スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天龍八部』 17回目

泣けましたぁ!
その前にやった『谷口六三商店』も泣けたけど
今回の『天龍八部』は泣けました。

黒装束の追求に追い詰められ、とうとうわかった虚竹の父!
だから、アンタじゃないのよ段正淳!なんと少林寺の高僧・玄慈方丈だったのです!
必死で彼をかばおうとする葉二娘。あまりの事態に驚きおののく少林寺と群衆。
でも一番ビックリ仰天だったのは、やっぱ息子の虚竹クンだよね。
いきなり現れたパパとママ。
でもそれがありえない組み合わせでしかもよく知った顔の中にいたなんて、
自分が、尊敬していた少林寺の高僧が淫戒を犯して出来た子供だなんて。
ただでさえ頭の巡りが遅いのに、思考が止まるよね。
で、親子二人で罰を受けます。それを必死に止めようとする葉二娘。
哀れで思わず涙が…。
130回叩きの刑をあえて内攻で防がず耐えた虚竹と、200回叩きの父・玄慈方丈。
しかし年には勝てず刑を終えた父は入寂します。
それを見た母は絶望のあまり自害。
同じく刑を終えた虚竹は一瞬にして両親を目の前で亡くします。
必死で両親を助けようと力の限り内力を振るう虚竹クン。
しかし、もうどうする事も出来ません。放心の虚竹クン。
お母さんはこれまたココで涙が…。

さて、蕭峯。
クロコとグレコはなんと蕭峯の父と慕容復の父でした!
今まで自分に着せられた濡れ衣の数々が自分の父の手によるものだと知って呆然。
でも、アンタは凄いよ、蕭峯。
「えぇ?何で?ヒドイよ、父上!何でそんなことするの?」
なんてしのごの言わず、
「父上の罪は俺の罪だ。」なんて言えないよ、普通の輩は!

それから始まる親子鷹対決!
慕容の父上の武功は大したものです。その彼と三度も引き分けた蕭の父上も侮れない。
父は互角で息子はと言うとちと不利な慕容組。
そこに来なきゃ良いのにしゃしゃり出る、あの男・鳩摩智!
ホント何処にでも首突っ込んであのいやぁなニタリ顔!あぁ、うざったい!
なんかキンチョールでも掛けたくなるのは私だけ?

で、登場!謎のお坊さん!この人誰?
って、少林寺の僧達に聞いてもわかりません。
実は少林寺の僧達も知らないんです。
なのに、何十年も少林寺の奥で、
他の僧達も気付かなかった蕭と慕容の父上達の潜伏を見続け
平然と庭を掃き清めていたなんて何者なんだろう?
原作でもこのお坊さんの正体は謎のままです。

後からやってきた段誉にいきなり掌打を浴びせる鳩摩智。
謎のお坊様の説法を聞いて皆が静かにしているのに、
空気読めよ!テカ脂のゴキブリ坊主!誰かキンチョール持ってきて!(銘柄は特に意味無し)
完全に油断していた段誉はまともに喰らって重症。
蕭峯が手当ての為に寺の外の民家に運びます。
そして少林寺を出た虚竹クンと合流。段誉を様子を見に行きます。
段誉はと言うと、気が付けば民家の寝台。
目の前にいるのは…ひっさしぶりだね!鍾霊。
「やっぱり、こんな時でも側にいるのは妹なんだよねぇ。」
と段誉が嘆いたとか嘆かなかったとか。
でも、当の鍾霊はまだ気付いてないのですよ。目の前のオキニの兄ちゃんが自分の兄だって。

で、もう一人の妹登場。こっちは、唯一側にいて欲しくない妹・阿紫。
来て早々に鍾霊に絡むは、段誉を殺すと脅すは、蕭峯と虚竹が間に合ってよかったねぇ。
阿紫の目は誰かの目と交換すれば治るなんて
虚竹クン、たとえそうでも絶対本人の前で言っちゃ駄目!
ほぉら、阿紫の中で目えぐりリストがパタパタと作成中だよ!
南無阿弥陀仏…。

ところで、両親を失った悲しみにくれる虚竹クンに
時間がたてば悲しみも癒えるなんて嘘ついて
阿朱を失った悲しみは癒えてんのかよ?蕭峯大兄!

今週の頑張る家臣団・朱丹臣&巴天石
またもや段家のお身内を見失いましたねぇ。
でも、お嬢様はトイレって言ったんだから男はむげに後を追えませんものねぇ。
これは、彼等のミスではありません!ボーナス減らすなよ!
さて、休憩時間はそろそろ終わりですよ。
君達には、次回あたりから難儀な指令が待っています。
二人揃って激務に耐えるように!
がんばれ!朱丹臣&巴天石!
スポンサーサイト

tag : 天龍八部

『天龍八部』16回目

縁根…。態度180度変わりましたねぇ(笑)。よっぽど、怖かったんでしょうね。あの二人。
あんな可愛らしい格好でも一応少林寺僧に化けたつもりなのですよ。
あんなカワイイ小僧さんがいるか!って突っ込みたくなるくらいお茶目な二人でした。
そんな二人を恐れる巨体の縁根って…。アレでも、菜園の主なんですから困ったもんだ。

さぁて、それから鳩摩智登場!
あぁ、あのネトォーッとしたいやらしい笑い。
ホント嫌な奴!生理的に拒否反応が出るくらい嫌な奴なのにジェベ師匠なんですよねぇ。
あの、精悍で男らしい、カッコいいジェベ師匠…好きだったんです。
だから、俳優さんには脱帽です。すごい!

そんでもって、とうとう小室山でみんな集合!
阿銀さんが見せてくれた段親子の再会シーンもここでしたね。
いたいた!頑張る家臣団代表・巴天石&朱丹臣!
息子を諦めて親父についてたか!お疲れ様、朱丹臣!
段正順に息子の事を聞かれてさぞや返答に窮したでしょうねぇ。
「あ、王子?アンタとおんなじ!その辺プラプラしてんじゃん!」
って言えたら、きっと胃薬の量も減るだろう…合掌。
だから、すごくムカつく鳩摩智だけど、
「女の後を追い掛け回す段誉を(段正淳は)とやかくは言えないだろう。」と言うご意見には賛成!その通り!
ほぉら、振り返ってごらん。
二人程「ウン。ウン。」って心の中でうなづいてる奴等が見えるはずだ!

そんで、蕭峯も飛び入り参加で
頂上決戦開始!
虚竹クン義兄弟の契り、蕭峯を加えて改めて結べてよかったね。
まだ、少林寺を出てないのにみんなで酒を飲んで
虚竹クンの心の中はあらかた覚悟が出来たんでしょうね。
でも、さすが蕭峯!
「降龍十八掌より星宿老怪の技の方が強いだと!?」
と吼えて、本物の降龍十八掌を披露してくれるとこなんざ、カッコいい!
だって話は前後するけど、鳩摩智なんて少林寺の絶技とか言って
全部まがい物の技なんですもの。
内攻やら何やら他の派の技を使いつつ見た目は少林寺の技っぽく見せているだけで、
方丈達も見抜けなかったのを天山童姥仕込の逍遥派の使い手虚竹クンだけは
「あれ?それ逍遥派の技が入ってるジャン」って見破ったわけですね。

あ、そうそう。段誉クン、また一人妹が増えましたねぇ(笑)。
阮星竹と段正順に保護された阿紫を見て、「えぇ?アレも妹なのかぁ…。」
もう驚きもしない段誉。いい加減うんざりするよね。
「あと、何人出てくるんだろう?っつーか、何人いるの?父上。」
って、聞く気にもならないだろうなぁ。

慕容復&遊担之vs蕭峯
2対1だと不利だと見た段誉、捨て身で慕容復に挑みます。
だって捨て身だよね。語嫣チャンに嫌われるかもしれないモン。
お陰で一人に集中できた蕭峯はさっさと遊担之を打ち負かします。
ばぁか!降龍十八掌を舐めんなよ!悔しかったら打狗棒法でも使ってみろ!
丐幇の幇主だろう!こっちは、きっちり打狗棒法も使えるぞ!
そんで、優雅に段誉vs慕容復の観戦。
すぐさま段誉の技を見切り、ナイスアドバイス!アニキの助言で俄然優位に立つ段誉。
慕容復ったら、郭靖と闘った欧陽克を髣髴とさせる、焦りぶりでしたねぇ。
とどめは語嫣ちゃんの「手加減なさって!」攻撃。自分が弱いって言われてる屈辱の一言。
これで頭に血が上った慕容復。とうとうルール無用の攻撃。
段正淳と南海鱷神が助けに入ります。
南海鱷神は良い奴だぁ。なんだかんだ言って
一生懸命師匠を守ろうとするんだもん。
なのに親父の一陽指を喰らってかわいそう。あとで謝っとけよ!親父殿。
点穴された息子に気を取られた段正淳を慕容復が攻撃。
それを見た段誉クン。雑念が消え、父を助ける事だけに集中した為
気が一気に巡り使いこなせずにいた「六脈神剣」が発動します。
だから、いきなり自力点穴解除出来たんですね。

はい。黒装束と灰装束。クロコとグレコじゃありません(古ッ!)
彼等はだぁれ?黒装束の人、顔がアップになった時、「あれ?」って思った人もいる筈。
誰でしょうねぇ?(笑)
で、虚竹のママ登場!なんと、葉二娘だったんですね!
彼女が子供さらってたのは自分の子がいなくなった悲しみと怒りからだったんだって。
四大悪人の2番手が母なんてまた一つハクがついたね、虚竹クン。

さぁ!今週のハイライト!私が一番笑っちゃったシーンです!
ママは葉二娘で、パパは誰?って皆の当然の疑問に口をつぐむママ。
父親は誰だろう?で、その場に居た江湖の全員の視線が一人に…。
視線の先は…
そりゃ、あんたを見ちゃうよねぇ、段正淳!段誉も絶対見てた筈だ。
で、当の段正淳のリアクションが最高!

「え?俺?昔手を出したんだっけ?そうだっけ?そっかぁ…俺の子かぁ。悪い事したなぁ…」

って、納得すんなよ!(爆)なんだよ!心当たりでもあんのかよ!
ってか、なにか?父親不明の子供は全部アンタの子か?
アンタの子よって言われりゃ、全部そうやって信じるの?
もう、手広くやり過ぎるから、後々訳がわからなくなるんです!

今週の朱丹臣
のんびりラブバカンスの親父殿についてちょっとブレイクタイムなあなた。
巴天石と二人、ゆっくり養生してください。
このあとまた、王子の事で二人がかりで頑張る羽目になるけど
負けないでねぇ!
ガンバレ朱丹臣&巴天石!

tag : 天龍八部

『天龍八部』 15回目

あぁ~…。
今週も捕獲出来なかったのね、朱丹臣。
霊鷲宮ですよぉ。王子はそこで、ドキドキ・オロオロ・ニコニコ・ガックリでベロベロになってまぁす!

虚竹クンは『ウルトラマンティが』の隊長に似た余婆に連れられてとうとう霊鷲宮にやってきました。
烏老大達が乗り込んで騒いでいるのをなんとか鎮めた虚竹クン。
しかも最後は霊鷲宮の新しい主として皆に迎えられました。
命を懸けて乗り込んででも取り除きたかった生死符をさっさと解いてくれたから、
みんな信服したんだよねぇ。先代とのギャップが、より虚竹クンを輝かせたのだわ。
でもね。童姥様が言ってたでしょ。「お前は弱いから虐げられるのだ。強くならねば。」
そして、あんな手こんな手禁じ手(?)まで使って、なんとか虚竹クンを強くしようと頑張ってくれたんだものね。
だからこそ、あの騒ぎを無事収拾することが出来たのでした。童姥様に感謝だよ!虚竹クン。

さて、そんな中懐のプロマイド…いや、巻物の絵をみんなに見られた虚竹クン。
語嫣ちゃん、慕容復の反応気にして大変だったねぇ。
「私、関係ないのよお従兄様。な、なんであんな絵を持ってるのかしら?私知らないっ!」
片や、段誉クン
「ウッソー!?君もなの?趣味が良いと言うか、慕容殿に嫌われ仲間が出来て嬉しいというか…」
なんて、複雑な気持ち。
結局やっぱり怒っちゃった慕容復が帰っちゃったから、置いてきぼりを喰らった段誉クン。
置いてきぼりを喰らう人の気持ちがわかったか!(っ手か、根本的に全然わかってないし…懲りねぇし…)
そんで、ハートブレークブラザーズはしこたま飲んで憂さを晴らしましたと…。
でも、確かここでみんなの話に惑わされて一瞬だけ
夢姑=語嫣チャン説が頭をよぎる虚竹クンがいたような気がしたんだが、
そんな事はあのヘベレケブラザーズの醜態に紛れて消えてたなぁ。(あれ?私がぼけてんのか?)

しかし、あの二人はほのぼの系だよねぇ。
一方は堂々たる雲南大理の王子、もう一方は霊鷲宮の新しき主。
それが好きな女の子と会えないからってグビグビ、ダベダベ、ヘラヘラしてるの(笑)。
虚竹クンも生まれて初めてのお酒なのに義弟につきあってよく頑張ったねぇ。

そんで竹剣と梅剣。原作ではあと二人、蘭剣と菊剣がいます。四つ子です。
四つ子のキャラはCGでもしないと無理なようでドラマでは双子になってます。
見た目の年齢が大して変わらないか自分達より年下に見える天山童姥に仕えてきた侍女です。
協力してお風呂に入れてあげたのね。こんな所もあんな所も洗ってあげたのね。
そりゃ、ビビルよね虚竹クン。これは戒律的にはどうなんでしょうかねぇ?(笑)

それにしても…にあわねぇ!
なんだよ、その格好!プププ!馬子にも衣装っていうけどそれはどうなの!?
やっぱ髪型かなぁ?その髪型がいかんのだ。半年近く伸ばしてるのならもう少し何とかならんのか?

そして…
企んでますよ、丐幇。いや、全冠清。
アンタ、遊担之を幇主にって、それでよいのか丐幇!打狗棒法はどうした?
誰が出来んの?誰が伝授してあげられるの?
打狗棒持ってりゃ良いってモンじゃないでしょ!しかも少林寺に挑戦状?ざけんじゃネェヨ!
馬夫人も死んだってのに、何をとりつかれているんだ、全冠清は?

も一つ企んでるのは慕容のお従兄様。
西夏国のお姫様がお婿さん大募集!って情報をゲットして「フッ。」って何考えてんの?
語嫣ちゃんかわいそう。顔も性格もあんなに可愛いのにポイってか。
これだけ散々連れまわしといて、「婿募集ってチラシ見たから行ってくる。」
って、それはないでしょう。さすがの「さにあらず親父」も怒ってるじゃん。

最後は久々登場の蕭峯。
阿紫が丐幇にいて、丐幇の新幇主が全冠清肝いりの訳のわからん奴で
その丐幇が少林寺に挑む話を聞いて、元幇主としてはたまらなく心配でしょうね。
「なぁにやってんだ?丐幇!長老達は何してる?それより阿紫はなんでそこにいる?」
?マークがいっぱいでしょうね。

今週の朱丹臣…
王子は飲むだけ飲んで、大理に帰るって霊鷲宮を出ましたよぉ!
来週には中原に戻ってきたところを捕獲できますよぉ!
やっぱり語嫣ちゃんの金魚の糞ですよぉ!
コッワイ語嫣ちゃんママのトコロに一緒に付いてくつもりですよぉ!
あそこに行くといろいろややこしくなりますよぉ!
1話でも早く捕獲出来るのをお祈り申し上げます。

tag : 天龍八部

『天龍八部』 14回目

とうとう、来ちゃった、氷室の中。
李秋水は西夏国の皇族だったんだ。
それにしても、怪人20面相(古っ!)並の傷隠し。
みんな特殊メイクが得意なのねぇ。

そして、天山童姥と虚竹クンの意地張り合戦。
虚竹クンもあぁ見えて結構頑固だから天山童姥も苦戦してましたね。
でも、肉喰うのはあんなに抵抗してたのに、淫戒はあっさりクリアかい!?
てめぇ、しかも淫戒を犯したから後は野となれ山となれで肉がOKなんかい!?
虚竹クン?なんか順番間違っちゃいませんか?
え?男ならわかる?しかも、若けりゃなおさらだ?
ウ~ム…。そんなもんなのか…?

あの夢姑は、天山童姥が外で鳥や動物を取ってくるノリで外で取ってきた女性です。
御丁寧に身ぐるみ剥いで連れて来るなんて、
魚の骨を全部取ってあげてから子供に出す母の様に、なんて優しい(笑)。
その優しさが功を奏して虚竹クンたら夢郎に変身しちゃったのよねぇ。
その娘のパパが東邪じゃなくて良かったねぇ(笑)。
娘がそんな破廉恥な事してんの知ったら間違いなく即死だよ、虚竹クン。

でもさ、髪の毛があんなに伸びてんのに
なんでお髭は伸びてないの?2ヶ月伸ばしっぱなしだったら
かなりな無精髭になってる筈だが…?お髭だけは剃っていたのかな?

それでも、気持ちはピュアな虚竹クン。
生死符を取り除くためとか言ってうまぁく騙されてしまったわねぇ。
天山童姥は96歳。老獪な策の前には虚竹クンなんてかわいいお子チャマなんでしょうねぇ。
そういや、金庸の主人公って、最強の技を騙されて知らずに習得ってパターンが多いよね。
郭靖の「九陰真経」や、令狐冲の「易筋経」も自分はそれとは知らずに習得しちゃったんだったよね。
あ、「易筋経」をそれとは知らずに習得しちゃった鉄火面小僧いたけど、
アイツは騙されて習得したわけじゃないから…。そこが主人公と扱いが違うトコかな?

そして意地っ張りな二人で合計184歳の女の闘い。
死んだ振りするは、罵り合うは大人気ないなぁ。
ってか、大人の域を超えてんじゃん。184歳だよ?
挙句の果てに…

そんで………(ため息)…

あのさぁ、「呪い親父」の人類皆姉妹級のジゴロ振りから始まり、
兄・妹の禁断の愛で加速をつけて、いけない熟女の未亡人プレイでインターバルを取った後、
超過激なSMプレイで度肝を抜いた、その後で…今度はロリコンかよ!?
11歳だぁ?そりゃ、予想外な展開だわよ。見ているこっちも予想外だモン!無崖子さん、頼むよぉ。
しかも、自分で彫った11歳の少女がモデルの彫像に話しかけては恍惚としてたんだって?
倒錯してるよ、オッサン!あ、でも、その彫像見て恍惚としてた奴が、もう一人いた…。
呪いの親父の息子…。やっぱ呪われてるのか君も…。

李秋水さんが生前言ってたよね。
娘(アレ?妹だっけ?いかん!ロリコンのショックで記憶がぶっ飛んでる!)は王家に嫁いだって。
って事は娘が子供を産んだらその子の姓は「王」。ほうら、繋がってきましたね。

最後に登場は天山童姥に仕えるお姐さま方。
あんな御気性の激しい婆様に長年仕えてたなんてご苦労様です!
今度の掌門は先代に比べて、それはそれは穏やかな御方なので私としても嬉しいです。
まだ、掌門として右も左もわからない虚竹クンを盛り立てて頑張ってね!

そして…
今回てんで出てこなかった超激務の家臣・朱丹臣。
今頃2週続きで、まだ探しているのかと思うと、姐さんかわいそうで…。
ガンバレ朱丹臣!負けるな朱丹臣!
次回はあのトンズラ王子を捕獲できるように祈ってます!

tag : 天龍八部

中国本土版・金庸ドラマの見方

やっぱり、そうだったのか…。
武侠ドラマを私達に提供してくれているNECO関係のブログで解説してくれていたのだが、
射英雄伝』以下、特にNECOで放映されている中国本土版の金庸ドラマは、
「視聴者が、原作の小説を既に読んでいることを前提に」作られているそうなのです。
そんな気がしてた。
はじめは気付かなかったんだけど、ドラマ『射英雄伝』を見た後で
小説『射英雄伝』を読んでみると、心情描写や、誰かの言動や出来事の理由とか背景が
細かく書かれていたりして「なるほど、だからあそこはこうだったんだ。」って事が多かった。
それをふまえた上でもう1度ドラマ版を見ると、イマイチ腑に落ちなかった展開の意味がよくわかりました。

思えばこれは中国が作った中国人向けのドラマ。
中国の人達は金庸小説を知ってて当たり前なんだもんね。
若い人達が見て「?」と思ったって、そこにいるパパやママ、じいちゃん、ばあちゃんが即座に答えてくれるだろうし。
そんな細かな説明は「みんなわかってるでしょ。」という事で
ドラマではその部分をはしょって話が進んでいくのです。

奥深い金庸小説の真の面白さを味わいたければ
やはり基本に忠実に小説を読む事が大事なんだと改めて感じました。
先でも後でもいいです。闘うシーンなど、初心者は逆にドラマを先に見てからの方が
頭の中で映像化しやすいかもしれないし。
原作に忠実に、って事なのでキャラの造詣も違和感無く入っていけると思います。

どうしても、「本を読むのは苦手ぇ!」っていう人は
近場の(数は少ないかもしれませんが)金庸小説を読んだ人に聞いて見ましょう。
そうすると、成程!って事になり、ますます楽しめますよ!

tag : 金庸 射英雄伝

プロフィール

どぅいちゃん

Author:どぅいちゃん
『射雕英雄伝』を見て武侠の世界に嵌りました。
パパこと東邪・黄薬師に心を奪われ、それ以来武侠の「イカレオジ専」担当です。
リアルな武侠仲間がいないのを憂いて、ゲリラ的に武侠布教活動を行っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSS登録用
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
ペタッ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。