の中水の中。
そして彼女はそんな彼に火も水も用意してあげちゃう!私って優しいでしょ?

あ!忘れるトコだった!
やっと出てきたよ!第3番目の主人公、虚竹!
情けない位の少林寺の坊さんです。
孤児の彼は物心付いた時から少林寺で育ち全く外部の暮らしを知りません。
今回初めてのお使いで寺から世俗に降りてきました。
純粋培養な心根を持つ真面目な坊さんです。

この戒律厳しい少林寺の僧として真面目一直線な彼が、
世俗の煩悩の権化の息子・段誉と知り合いになります。
登場シーンは情けない奴!弱っ!コイツは絶対いじられキャラだ!匂いがプンプンする。
第3の主人公がこんな事で済むはずが無い。
郭靖もそうだった。人の良い優しくて真面目な主人公は
世のおじ様おば様にいじられて何ぼなんじゃぁ!

そして、段誉は慕容復と公式に御対面!
王語嫣に夢中の彼にとって一番複雑な相手です。
だって彼女に会いたきゃ、彼に会わなければいけないんだモノ。しかも、会っても彼女は慕容復ベッタリで彼なんか単なる「イイ人」どまり。
もの凄い三角関係。と言うより一直線で三角にもなっていない。
しかし、あんたも懲りないねぇ。

はぁ、話があちこちにとんだ今回のお話。しばらく「呪い親父」の顔は見ずに済みそうだ。


ところで…。
yahooに「翻訳検索」なる機能が付いたそうな。試しに検索してみた。
プ!なんだこれ?翻訳文読んでも日本語として意味わからない!
機能はついても翻訳自体はまだまだ完全ではないのね。
で、好奇心から「武侠」で中国語のサイトを検索してみた。
で、ヒットしたその数にビックリ!なんと、 12980962件!
サイトの中には「金庸」だの「射英雄伝」だのという言葉がドッチャリ!
「射英雄伝」だけで7453件。
さすが、中国。日本がどれだけ武侠後進国かわかりました。
だって、日本で同じ検索すると、10件前後がいいくらいなんだもん。あ、yahooでの検索ですけどね。
これから、日本でももっと武侠ジャンルがメジャーになるとイイなぁ。

tag : 天龍八部

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪