『天龍八部』 7回目

とうとう蕎峯に対して江湖が宣戦布告する。
蕎峯もかわいそうに訳がわからないまま釈明も出来ずに苦しんでいる。
誰が黒幕なのか皆目見当が付かない。
で、すんでのところで誰かに助けられるけどその人もまた名も明かさずに去っていく。
蕎峯が「自分を誰が陥れて誰が助けたんだろう」と悩んでいるけど、こっちもそれが聞きたいよ。

それにしても阿朱。阿朱頼むよ。悪気は無いのはわかるけど、
なんだか事をややこしくしているような気がする。
そりゃ、ご主人様は慕蓉復だからおいそれと本当の事を話すのは拙いってのはわかるよ。
でもねぇ。もうちっと上手い嘘が付けんのかね。
どこぞのおじさんの娘の爪の垢でも飲ませてあげたい気分。

でも、ある意味このお話は普通の人が多い気がする。
もちろん、武術や内功なんかは超人揃いだけど
悩んだり苦しんだり疑ったり怒ったり嫉妬したりする心の中身は私達が持つ感性に近い。

良く言えば「達観している人」(悪く言えばいっちゃってる完成系の人)と言うより、
失敗もすれば判断を誤ったり揺れ動いたりと下手に小賢しいというか、
まだまだ俗世の中で苦悩している人々って気がする。
だからこそ感情移入もしやすいのかもしれない。

閑話休題。

エンディングの映像が変わりました。
そこで、見るもおぞましい映像が2カット程入っていました。

「呪い」の映像です。
あの「呪いの根源親父」こと段正淳と、あろうことか馬夫人(今は未亡人で康敏)が
いちゃついてるシーンです。お互いよりによって、なんでそこでいちゃついてんの?
あのアマは最初から気に喰わなかったけど、これでますます嫌いになった。
お父さん、これじゃ更生するどころかますます呪いのドツボじゃない。

とにかく、出る奴みんな腹に一物ありそうで原作読んで早くすっきりしちゃおうか?
なんて思うほどイライラするのでした



tag : 天龍八部

comment

Secret

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪