『天龍八部』 9回目

うっそぉ!?
阿朱、いきなり死んじゃったよぉ!こんなに早く死んじゃうなんて!
それも自分が「呪い親父」の娘だって、知ってしまったから。
やっぱりだ!やっぱそうなんだ!彼女も呪いの犠牲者だ!
しっかし、どうも阿朱は自分で事をややこしくしている気がする。
頭良いんだかなんだかわからない点が多々見受けられて…。
それがけっして悪気があっての事ではなく、彼女なりに自分の主の立場とか、
喬峯の気持ちとかいろんな事を考えての策なんだけど…。

正直、阿朱のアイデアで何かしようとする時
「大丈夫なのかぁ?本当にそれでうまく行くのかぁ?」
と、テレビに向かって念押ししている私がいました。
それでもって、やっぱりなんかイマイチな結果に終わった事、数度。

丐幇が西夏人に襲われて捕らわれたのを助けに行く時も
段誉ふんする慕容復と連れ立っていった為に
かえって喬峯が慕容復と裏でつるんでいるような疑念を抱かせる元となったし、
白世鏡に化けて馬夫人の所へ行った時も、しっかりバレていて逆に馬夫人に踊らされた。
あと細かいのいろいろ。

そして…。

確かに仇に出会って喜んでいる喬峯を前に
「あの人、私の父親です。」と言い出し難いのはわかるけど、
だからって黙ったままで、あんな策練るなよ。
結局、一番喬峯を苦しめる結果を招いてしまった。
しかも遺言としてとんでもないお願いをしたらしい。

こういうところが何だか普通の人っぽくて、たまらなく悲しいのよねぇ。
もの凄い奇策がパッと閃くとか、窮地に追いやられても心のどこかは冷静さを失わず
なお頭が冴え渡るとか、そんな事なかなか凡人には出来ないもの。
もの凄い血統を持ったサラブレッドでもない限り…(笑)。

馬夫人も死んじゃった。
己の顔に刻まれたむごい傷を見て逝っちゃった。
死ぬ間際まで嫌な奴だった。こちらはあっさり御愁傷様。

でもあの黒覆面誰なのかなぁ?味方かな?敵かな?
敵なら喬峯の命を助けたりしないか。
あと、出た!「降龍十八掌」!
同じ技でも繰り出す人で見た感じが違うのねぇ。
(誰?ドラマだよ(笑)って突っ込むの!浸っているの、私は!)
幸いにも今では三人の使い手の繰り出す「降龍十八掌」を見る機会を得ました。

喬峯・洪七公・郭靖…。いやぁ、好漢揃いだ。良い人ばかりだ。

よかった、よかった(嬉)。

そして…。

金庸史上1位2位を争う、嫌われ者の女性が登場!(厳密に言うと前話からだが)

その名も阿紫!

どこに行っても評判悪いですねぇ、彼女。
トップ争いしているライバルは郭芙なんだけどね。
馬夫人なんて霞んでしまう位に嫌な奴らしい。

どうしようっかなぁ?
耐性付けるのに原作を先に読んじゃおうかなぁ?
というのも実は私、今日『天龍八部』全7巻ゲットしたからだゼィ!
予想をはるかに超えて早く来たのでとても喜んでいます。

だからこそ…
おーい!『笑傲江湖』の第5巻は、どうして来ないんじゃぁ!?
やはり陰謀か…?

tag : 天龍八部 降龍十八掌

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪