『神侠侶』 第3巻鑑賞! その5

今回こそ、ダルパ君!
クドゥ王子と楊過の闘い。
空手の楊過は、「誰か剣を貸してくれ!」と声を掛けます。
重陽宮を襲った蒙古の連中と闘う楊過に
孫不二が自分の剣を差し出しますが…。
一瞥をくれた楊過。彼女を無視して群衆の中から適当な剣を選び
それを借りました。差し出した剣を無視されて恥をかき憮然とする孫不二。
あれだけ罵られた後なので、アンタの剣など借りたくないという楊過の気持ち。
わかるなぁ。

で、いざ闘ってみると…
「独孤九剣だぁ!」サル君大はしゃぎ!
『笑傲江湖』で李亜鵬演じる令狐冲がやっていた独孤九剣の技に
似ていたんですよ^^。空中に飛び上がり、真っ逆さまに落下しながら
真下に突き出した剣が地面に当たると剣先がグネッて反って
跳ね返る反動で剣の切っ先が変わる、アレ^^♪
「スゲェ楊過!独孤九剣も出来るんだぁ!?」
いや…出来ないから…とにかく今は出来ないから…。
っていうか、それは玉女剣法だから…。サル君、落ち着いて…。

でもって、そんな技に大はしゃぎしたのはウチのサルだけではありませんでした。
「おお!いいぞ楊過!見たか?お蓉!楊過があんなに強くなっているとは!
うぉおお!おぉおお!」
落ち着いて靖さん!黄蓉は闘いどころじゃありません。
隣のダンナを落ち着かせるのに苦戦中(爆)。

突如楊過が「暗器だ!」と腕を振る。
王子が慌てて飛び退き鉄扇で受けるも鉄扇には何も付いていない。
「おのれ小僧!騙したな!」
カッとなりまた前に出るも、楊過がまた「暗器だ!」と腕を振る。
ひるんで衣服をあらためるもやはり何も付いていない。
口だけかとジリジリ近づく王子。楊過は「暗器だ!暗器だ!」と腕を振り続ける。
とうとう眼前まで近づいた王子が腕を振り上げた時、
「おい!」と楊過が王子の足元を見てニヤリと笑う。
ハッとして下を見ると王子の膝には確かに暗器の銀針が刺さっていました。
「うわぁああ!!??」と崩れる王子。
「暗器だって何度も言ったろう?アンタと違ってだまし討ちはしないんだよ。」
こうして、楊過は王子に勝ったのでした。

お次は誰だ?
張阿世ばりの体躯にツルッパゲ。眉毛が裘千仞な男が登場!
彼はかつてクドゥが重陽宮に押し入った時にも王子に同行していたチベット僧です。
彼の名はダルパ。師匠である金輪法王の傍から歩出てきた彼は
いきなり楊過にチベット語でまくしたてます。
「&%‘%$$!  &$#“%%##!」
驚く楊過。何を話しているのかサッパリわかりません。で、そのまま
「&%‘%$$!  &$#“%%##!」
と返しました。逆にビックリしたダルパ。
「#%&’’$$$%! #$’&##”!&&’’」
「#%&’’$$$%! #$’&##”!&&’’」
これには黄蓉が微笑みます。
「奇抜だけど良い手だわ。言葉を繰り返して相手をからかっているのよ。」
逆に郭靖はサッパリ。またもや不安げに楊過を心配しています。
何を言っても、同じ事を繰り返されるダルパは
怒って横にあった壺を楊過に投げつけます。
お!?とその壺を叩き割る楊過。
まだまだだねぇ(爆)。まともに叩き割っちゃ駄目駄目…(笑)。
その壺は軽くいなして投げたダルパか
彼の身内であるクドゥか金輪法王に投げ返してあげなくちゃ!
おぉい誰かぁ!鼎持って来てぇ!(爆)

それはさておき、からかわれたダルパは力技で楊過を一刀両断にしようと
猛攻をしてきます。デカイ巨体をゆすってまさに猪突猛進!
このシーンがサル君はいたくお気に召した様子。
ゲラゲラ笑いながら手を叩いて喜んでおります。
しかし古墓派の真髄はその軽功にあり!
空中でクルリと身を翻すとサッとダルパの背中に回り、
彼の首に巻かれた数珠でダルパの首を絞めます。

もう郭靖は狂喜乱舞!一人お祭り騒ぎで一人ウェーブでもしかねない勢い。

ここにきてダルパの様子がおかしくなってきました。
師匠の金輪法王にしきりに何か言っています。構わず真似をし続ける楊過。
と、突然ダルパが楊過に跪き叩頭を始めました。予想外の展開に驚く群衆。
楊過も驚きましたが、とにかく相手が戦意喪失したのを見て取り、
金輪法王に向かって
「一人には勝って、一人はこの有様だ。この勝負俺の勝ちだ!」と宣言。
「小童よ。ダルパは根が正直なタチでな。お前が彼の口真似をしているのが
二十歳の頃に亡くした彼の兄弟子の口ぶりに似ていたので
ダルパはお前を兄弟子の生まれ変わりだと思っているのだ。
それは兄弟子に叩頭しているのであって、決してお前にしているのではない。」
そして、チベット語で何やら言うと、ダルパも申し訳なさそうに
金輪法王の後に下がるのでした。

何はともあれ弟子二人と闘って勝ちを収めた楊過。
これで武林の盟主は俺の師匠だ!と楊過が高らかに叫ぼうとした時、
「待て!」と制したのは金輪法王。
「ワシはお前の師匠が本当にそんなに凄腕だとはにわかには信じられん。
見聞を広める為にも、ここは一つ手合わせをしたいものだ。」
「喧嘩はしたくありません。」
もともとは楊過を探しに来ただけの小龍女。
楊過が見つかって、しかも互いの気持ちが通じ合った今は
武林の盟主だとか、天下の大事だとかそんな事どうでもよかったのです。
「そうか。貴殿が受けぬと言うのなら、弟子に相手をお願いするか…。」
「いいとも!」返事をする楊過。と、
「楊過!疲れているのでしょう?わかりました。お相手します。」
楊過を心配して小龍女は手合わせを受けました。ニンマリする金輪法王。
「いいか!手合わせだけだからな!十手だけだぞ!」
小龍女を心配する楊過。

そして小龍女と金輪法王の闘いが始まりました。
ゴッツイ顔の金輪法王と仙女の様に美しい小龍女。しかし闘いは互角です。
思わず金輪法王は必殺技の五輪を飛ばします。
金輪・銀輪・銅輪・鉄輪・鉛輪だったっけ?手裏剣のでかいようなモンです。
それがグルグルブンブン飛びまくるのです。
白衣で応戦するも段々押されていく小龍女。
このままでは拙いと飛び出して小龍女の前に立ちはだかります。
それを見て飛び出したのは郭靖。
「楊過ぁ!楊過ぁ!」
楊過を守る為に間に割って入ります。
このドサクサに郭靖をも狙う金輪法王。降龍十八掌で郭靖も応戦します。
内力がぶつかり合い、互いに飛ばされる郭靖と金輪法王。
郭靖は軽症でしたが、金輪法王は内傷を負ったようでした。
負けを認めたくない金輪法王。口から血を吐きそうになるのを必死でこらえます。
それに気付いた楊過。
「おい。負けを認めるな?黙っているのなら認めたという事だ!」
仕方なく金輪法王はこの場から逃げていきました。

群集は大喜び。楊過と小龍女は歓喜と賞賛の声を浴びます。
郭靖は武林の盟主に小龍女を指名。群集も大賛成です。
小龍女は固辞しますが、姑姑が称えられているのを見て楊過は嬉しそうです。

やっ第3巻の終わりに近づいた…。

tag : 神侠侶

comment

Secret

瑛妹へ

↓のjinyuさんは、このブログにリンクが張ってあるので
ココから行けますよ。

左側の窓の《リンク》という枠の中で
「金魚雑記」を選んでクリックして下さい。
『金魚雑記』はjinyuさんのブログです。

金魚さんへ

どうも、熱い偏屈レポでお恥ずかしい^^

あの郭靖役の俳優さんをお好きなんですねぇ?
靖さんの相変わらずの天然ブリを期待して見ている私には
とても微笑ましいシーンでしたよ^^。

高虎も、プライドの高いいけ好かないヤツを好演していますよね。

武兄弟は・・・ま、言わないでおこう・・・(爆)

JINYU先生有BLOG吗?我也喜欢郭靖的演员,大家一起交流好吧?
JINYU先生はBLOGがあるか?私も郭靖の役者が好きで、みんながいっしょに交流するのがいいでしょうか?

こんにちは~^^
熱い神チョウレポ、毎回楽しみにしてます。
私はこの郭靖役の俳優さんが大好きなんですが、特にこのあたりの演技は最高ですよね!!
ほんと、一人ウェーブやりかねない。。。笑
ガオフーの演技も、天龍とは一味違って素晴らしいです。とにかくこの二人が光ってました!!
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪