スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホな女はくだらぬ事で悩む…

今日、遅い昼飯を食べて眠くなった頭にふと浮かんだ疑問。
「なぜ、”大和”と書いて“やまと”と読むのか?」
そもそも“やまと”というのは
古代日本の中で畿内を本拠地とする一つの王国の名で
その“やまと”が最初に日本の諸国を制圧して"日本"となったらしい。
文献では既に「日本書紀」などで日本と言う呼称が登場しているにもかかわらず
「大和の国は…」という表現や、その政府が大和朝廷と呼ばれるのは、
“やまと”が王朝名だと解釈すれば理解出来る(勝手に納得)。

で、その“やまと”。
なんで"大和"と書くのだろう?

で、辞書で一字づつ調べてみた(一般的なヤツね)。
まず”大”。
読み方は訓読みで”おお“もしくは”おほ“。
音読みでは“だい”もしくは“たい”。
“やま“なんて無いじゃん!

次に”和”。
訓読みでは”にき(にぎ)”、”にこ”、“のど”。
音読みは“わ”。
“と“なんて無いじゃん!

次に中国語読み。
大はda’(ホントはeの上に’が付くの)でカナにするとダー。
和はhe’(ホントはeの上に’が付くの)でカナにするとホー。
続けて読むとダーホー?なんだか間抜けな名前だ…(関西育ちゆえ特に…)。

ま、中国でも時代を経て漢字の読み方も変わった部分があるらしいから、
一概には判断出来ないけれど、中国語読みでも“やまと”にはならない。

魏志倭人伝は中国で日本に言及した最初の文書らしいけど、
そこに出てくる邪馬台国という表記は別に日本がそう表記したのではなくて
中国の人が「やまたい国から来ました。」と日本人が言うのを聞いて、
その音に一番近い読み方の漢字を当てはめたものだと思います。

そもそも漢字が入る以前の日本は、
現在の段階では文字を持っていたとは言えない(わからない)そうで、
各地に独自の古代日本文字があったとする説はありますが
解読も困難で証拠も少なくあまり主流派の説ではないようです。

じゃあ、一旦読みは置いといて漢字のみで考えると
"大"ってのは昔からいろんな国が頭に付けているもので
“大日本帝国”もそうだし”大英帝国(本当はgreatだけど)”もそうだし、
お隣の”大韓民国”も頭に”大”が付いています。
つまり、自分の国を立派な国として呼びたいという気持ちの表れなので
深い意味は無いのかなぁ?

で、”和”は魏志倭人伝の昔から”倭寇”の昔から
中国の人は日本を指して“和”(ホントは”倭”)と呼んでいたので、
それを取って”大””倭”→”大””和”にしたのでしょう(”倭”は蔑視した感じなので)。
"倭”と"和”は読み方が似ていたのかな?

じゃあ、なんで当時の中国の人は日本を”倭”って呼んだの?
単なる「東海の小さな島に住む(野蛮な)あいつら」的な意味で
別に国の名前なんか関係なく、そう勝手に呼んでいただけ?
それとも日本の誰かが“わ”なる発音で自分の国を示した?
(たぶん前者かな?だって「俺達は“わ”から来た!」ってセンス無し無しだもん)

ってことで、(勝手ながら)漢字表記は一応納得。

で、問題の読みよ!

じゃ“だいわ”で良いジャン!(良くも無いけど^^)
どこからこの字で“やまと”になるわけ?
USAみたいに
「”や”っぱり”ま”だまだ”と”んちんかん」とかそんな事じゃないでしょう?
(それじゃあ、”大和“は関係なくなる!)
逆に“やまと”って呼称がチャンとあるのなら、
漢字もそれに沿った万葉文字でもなんでも付ければ良いじゃない?
“矢真戸“とかさぁ。”夜魔屠“とかさぁ(ヤンキーか!?)

「日出づる処の天子…」とかで中国の不興をかっても
“日本”は“日本”としたくせに、なんで“やまと”は“大和”のまんまなのかなぁ?
ちなみに“和”って字は中国語で「~と」って意味なんだよね。
だからOK?意味が「と」だから?まさかねぇ?
じゃ、“やま”がなんで“大”かって?山は大きいから?まさかねぇ?
連想ゲームか暗号解読じゃないんだから…(汗)。
一番可能性が高いと勝手に思うのは
「もう中国では“大和”で通っちゃったんだから、いいじゃん。
今更漢字変えるのも面倒臭いし。国内では“やまと”って呼んで
漢字はそのまま”大和“を使おう。そう読むって事にすれば良いじゃん♪」
と結構いい加減な理由でそうなった説(全ての日本人が私だった基準)
ダブルスタンダードって日本は意外と得意でしょ?

もう、昔の日本人が変な当て字で王朝名を書いたセイで
夕方から悩んじゃったじゃない!

こんなお馬鹿な妄想にふける私にどなたか愛の手を差し伸べてください(爆)。
「どぅいちゃん、アホな仮説を立てるモンじゃありません。実はね…」って。

comment

Secret

ゆうりさんへ

こんな質問に答えてくれるのは、新しいお仲間の夢郎さん以外には、まずゆうりさんだろうと思っていましたよ^^。
>どなたか愛の手を
どなたかと言いつつも、頭の中には”ゆうり"の三文字が光ってましたモン(爆)。

そうか、邪馬台国の"台"は当時の中国の発音では"と"に近いのですか。じゃあ当時(邪馬台国の時代)から日本人は「"やまと"から来ました。」って行っていたのかも知れませんね。

卑弥呼は「ひめ」の漢字表記だったのですね。当時の日本語はきっと現在よりメリハリの有る(?)言葉だったかも知れないし(母音とかも多かったそうだし音もチャンと50音分揃ってたらしいし)、中国側に謁見した日本人使節のオッチャンが緊張して変に気合い入れ過ぎた話かたしてたかも知れないし(爆)。

全く触れた事の無い外国語の名前ってホント聞き取り辛いですもんねぇ。中国側の記録係の文官も側で必死で中国語表記に直してたんでしょうなぁ^^。もしかしたら名前聞き取りそびれて、「やっべぇ!その女性の名前わかんねえ!でも、アイツ(日本人使節)その女性の事『姫、姫』って呼んでるから、いっそ”ひめ”って書いちゃえ!こっちは中国人。お偉いさんが後で読んでも気付かないだろう、きっと(古代中国人も私だった基準の想像)。
なんてね!(爆)

夢郎さんへ

きゃあ~!膨大な量!しかも文語調!う~む…チャンと読むのには時間が掛かる…(汗)。
と、言うわけで、ちゃんと読んでから改めてコメしますね^^。

邪馬台国の邪馬台は古代中国音で”やまと”に近くなるんじゃなかったかな?
ちなみに、卑弥呼は”ピメハ”で、”ハ”は語気を音に写してしまっただけで”ヒメ”になるらしいです。
日本を倭と表記するのについて、論文があったな~古代中国において、倭=日本となる前の過渡期も存在しているはずです。
記憶で書いてるんで、あやふやでごめんなさい<m(_ _)m>

明解な答にはなりませんが、誰もカキコしていないようなので…。
北畠 親房の「神皇正統記」に次のような記述がありました。
大日本(オホヤマト)…中略。神代には豊葦原トヨアシハラノ千五百チイホノ秋アキノ瑞穂ミヅホノ国といふ。…中略。又は大八洲オホヤシマノ国といふ。是は陽神陰神、此国を生ウミ給しが、八ヤツの島なりしによって名ナヅけられたり。又は耶麻土ヤマトといふ。…中略。中州ナカツクニたりし上に、神武天皇東征トウセイより代々の皇都クワウト也。よりて其名をとりて、余ホカの七州をもすべて耶麻土といふなるべし。…中略。唐土モロコシにも、周シウの国より出イデたりしかば、天下を周といふ。漢カンの地よりをこりたれば、海内カイダイを漢と名づけしがごとし。
耶麻土と云へることは山迹ヤマアトといふなり。昔天地アメツチわかれて泥デイのうるほひいまだかはかず、山をのみ往来ワウライとして其跡おほかりければ山迹といふ。或アルイハ古語に居住を止トといふ。山に居住せしによりて山止ヤマトなりともいへり。
大日本とも大倭とも書くことは、此国に漢字伝ツタハリて後、国の名をかくに字を大日本と定てしかも耶麻土とよませたるなり。…中略。字のまゝ日の本とはよまず。耶麻土と訓クンぜり。我国の漢字を訓ずることおほく如此カクノゴトシ。をのづから日の本モトなどいへるは文字モンジによれるなり。国の名と…中略。又古イニシヘより大日本とも若モシは大の字をくはへず、日本ともかけり。州シマの名を大日本豊秋津といふ。懿徳イトク・孝霊・孝元等の御諡オンオクリナみな大日本の字あり。垂仁天皇の御女オンムスメ大日本ヤマト姫といふ。これみな大の字あり。…中略。景行天皇の御子小碓ヲウスの皇子ミコを日本武ヤマトタケノ尊となづけ奉る。是は大を加クハヘざるなり。…中略。
其後漢土カンドより字書を伝ける時、倭と書て此国の名に用たを、即スナハチ領納リャウナフして、又此字を耶麻土と訓じて、日本の如に大を加へても又のぞきても同オナジ訓に通用しけり。漢土より倭ワと名づけける事は、昔此国の人はじめて彼土カノドにいたれりしに、「汝が国の名をばいかゞいふ。」と問けるを、「吾国ワガクニは」といふをきゝて、即倭ワと名づけたりと見ゆ。漢書カンジョに、「楽浪ラクラウの(彼土の東北に楽浪郡あり)海中に倭人ワジンあり。百余国をわかてり。」といふ。もし前漢ゼンカンの時すでに通ツウジけるか(一書イッショには、秦シンの代よりすでに通ツウズともみゆ。いたにしるせり)。後漢書ゴカンジョに、「大倭王ダイワワウは耶麻堆ヤマタイに居キョす。」と見えたり(耶麻堆はやまとなり)。これは若モシすでに此国の使人シジン本国の例により大倭と称するによりてかくしるせるか(神功皇后の新羅シラギ・百済クダラ・高麗コウライをしたがへ給しは後漢の末ざまにあたれり。すなはち漢地にも通ぜられたりと見ミエたれば、文字も定てつたはれるか。一説には秦の時より書籍ショジャクを伝ツタフともいふ)。大倭といふことは異朝にも領納して書伝ショデンにのせたれば此国にのみほめて称するにあらず(異朝に大漢ダイカン・大唐ダイタウなどいふは大オホキなりと称する心なり)。唐書タウジョニ「高宗カウソウ咸亨カンカウ年中に倭国の使ツカヒ始てあらためて日本ニホンと号す。其国東にあり。日の出所イヅルトコロに近チカキをいふ。」と載ノセたり。此事我国の古記にはたしかならず。推古天皇の御時、もろこしの随朝ズイテウより使ありて書ををくれりしに、倭皇ワクワウとかく。聖徳太子みづから筆を取て、返牒ヘンデフを書カキ給しには、「東ヒガシノ天皇敬ツツシミテ西皇帝ニシノクワウテイに白マヲす。」とありき。彼国よりは倭と書たれど、返牒には日本とも倭とものせられず。是より上代カミツヨには牒ありともみえざるなり。唐の咸亨の比コロは天智の御代にあたりたれば、実マコトには件クダリの比より日本と書てをくられけるにや。又此国をば秋津洲アキヅシマといふ。神武天皇国のかたちをめぐらしのぞみ給て、「蜻蛉アキヅの臀舌(口偏+舌)トナメの如くあるかな。」とのたまひしより、此名ありきとぞ。しかれど、神代に豊秋津根トヨアキヅネといふ名あれば、神武にはじめざるにや。此外コノホカもあまた名あり。細戈クハシホコの千足チタルノ国とも、磯輪上シワカミの秀真ホツマの国とも、玉垣タマカキの内国ウチツクニともいへり。又扶桑フサウノ国と云名もあるか。「東海の中に扶桑の木あり。日の出所イヅルトコロなり。」と見えたり。
プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。